スポンサードリンク

衣替えで困った!スーツの上着の上手な収納方法を伝授します

季節の変わり目だと、洋服の衣替えをしなきゃと衣替えに追われる人も

中にはいるのではないでしょうか。

特に働いている人は、衣替えに時間を割かなければいけないので、

まず時間の確保からですよね。

なので、結果として衣替えするのが億劫になりやすいです。

とはいえ、単身赴任など家にひとりの場合は、

全部自分でやらなければなりませんよね。

そうすると時間のかかる衣替えはついつい後回しになりがちです。

単身赴任と言えど、

衣替えは必要なわけでスーツもまさに衣替えするもののひとつに入りますよね。

ただスーツの場合は、ほかの洋服と違って丁寧に扱わないといけないですし、

シワにならないように慎重に扱わなければいけません。

そうなると、出しっぱでもいいかな・・・と

思う人も多いのではないでしょうか。

私もどちらかと言うと扱いに気をつけなければいけないものは、

出しっぱにしときたいタイプです。

その分場所もとるのでできれば片付けたい・・・

安心してください!

今回は衣替えで扱いにくいスーツについてまとめてみました。

これならきれいに収納できるはずです。ぜひ、チェックしてくださいね。

スポンサードリンク

クリーニングから戻ってきたスーツの収納

衣替えする前に洗濯したりクリーニングに出す人も多いと思いますが、

特にスーツの場合はしっかりクリーニングにだして

きれいにしてからしまう人がほとんどだと思います。

きれいにクリーニングしたスーツは、シワも一切なく

よれた状態でもないのでしまうなら気をつけてしまいたいところですよね。

クリーニングから戻ってきたスーツをそのまましまうのはNGです。

これだけは注意しましょう。

クリーニングから戻ってきたものは、

当然スチームアイロンがかけられた状態になっていますが、

そのスチームアイロンの影響でスーツ自体に湿気が残っている状態になるんですね。

そのまま湿気が残ってる状態でしまうとカビの原因に繋がってしまうので、

戻ってきたらしっかり陰干しをしてからしまうようにしましょう。

また、湿気を飛ばしてからしまったとしてもずっとタンスの中にしまっていたら、

湿気も出てきてしまいます。

なので、1年に1,2回は出して陰干しするようにしてくださいね。

スポンサードリンク

スーツのハンガーへの上手なかけ方

湿気を飛ばしてからしまうことが大事と伝えましたが、

中にはハンガーにかけたまましまうと言う人もいると思います。

そうすると、どうハンガーにかけてしまった方がいいのか気になりますよね。

ハンガーはクリーニングに出して戻ってきたあとにそのままついているので、

そのままで大丈夫だと思いますよね?

クリーニングのハンガーだと薄くペラペラしてるものが多いので、

できれば厚いハンガーに変えた方がいいでしょう。

薄いものだと肩のラインにうまく合わなかったりして型崩れの原因になってしまうので、

ジャケットは厚手のハンガーに変えるようにしてください。

下のズボンも掛けるタイプのハンガーがクリーニングでは多いですが

それだとシワの原因に繋がってしまうので、

裾から挟んで吊るすタイプのハンガーを使うようにしてください。

ハンガーのかけ方でも、シワや型崩れを防止できたりするので、

特にクリーニングしたあとのスーツは気をつけてかけてみてください。

スポンサードリンク

衣替え時は適した新しい防虫剤選びをしよう

衣替えをしたときに置いたりかけたりするもの、防虫剤がありますよね。

この防虫剤は使い方があっていればしっかりと対策に繋がっていきますが、

間違っていると防虫効果がほぼない状態になってしまいます。

防虫剤にも種類がありますし、適した防虫剤を使えるようにしていきましょう。

まずは、防虫剤といえば塩化カルシウムを含んでる防虫剤ですね。

これは、密封状態に防虫の力を発揮してくれるので

タンスの中や押入れの中に置いてあげるといいでしょう。シ

リカゲルB型は、密封状態ではなく室内の湿気状態を

調節してくれるものになるので、

洋服よりもバッグなどの小物系に適しているものになります。

自分の収納スペースを考えて適した防虫剤を使うようにしてみてください。

スポンサードリンク

まとめ

どうでしたでしょうか。

面倒な衣替えこそ丁寧にしないと、

次の衣替え時に洋服自体が大変なことになってしまいますね。

特にスーツなど値段がはるものは、買い替えるとなると高額な買い物になるので、

気をつけたいところです。

私自身、毎回衣替えは適当にやってきてしまっていたんですが、

今回ハンガーひとつにしても掛け方があったり、

クリーニングに出してそのまましまうのもだめということを知り、

次の衣替えからは洋服のためにも気をつけたいなぁと感じました。

着れるものはどうせなら長く着たいですよね。

スーツなどは特にそう感じる人が多いのではないでしょうか。

しっかり防虫対策をして、きちんと衣替えをできるようにしていきましょう。

社会人の制服でもあるスーツ。

きれいなスーツをより長く着れるように、扱いには気をつけましょうね。

スポンサードリンク