湿度一覧

雨の日も窓を開けるべき?湿度が心配ならエアコンの除湿を活用? 

雨の日は外も家の中もジメ~っとして、 イヤな気分になりますよね。 せめて換気だけでも…と思って窓を開けても、 外は湿度100%の湿った空気… これって意味あるの?って気になりませんか? そして湿度が高いとカビの発生なども気になりますよね。 エアコンの除湿機能を使うと、確実に湿度は下がるのでしょうが、 そうすると次は電気代が気になってしまいますよね。 やっぱり雨の日でも換気はしたい! でも湿度が上がるのもイヤ! そんなことをお考えの主婦の皆さん、 雨の日の換気について調べてみたので、 一緒に見てみましょう。

部屋の湿度を適正にするには?健康な生活のためにできることはなんだ?

季節により高くなったり低くなったりする湿度。 高すぎてもだめだし、低すぎてもだめだし湿度 の調整って意外と難しいんですよね。 湿度って意外と身体の調子にも影響が出たり するので、特に部屋の湿度は気をつけたいもの です。私は自身普段から湿度は気をつけるように していて、出産後は特に体質の変化もあってより 気をつけるようにしています。 というのも、生まれつきアトピーを持っているん ですが、産後のホルモンバランスの変化からか アトピーが悪化してしまったんですね。アトピー って湿度が高いと汗をかいて痒くなるし、湿度が 低いと乾燥で肌が痒くなるしですごく厄介なんです。 なので、高いときは除湿を心掛けて低いときは 加湿を心掛けるようにしています。 気をつけるようにはしているのですが、なかなか 湿度をコントロールするのって難しくて、これが かえってストレスになったりするんですよね。 湿度と言えど身体の不調にも繋がったりするので、 部屋の湿度コントロールはすごく大切になって きます。今回はそんな湿度と健康についてまとめて みました。特に部屋にいることが多い人など、 健康に気をつけたい日々を過ごしたいという人は 必見ですよ!

湿度の適正な数値って何?夏を快適に乗り切る最も効果的な方法はコレだ!

梅雨が明けるといよいよ夏本番ですよね。 最近は5月頃から気温がすでに高いので、夏を 迎える頃にはもうバテバテという人もいるのでは ないでしょうか。30度超えなんて当たり前な 感じなので、気温を見ただけでため息が出ちゃい そうになりますよね。日本の夏は、カラッと晴れて 暑いハワイなどと違って、湿気があるのでジメジメ とした暑さで嫌になっちゃいます。 私はどちらかというと寒い冬よりかは暑い夏の方が すきです。寒いのが苦手というのもありますが、 薄着でいられるし晴れてる日も多い夏の方がいいな と感じることが多いです。 ただ、最近の暑さにはさすがにバテてしまい春や 秋の季節のがまだいいなと感じることが多いです。 30度を超すと何着てても暑いって感じますよね。 冬なら着込めばいいですが、脱ぐのは限界があるし 困っちゃいますよね。あとは、夜寝るときも暑さで しんどいです。タイマーをセットして寝るように していますが、タイマーが切れた途端に暑さで 起きることがしばしばです。湿気のある暑さって こんなにも厄介なのかと最近感じます。