スポンサードリンク

赤ちゃんと旅行はいつからがいいの!?赤ちゃんへのベストな対策!!

赤ちゃんのいる生活にも少しずつ慣れてきてお出かけもできるようになってくると、

今度は「そろそろ旅行にも行きたいなぁ」なんて思いませんか?

「でも赤ちゃんっていつから旅行に連れて行っていいの??」

「家じゃないところで赤ちゃんと数日過ごすなんて本当に大丈夫かな…」

初めてのことですから色々と不安は尽きないですよね。

今回は赤ちゃん連れでの旅行について、

少しでもママさんパパさんたちの不安を取り除けるようその対策をご紹介します。

スポンサードリンク

赤ちゃんといつから旅行に行ってもいいの!?

結論から言うと、1ヶ月を過ぎていればもういつでもいいです!

実際産後1ヶ月で旅行に行く人はほとんどいないでしょうから

この言い方はかなり極端ですが・・・。

生後1ヶ月の新生児期は、母体の回復のためにも、

赤ちゃんがお腹の外の世界にゆっくり慣れるためにも

外出は控えるべきとされていますよね。

しかしそれ以降であるなら特に

「◯ヶ月からはよし」という明確な基準はありません。

・育児に慣れてきて少し気持ちに余裕ができてきた

・準備や下調べをしっかりできる

・極端に寒かったり暑かったりしない時期と場所

基本的に上記のことがクリアできるなら大丈夫です。

「いつから」というより親がいかに旅慣れているかや、

行き先のことをわかっているかの方が重要です。

私の知り合いには生後半年ほどの子と海外に行った人もいます。

その人は出産前から頻繁に海外に行っていてとても慣れており、

子供が増えたからといって特に困った様子はありませんでした。

むしろ

「飛行機代もかからないしあちこち歩き回ったりしない今のうちに行っとかないと!」

ということです。

よく

「そんな小さいうちから行っても忘れちゃうのに連れ回すのは大人のエゴだ」

などという声を聞きますが、絶対にそんなことはないです。

小さい赤ちゃんでも見慣れない景色などには興味を示し楽しそうにしますし、

普段と違う体験は刺激になります。

親子ともに楽しんだ時間は、覚えていないからと言って決して無駄なわけはありません。

成長するにつれ忘れてしまうことが意味のないことだとしたら、

3歳くらいまでの経験はすべて意味がないということになってしまいますからね。

スポンサードリンク

赤ちゃんを連れるなら移動手段にも気を配って!!

さて、実際旅行に行く際に不安が大きいのは行ってからより

行くまでだという人が多いでしょう。

どの移動手段を使うべきか悩みますよね。

他人に迷惑をかけないという点ではもっとも優れている手段だと言えます。

が、身動きが取りにくく、渋滞のリスクもあるので頻繁に授乳が必要な時期には不向きです。

荷物がたくさんあっても楽に運べ、ドアトゥードアで行けるので

授乳間隔がある程度落ち着いた頃に近中距離であれば最有力候補でしょう。

途中休憩出来るサービスエリアなどは事前に確認しておきましょう。

新幹線

車では時間がかかりすぎて難しい距離の場合、新幹線を使う人が多いでしょう。

多目的室を利用して授乳をすることはできますが、

空いているとも限らないので授乳ケープを使って座席で授乳することを

想定しておきましょう。

座席はデッキや多目的室に近いところ、

移動しやすい通路側を取ることをオススメします。

鉄道会社によってはファミリー車両や個室を利用できるとのことなのでしっかりチェックを!

飛行機

機内が静かなので他に比べて周囲への配慮は必要になりますが、

優先的に搭乗させてくれたり、毛布を貸し出してもらえたりと手厚いサービスが魅力です。

航空会社によっては事前予約でベビーバシネットというベビーベットが借りられたり、

離乳食やアレルギー食に対応してくれることもあります。

その他にも子連れ向けのサービスを行なっていることがありますから、

事前に航空会社のホームページを見るなどしてチェックをしましょう。

離陸時にはミルクを飲ませるなどして耳抜きをしましょう。

グズった際の逃げ場が少ないのでよく泣く子だと大変かもしれません。

スポンサードリンク

赤ちゃんに必要なものは現地ではなく事前に準備!!

何度も行っていてよく知っている場所ならいいですが、

そうでないところでは必要なものが買えるお店が現地にあるかどうかわかりませんよね。

オムツやミルク、おしりふき、着替えは多めに持って行きましょう。

もし移動手段が車なら荷物は少し多すぎるくらい持って行ってもいいですよね。

私は一泊二日の旅行でオムツを1パック持って行ったこともあります。

新幹線など車以外での移動であれば宅配で荷物を送ってしまうのもいいですよ。

しかし中には「赤ちゃんプラン」を用意しており、おもちゃはもちろん、

オムツやミルク、離乳食の用意がある宿も。

お風呂もベビーバスを借りられたり、

貸切風呂が使えたりするところもあるのでやはり事前に調べておきましょう。

スポンサードリンク

まとめ

赤ちゃんと旅行というととてもハードルの高いことのように思えるかもしれませんが、

最近は子連れに優しいサービスも多く、

行ってみれば考えるより案外簡単なことも多いです。

ただなんにせよ事前の下調べと準備が重要ですので、

宿選びも移動手段もしっかりチェックをして入念な計画を立てましょう。

家族で楽しんでリフレッシュし、ステキな思い出を作ってください。

スポンサードリンク