スポンサードリンク

パスポートの写真メガネが反射しない綺麗に撮る方法を伝授!

パスポートは国際的な身分証明書です。

出国した時に必ず携行していなければならない、命の次に大切なものですね。

そのために、パスポートに使用する写真も、顔がはっきりしていなければいけません。

髪で半分顔が隠れていたり、サングラス着用の写真などは、申請不可となります。

それと同様に、普通のメガネでもレンズが曇っていたり、

光が反射していると申請不可となりかねません。

それにメガネが反射していると、見た目も良くありません。

パスポートは一度作ると、5年あるいは10年使うものです。

長い間使うものなので、証明写真は綺麗に撮りたいものですね。

そんなあなたに証明写真を綺麗に撮る方法をお教えしましょう。

スポンサードリンク

パスポートの写真はどこで撮るのがベスト?

結論からいうと、

パスポート用の証明写真は写真屋さんで撮ってもらうのをおすすめします。

パスポートは、前述したように5年、または10年は使うものです。

長い期間使うものですし、自分を証明する大切な身分証明書です。

それを考えると、証明写真を看板に掲げているフォトスタジオで撮る方が無難です。

プロのカメラマンですと、撮る前に服装の乱れや髪の乱れをチェックしてくれます。

メガネに光りが入ってしまうということはまずありません。

万が一写真に不備があってパスポートの申請ができなかった場合でも、

無料で撮り直してくれます。

街角の証明写真機は簡単にスピーディに撮れますが、

なかなか気に入ったように撮れません。

スイッチを押すまでは何度でもやり直せますが、

結局綺麗な写真にはならないのではないでしょうか。

失敗して撮り直すぐらいなら最初から

フォトスタジオで撮った方が安くなるかもしれません。

スポンサードリンク

知らなきゃ損をするメガネが反射しない写真の撮り方

通常メガネを愛用している方は、証明写真を撮る時にもメガネ着用で撮りたいですよね。

メガネをかけていないと自分の顔ではないような感じさえしてしまいまいます。

しかし、メガネをかけていると困ったことがあるのです。

メガネが反射してしまうということです。

パスポートはメガネが反射していると申請手続ができないということがあります。

反射をなくして、瞳バッチリの写真を撮らなくてはいけません。

その方法は、

メガネをなるべく高い位置にあげること、そして、顎を引いて撮影すること。

この2点だということです。

こうすることでだいぶメガネが反射するのを防げるのです。

ちょっとしたことですが、効果があるというこの方法、ぜひお試しください。

ただし、最近よくあるPC用のブルーライトをカットするメガネには通用しないようです。

スポンサードリンク

やらなきゃ損をする写真を綺麗に撮る方法3選!

綺麗な写真を撮る方法はいくつかあります。

その中でも最も効果的な方法を3点ばかりご紹介したいと思います。

まず、顎を引くことです。と言ってもあまり顎を引きすぎてもいけません。

顎を引くというよりも額をカメラに向けて突き出すような感じです。

これをシンデレラ角度といいます。

次に口角を上げることです。

『ウイスキー』でも『チーズ』でも言ってみてください。

口角が上がって良い感じの顔になります。

あまり緊張した顔はよくありませんよね。

もう一つのおすすめはメイクをいつもより濃いめにすることです。

特にアイメイクはしっかりとする方が良いようです。

アイラインはくっきりと引いて、

アイシャドウも濃いめのカラーをしっかりとまぶたの上にに載せてください。

ナチュラルメイクの人にはちょっと抵抗があるかもしれませんが、

写真にすると、濃いめでも薄いメイクの印象になります。

濃すぎるぐらいがちょうどよいかもしれません。

ただし、ラメ入りの化粧品はキラキラ反射して清潔感のある写真が撮れないので

避けた方が良いでしょう。

写真を綺麗に撮るポイントは3つです。

『姿勢』

『口角』

『目力』

の3つを意識して写真を撮ると、

だいぶイメージも変わって綺麗な写真になるのです。

スポンサードリンク

まとめ

パスポートは一度作ると長い間使うことになります。

したがってパスポートに使う写真はなるべく綺麗な写真にしたいですね。

メガネが反射して目元がはっきりしない写真は、

申請時にOKが出ても使いたくはないですね。

メガネは大丈夫か、服装は乱れていないか、

緊張した顔になっていないかを気をつけて撮りたいですね。

その意味では、やはり証明写真を扱っているフォトスタジオで撮るべきだと思います。

待ち角の証明写真機でも良いのですが、

その時は慌てないでゆっくり写真を撮るようにすると良いですね。

仕事をした後の疲れた顔では写真を撮らないと心に決めることも大切です。

疲れている時や、体調が悪い時などに撮ると

どうしても不調な感じが写真に出てしまいます。

時間がなくて焦った気持ちで撮るもの避けましょう。

証明写真を撮る時には、気分の良い日に十分な時間の余裕をもって

撮るということも綺麗な写真を撮る上で大切なことでないでしょうか。

スポンサードリンク