スポンサードリンク

衣替えとは何か?意味を子どもに分かりやすく説明する方法! 

毎年、年に2回行われる衣替え。

皆さんはこの衣替えってどういう意味か、考えたことってありますか?

私服の保育園や小学校だと、ただ季節に合わせて衣服を変えるだけ・・・

って方もいますよね。

はい、私もそのうちの一人です!

しかし制服のある園や学校だと、衣替えの時期が決められています。

子どもに「なんで6月1日と10月1日に衣替えをするの?」

と聞かれたとき、なんて答えたらいいか悩みますね。

「そういう決まりだからだよ!」と言うのも、

納得しない子どももいますしね。

この「6月1日」と「10月1日」には、何か意味があるのでしょうか?

というわけで調べてみました。

スポンサードリンク

衣替えとは何か?簡単に解説! 

まずはわかりやすく、機能面から説明してあげましょう。

「これから暑くなるのに、長袖の服は着れないよね?」

「これから冬になってどんどん寒くなるのに、

いつまでも半袖の服じゃ風邪をひいちゃうよね?」

という風に説明してみましょう。

小さな子どもに、衣替えの歴史や意味を説明しても難しいです。

まずは「衣替えをしなければどうなるのか」ということを、

教えてあげられるといいですね。

幼稚園や学校で制服を着る場合は、

みんな一斉に衣替えをすることになりますが、

これはみんなが同じ服を着ることによって、

一体感を出す、という効果もあります。

個性が尊重される現代ではあまり大きな意味はありませんが、

衣替えというのは元々、みんな同じ服装をすることにより、

団体としてのまとまりを表す、という意味もあります。

なので「友達ともっともっと仲良くなれるよ!」と声をかけるのもいいですね。

また、小さな子どもだとどんどん大きくなっていくので、

去年着ていた服が、今年はもう着れなくなった!という場合も多いです。

衣替えは、小さくてもう着れない服、

汚れてるからクリーニングに出さなければならない服を確認する意味もあります。

子どもと一緒にこれらのチェックを行いながら、

「○○くんはもうこんなに大きくなったから、○○くんはこの服とはバイバイして、

他のまだ着れる、小さい子にプレゼントしようか」

「これはまだ着れそうだからまた今度着ようか」

「これは汚れてるけど、ちゃんと綺麗に洗濯したらまた綺麗に着れるね」

という風に伝えると、

子どもは整理整頓の大切さや、

物を大切にする気持ちを覚えていってくれます。

スポンサードリンク

衣替えの意味には歴史が関係している! 

日本では毎年当たり前に行われている衣替えですが、

発祥の起源は中国です。

平安時代に中国から伝わった風習が、日本の宮中行事として定着したのが、

衣替えのはじまりだと言われています。

平安時代中期では衣替えは「更衣(こうい)」と呼ばれており、

毎年、旧暦の4月1日と10月1日に行われていました。

当時はまだ着物で、季節に応じた服がなかったため、

下着などで調節していたといわれています。

この「更衣」が「衣替え」という言葉に変わったのは、

女官の役割として「更衣(帝の着替えを司る者)」というものがあったからです。

役職としての「更衣」と、行事としての「更衣」の混同を避けるため、

行事としての「更衣」の呼び名が、変わったのです。

そして江戸時代からは、

衣替えをする日と、着る着物の種類を幕府が定めました。

旧暦の4月1日には袷(あわせ)という、裏地つきの着物、

旧暦の5月5日には単位、帷子という麻で仕立てられた着物、

そして旧暦の9月1日には袷に戻り、

旧暦の9月9日に綿入りの着物を着るようにしていました。

また、衣替えの風習が庶民に広まったのもこの頃です。

明治時代になると、

日本人の服装は和装から洋装へと変化していきました。

明治5年に明治政府はそれまでの和装礼服を廃止し、

新たに洋装の大礼服を制定し、

役人、軍人、警察官に洋服の着用を義務付けました。

そして明治6年に新暦が施行され、

夏と冬を月で分けるようになってから、

6月1日から9月30日は夏服、

10月1日から5月31日は冬服と定められました。

このことが学校や官庁に広がり、そして定着して、

現在の衣替えとなりました。

スポンサードリンク

子どもには四季に置き換えて説明すると分かりやすい! 

日本には4つの季節があります。

寒かった冬が終わり、だんだん暖かくなると春の訪れを感じ、

そして気温がどんどん上がり、暑い暑い夏になり、

厳しい暑さが徐々に収まってくると、過ごしやすい秋になり、

そして寒い冬になり…と、

私たち日本人は季節の移り変わりを感じることができます。

そんな毎年移り変わる季節の気温に合わせて、

子どもには説明してあげると分かりやすいです。

始めのほうでもお伝えしましたが、

「暖かくなってきたから、いつまでもコートを着ていたら暑いよね?

だからコートはもう片付けようか」

「寒くなってきたのに、いつまでも半袖のTシャツを着ていたら風邪を引いちゃうよね?」

という風に説明してあげると、子どもはすぐに理解してくれるでしょう。

スポンサードリンク

まとめ 

今まで衣替えとは、機能面での意味しかないと思っていた私ですが、

調べていくうちに、衣替えにも日本の行事としての歴史や意味があると知りました。

「食育」という言葉があるように、「行事育」という言葉を提唱される方もいます。

日本の様々な行事を通して、本来の由来や込められた願いを知り、

昔ながらの知恵や、親子の絆を深めようというものです。

衣替えも、歴史ある日本の行事のうちの一つです。

この機会にぜひ、子どもと一緒に衣替えの意味や歴史を考えたいですね。

また、衣替えには他にも「服のメンテナンスをする」という意味も含まれています。

服のメンテナンスを通して、子どもに「整理整頓の気持ちよさ」や、

「物を大切にしようとする気持ち」を伝えていきたいですね。

スポンサードリンク