パスポート一覧

パスポートの住所変更に隠された驚愕の事実!なんと手続きは不要

引っ越しをするときに必ず必要になるのが、住所変更の手続き。 この手続きが本当に厄介者で… ただでさえ、家事で忙しい主婦にとっては1番面倒な作業ですよね。 だって、ひとつの手続きだけで済まないんですもん! 役所での住所変更の手続きや免許の変更、銀行まで… どこも平日しかやってないのが本当にネックになるほどです。 私は結婚と同時に引っ越しをしたので、手続き回りに1日かかりました。 待ち時間も含めて疲労困憊…もう引っ越しはいいやって思いましたね。 その時にちょうど気になったのがパスポート。 幸いもう期限が切れていたので変更手続きはせず済みました。 が、パスポートはどう手続きするのか気になってしょうがない… この先パスポートをGETして、引っ越しをする羽目になったら手続きが必要… その時のためにどうしたらいいのかを今回調べてきました!

パスポート写真!髪型やサイズなど男女ともに注意が必要!?

初めてのパスポート作りドキドキですね。 何事もはじめてはドキドキものです。 海外旅行に行くならば、必ず必要なのが パスポート。 海外旅行に行かないぞ!となるとパスポート なんて必要ないものですが、行きたいとなると 絶対に必要なものです。 これがないことには、飛行機すら乗れないです。 私自身パスポートは持ってたんですが、もう 期限が切れちゃってます。 旦那が海外に行ったことがないので、子ども がもう少し大きくなったら海外にも行って みたいなぁとは思ってます。 新しいパスポート作りたいなぁと今から少し ドキドキしちゃってます。 ドキドキのパスポートですが、意外とパスポート の申請って難しかったりするんですよね。 申請してすぐもらえるわけではないので、 海外旅行へ行くなら早めに作った方がいいです。 当然、身分がわかるものになるので写真も必要。 ただ、パスポートの写真も決まりがあるんです。 そこで今回はパスポート申請に大切なことを まとめてみました。 これを読めば失敗なし!参考にしてください!

パスポートの写真メガネが反射しない綺麗に撮る方法を伝授!

パスポートは国際的な身分証明書です。出国した時に必ず携行していなければならない、命の次に大切なものですね。そのために、パスポートに使用する写真も、顔がはっきりしていなければいけません。髪で半分顔が隠れていたり、サングラス着用の写真などは、申請不可となります。 それと同様に、普通のメガネでもレンズが曇っていたり、光が反射していると申請不可となりかねません。 それにメガネが反射していると、見た目も良くありません。パスポートは一度作ると、5年あるいは10年使うものです。長い間使うものなので、証明写真は綺麗に撮りたいものですね。 そんなあなたに証明写真を綺麗に撮る方法をお教えしましょう。

パスポートの名前変更!結婚の場合は?新婚旅行に間に合うの?

結婚や入籍をすると色々な手続きが必要です。 中でも、結婚式の後にお休みを使って、 ハネムーンに行く!という場合、 パスポートの手続きはどうしたらいいのか?と悩みますよね。 結論からお伝えすると、 パスポートの準備や変更の手続きは早めがオススメです! では早速、パスポートの手続きを詳しく見ていきましょう!