季節行事一覧

残暑見舞いの書き方の基礎知識をご紹介!友達に喜ばれる文章はコレ!

暦の上では秋になる立秋の日ですが、暑さはまだまだ続きます。 そんな暑い日に相手の様子を気遣い、尋ねる手紙のことを残暑見舞いと言います。 今年は友達にあてて残暑見舞いを書いてみませんか? 残暑見舞い、と聞くと難しそうに思うかもしれませんが、 お友達にあてて書く場合は肩の力を抜いてリラックスして書くことができます。 ということで、今回は残暑見舞いについて基礎知識をご紹介していきます! また、相手に合わせた例文もご紹介するので、あなたのパターンに合わせた文章を考えてみてくださいね!

残暑見舞いの書き方にはルールがある!子供でも使える例文を紹介!

長い長い夏休みも終わりが見えてきたころ、 なんだか学校のことが恋しく感じるようになります。 お友達の○○ちゃんや○○くんはどうしているかな、 先生は元気かな、と気になりますよね。 今年の夏は、いつもお世話になっている 学校の先生に残暑見舞いを書いてみませんか? でも、残暑見舞い、と聞くとなんだか難しく感じますよね。 そして、どんなことを書いたらいいのか悩みますよね。 そこで、今回は残暑見舞いの書き方、 小学生のお子さんにも簡単に書くことができる例文をご紹介します!

夏休みの帰省!期間が長いと気を使う!?休めない妻の本音!

「夏休み」 この言葉を聞いて、みなさんはどんなイメージを頭に浮かべますか? お休みとは本来心や体を休めるもの。人々にとって、癒しの時間のはずです。 ところが夏休みのお盆期間、そうも言っていられない!なんて方も実は多いのです。 お悩みの原因は、ずばり「夫の実家への帰省」。ただでさえ普段と違う空間に行くから気持ちも疲れやすいのに、義理の家族の世話にまで時間を割いていられない!!と思う主婦の方って、実はとっても多いのです。 夫婦や家庭生活を円満に過ごしていくためにも、今日はリアルな奥様方の本音と理想的な帰省の期間について見ていきましょう。

夏休みの宿題をやらない子があっという間に終わらせる方法を大発見

夏休みが始まると、一緒に子供が持って帰ってくる宿題。 うちの子進んで勉強をして、本当に手がかからない、いい子! なんてお子様をお持ちのお母さんは少ないですよね。 なかなか宿題に取り掛からない我が子を見て、 本人以上になんだか焦ってしまったり、 他の家の子もこうなのかしら?と少し不安になったりしているお母さんって、 意外と多いのではないでしょうか。 できればこんなことで怒りたくもないし…と感じている お母さんお父さん必見の! 夏休みの宿題をやらない子があっという間に終わらせる方法を、 ご紹介します。

根室のさんま祭り2018絶対行きたい!日程はいつ?見どころは?

秋の代表的な味覚ともいえるさんま。 北海道の根室市では、さんまが主役のさんま祭りが 毎年開催されていることをご存知でしょうか? 水揚げしたての新鮮な、脂がたっぷり乗った旬のさんまをその場で焼いて楽しめたり、 さんまのつかみ取りもあるとか!? ここでしか食べられないさんま料理がたくさん食べられる、 行かなきゃもったいないくらいさんまを楽しめるイベントです。 今回は、そんな根室のさんま祭りが今年はいつ開催されて、 そしてどんなお楽しみポイントがあるのかを徹底的にお伝えいたします! よだれにご注意ください!

スイカ割りの起源を知れば思わず止めたくなる怖い理由を大暴露!

夏になると、海やプール、またはお家のお庭などさまざまな場所で、 夏のイベントの一つとして行われる、スイカ割り。 実際に友人や親戚と学校などで集まりながら、 経験したことがある方は多いのではないでしょうか。 さて、そんなスイカ割りの起源について考えたことはあるでしょうか。 スイカ割りの起源には諸説あり、 あっと驚くものや、ちょっと不気味、気持ち悪いかも、 と本当の意味を知ると思わず止めたくなるような、 起源までもあります。 これからスイカ割りをしようかな!と計画を立てているそんな方へ、 起源の中でも、メジャーなスイカ割りの起源をご紹介しましょう。

芋掘りの季節って一体いつなの?じゃがいもの収穫時期を教えて!

ポテトサラダに肉じゃが、カレー、さらにはポテチまで、様々な料理に大活躍の定番野菜であるじゃがいも。味が染み込んで口の中でほろっととろける食感は、なんとも絶品です。だからこそ、子どもから大人まで幅広い年代の方に愛されています。 その親しみやすさからじゃがいもの種植えや収穫を、学校の行事として行った経験のある方も多いのではないでしょうか?わたしも子どものころに経験したうちの一人です。大きなものが収穫できると、家族に自慢げに見せびらかしたりしていました。 そろそろ芋掘りイベントを迎える学校もで始めているのではいでしょうか?ということで、今日は芋掘りの時期や地域ごとの違いについてまとめてみました!

夏休みはもらえるの?学校の先生の夏休みは実はこうだった!

学生にとっては待ち遠しくて仕方のない一大イベント、「夏休み」。友だちと遊び、夏祭りやプールに行き、おじいちゃんやおばあちゃんの家に行き、普段できないことがたくさんできて楽しい!そしてもちろん忘れては行けない大量の宿題、大会を目前に控えた熱のこもった長い時間の部活や合宿。といった具合にイベントが盛りだくさんです。 そこで、誰もが一度は頭に浮かぶ疑問が起こります。 「ところで夏休みって授業がないけれど、普段授業をしている時間に先生たちは何をしているのだろう?」 もしも先生たちも同じように夏休みだとしたら、部活もないし、宿題もない!?じゃあ、夏休みの間はずっとお休み!?そう思う学生は少なくないでしょう。そんな疑問を解決すべく、今日は先生たちに夏休みはあるのか?生徒たちが夏休みの間は何をしているのか?など、気になる疑問を解決していきます!

金魚すくいの中には金魚じゃない魚も混ざって居るってホント!?

お祭りで金魚すくいを見つけると、子供たちは大喜びです。そばへ駆け寄って、大人の許可を取らないうちからやる気は満々です。そこへパパも加わって、「いっちょ、腕のいいところを見せてやるか」と、子供と一緒になって金魚すくいを始めてしまうなんてことがよくありますよね。 でも、この金魚すくいの中には、時々金魚じゃない魚が混ざっていることをご存知ですか?金魚すくいでとった金魚を大切に育てていたら、1匹だけ大きくなってきたということがあるようです。よくよく見たら、金魚にはないはずのヒゲがあったという話です。 一体この魚は何の魚でしょうか?今回は金魚すくいのことについて、調べて見ました。

あんず飴の屋台がない!?関東じゃない関西地域のお祭りイベント3選

夏の楽しみといえば、『お祭り』ですね。日本各地でワッショイ、ワッショイとお神輿を担ぐ元気な掛け声が聞こえてきます。お御神輿や山車が街を練り歩くのを見るのも心がウキウキするものですが、お祭りには屋台がつきもの。わたあめ、イカ焼き、りんご飴、あんず飴とどれもこれも美味しそうで、何を買おうか迷ってしまいますよね。 ところで、あんず飴は関西の方には馴染みがないようですね。関東に来たことのない関西人はあんず飴なるものを見たことがないのだそうです。 関東人には昔懐かしいあんず飴ですが、関西人にはまるで『未知との遭遇』なのでしょう。そんなあんず飴のことをまとめてみました。