新生児一覧

新生児のしゃっくりの原因ってなに?効果的な止め方まで徹底解説

生まれたばかりの赤ちゃんは、何かと心配なものですね。突然火がついたように泣けば、どこか痛いのじゃないか、具合が悪いのじゃないかと若いパパやママは気がかりで仕方がないものです。ミルクを吐くのもこの頃の赤ちゃんには多いですね。新生児がしゃっくりをしている姿もよく見かけます。たまにならばそんなに心配はないでしょうが、あまりにも頻繁にしゃっくりをしていると、どうしたのだろうと不安になりますね。大人ならば、水を飲むとか、驚かせるとかいろいろ止める方法も考えられますが、新生児の場合はどうなのでしょう。効果的な止め方はあるのでしょうか?また、新生児のしゃっくりはなぜ起こるのでしょうか?そんな新生児のしゃっくりのメカニズムについて解説したいと思います。

新生児の便秘解消法は砂糖水?ママの知らない常識がここに!

新生児はウンチをする回数も多いものですね。ママはそれが当たり前のように毎日オムツを替えていきます。でも、ウンチが出ない日があったらどうでしょう?そんな日が2日も3日も続いたら、「便秘になってしまったのかしら?」と心配になりますね。生まれたばかりの赤ちゃんにお薬をあげるわけにもいかないでしょうし、もし、便秘だったらどうしようとママの悩みは深刻です。放っておいてお腹がパンパンになってもいけません。すぐ病院へ駆け込むというのもなんだか大袈裟ですよね?そんな時、同じように育児をしているママたちはどんなふうに対処しているのでしょうか?そして、赤ちゃんを立派に育て上げた先輩ママたちはどうやってこの問題を切り抜けたのでしょうか?そこには、若いママの知らない常識があったのです。新生児の便秘の対処法について考えてみましょう。

新生児はお風呂が毎日必要か?シャワーだけで済ませていいときも!

赤ちゃんがお風呂に入ったときの気持ちよさそうなお顔の可愛さたるや! なんだかこちらまで幸せな気分になってしまいますよね。 ですがこの毎日のお風呂ってけっこう体力を使うし大変ですよね。何かいい乗り切り方のコツがないものか? 結論から言うと基本的には新生児期の入浴は毎日必要です。 何故なら赤ちゃんは新陳代謝が活発で、大人が思っている以上に汗をかき皮膚の再生サイクルが目まぐるしいのです。 お肌も弱く、少しの汚れでかぶれたり湿疹の原因になったりするので、やはり入浴は毎日してあげるのがおススメ。 ただしここでいう「入浴」とは沐浴などのいわゆるお風呂だけでなくシャワーも含まれるのですよ。 むしろ場合によってはシャワーで済ませた方がいいときもあります。 今回は、どのような場合だとシャワーで済ませて大丈夫なのか、そして逆にどのような場合にシャワーが適しているのかとその方法をお伝えいたします。

新生児の抱っこ紐はいつから必要?困ったママ必見の情報がここに!

赤ちゃんが生まれたら(もしくは生まれる前に)準備しておくべきアイテムは? 新米ママたちは、先輩ママやインターネット、育児本などで育児に必要なアイテムを調べたり聞いたりして揃えていることでしょう。 初めての赤ちゃんへの贈り物を選ぶような気持でするお買い物。なんだかワクワクしてとっても楽しいですよね。 ですが楽しい半面お店やネットショップには同じアイテム一つとっても種類がたくさんありすぎて何を選んでいいのか困惑しているママも多いのではないでしょうか? なにせ初めての事だから使い勝手なんて実際に使ってみないと分からないし、先輩ママが「使いやすい」と感じていても自分には合わないなんてことも度々。 そもそも聞いてはみたけど果たして本当に必要なのかどうかさえ分からないものです。 かなり個人的な見解ですがわたしは一人目で使用したベビーグッズのほとんどを二人目の時は「無いなら無いなりに全然どうにかなるなぁ」と思った口です。 しかし「もしこれが無かったら大変だった」というグッズももちろんあります。中でも今回のタイトルにもある抱っこ紐は必需品でした。 そんな抱っこ紐のおススメポイントをご紹介いたします。

新生児が外出するのはいつから?二人目の対策法も紹介!

お産を終えたばかりのママたち。命をかけての大仕事、ほんとうにお疲れ様です! あんなに大変なお産を乗り越えてなお、2~3時間おきの授乳(もしかしたらそれ以上?)に夜泣き、掃除に洗濯ご飯支度。休む暇などありませんよね。 産後だからお腹だってまだ痛い!眠い!本当に母は強し。ママには頭が上がりません。 こんなに頑張っているのだから、そろそろ気晴らしにお出かけだってしたいですよね。 でも大丈夫。もう少しの辛抱です。 今後ママと赤ちゃんが心身ともに健康に楽しく過ごせるよう、新生児と産後のママの外出についてお伝えいたします。