スポンサードリンク

雨の日も窓を開けるべき?湿度が心配ならエアコンの除湿を活用? 

雨の日は外も家の中もジメ~っとして、

イヤな気分になりますよね。

せめて換気だけでも…と思って窓を開けても、

外は湿度100%の湿った空気…

これって意味あるの?って気になりませんか?

そして湿度が高いとカビの発生なども気になりますよね。

エアコンの除湿機能を使うと、確実に湿度は下がるのでしょうが、

そうすると次は電気代が気になってしまいますよね。

やっぱり雨の日でも換気はしたい!

でも湿度が上がるのもイヤ!

そんなことをお考えの主婦の皆さん、

雨の日の換気について調べてみたので、

一緒に見てみましょう。

スポンサードリンク

雨の日も窓を開けて換気!湿度が上がることはないので安心 

結論から言いますと、

雨の日に窓を開けても、湿度は上がりません。

なぜならたとえ窓を閉めていたとしても、

外の湿気は家の外壁や屋根などの建材から入ってくるからです。

それに家の中でも、キッチンやお風呂などの水回りから、

湿気は発生してきます。

ですので雨の日に窓を閉め切ってるからといって、

湿気が入ってこないというわけではないのです。

実際に朝からシトシトと雨が降っている日に、

湿度計を見てみると、

窓を開ける前は65%だった湿度が、

10分ほど窓を開けて換気をするだけで、

63%に減っていました。

雨の日に窓を開けても、

湿度は上がるどころかちゃんと下がるのですね。

ただ窓を開ける、と言っても、

窓を1つだけ開けるのでは意味がありません。

2つ以上窓を開けて、空気の通り道を作ってあげることが大事です。

窓が1つしかない家の場合は、

換気扇を回してもいいでしょう。

そして雨が室内に入ってくるほど強い雨の日は、

湿度対策のために窓を開けても、

入ってきた雨から湿気が出て、

逆効果になってしまうため、

窓は締め切ったままにしておきましょう。

スポンサードリンク

雨の日でも掃除機をかけるときはしっかり窓を開けよう! 

雨の日に掃除機をかけるときはどうでしょうか。

一番はカラっと晴れた日に、

しっかり換気しながらお掃除をするのが一番いいのですが、

それだと何日間も雨が続くと、

いつまでたっても掃除ができませんよね。

先程もお伝えしたとおり、

雨の日に窓を開けても湿度は上がりませんので、

掃除機をかけるときに窓を開けても大丈夫です。

むしろ掃除機をかけるときは、

必ず窓を開けて換気をしてください。

このときも2つ以上の窓を開けるか、

窓を開けつつ換気扇を回して、

空気の通り道を作ってあげるといいでしょう。

掃除機をかけるとどうしても埃が舞いますし、

掃除機の排気口からは、

カビや雑菌などの、汚い空気が排出されています。

なので窓を閉め切ったまま掃除機をかけると、

カビや雑菌などが含まれた、

汚い空気が室内に篭ってしまうことになります。

ですので掃除機をかけてる間と、

かけ終わったあとの5分間くらいは、

窓を開けて換気をするようにしましょう。

窓を開けていると、雨が室内に入ってしまうほど、

強い雨が降ってる日は、

窓を開けられませんよね。

でもそんな日でも掃除機をかけたいときは、

空気清浄機があれば、それをフル活用しましょう。

空気清浄機を使う場合は、

掃除機をかける部屋を閉め切って、

隣の部屋に埃がいかないようにしましょう。

雨の日は洗濯物も乾かないし、

なんだか気分もどんよりして、

とても掃除機をかけよう!

という気分にはならない方もいるでしょう。

私もそのうちの1人です。

ですが雨の日というのは、実は掃除日和でもあるのです。

なぜなら湿度が高いと、

室内の埃も湿気を吸って重くなるので、

埃が舞うことを防ぐことができるからです。

しかし限度はあるので、

やはり換気は大切です。

スポンサードリンク

雨の日は換気扇をフル活用でカビ対策! 

最初に少しお伝えしましたが、

湿気対策、カビ対策には換気扇を回すのも効果的です。

そもそもカビの発生条件ってご存知ですか?

カビは高い湿度と、豊富な栄養がある、

空気が篭った暖かい場所に発生します。

この中で気温を0にするのは無理ですよね。

豊富な栄養、というのも、

カビは埃やプラスチックまでエサにするので、

これも0にするのは不可能です。

ですが空気が篭る=空気が流れが悪い、

というのは窓を開けて、換気扇を回せば解消します。

空気の通り道を作ってあげると、

湿度も下がりますので、

カビ対策にもなるのです。

エアコンの除湿機能などとは違って、

換気扇をつけっぱなしにすることで発生する電気代は、

新しい換気扇で月数十円、

そうではないものでも月数百円と、

本当に微々たるものです。

それでカビ対策ができるのであれば、

安いものだと思いませんか?

それにエアコンの除湿機能や、

除湿機などを使って、

ただ除湿をするだけでなく、

空気の通り道を作ることもポイントです。

ですのでカビ対策には窓を開けて、

換気扇をフル活用するのが効果的なのです。

スポンサードリンク

まとめ 

いかがでしたか。

実は以前、我が家でも雨の日に窓を開けるべきかどうかを、

夫と討論したことがあるのです。

私はとにかく室内に空気がこもるのがイヤなので、

窓を開けたい派、

夫は湿った空気が室内に入ってくるのがイヤだからと、

窓は閉め切りたい派でした。

しかし今回いろいろ調べたことによって、

雨の日でも窓は開けたほうがいい、

ということがわかりましたね。

これからはよっぽど強い雨が降ってるとき以外は、

外からの湿気を気にせず窓を開けたり、

キッチンの換気扇を回して、

換気をするように心がけましょう!