とは一覧

降水確率50%とは何か?間違って理解している人が意外と多い!? 

明日の天気って気になりますよね。 雨だと洗濯物も乾かないし、外回りの営業をされてるサラリーマンだと 雨で靴や靴下がビチョビチョになったりと、困ることばかりですね。 折り畳み傘を常にカバンに入れてる人なら心配いりませんが、 朝、家を出るときに傘を持って行くか・行かないかでも迷いますよね。 持って行って雨が降ればラッキー、 雨が降らなければ余分な荷物になって邪魔… ってなったりもしますよね。 そこで気になるのが降水確率ではないでしょうか? でも降水確率ってそもそも何なのでしょう? 降水確率が50%だったら、雨が降るか降らないか、 確率は五分五分ってことでしょうか? そう思われてる方も多いんですが、 実はそれって間違いなんです。 では降水確率が50%というのはどういうことか、見ていきましょう。

降水確率60パーセントの雨ってどれくらい?曇り時々雨の本当の意味

みなさまは、朝の天気予報で「今日の降水確率は0パーセントです」と確認しても雨にあたってしまったり、逆に「今日の降水確率は100パーセントです」という場合にも結局傘が必要なかったりした経験、ありませんか? そもそも降水確率ってどの程度あたるものなの?その信ぴょう性は?と思ったことがある方、けっこういらっしゃるのではないでしょうか。 とくにこれからの梅雨の時期は特に雨が降るか降らないか、今日は傘を持っていくべきか否か気になるところですよね。 今回は、何気なく耳にしていたけれど意外と詳しく知らない降水確率のおはなし。 これを知っておけば突然の悪天候にも対処できるかも? なにやら小難しい専門用語などは抜きにして、なるべく分かりやすく簡単にまとめてみましたよ。