スポンサードリンク

アジサイ寺が久留米に!今すぐ開花状況を知って出かけよう!

アジサイが見ごろを迎えます。

今年は家族みんなでアジサイ観賞などはいかがでしょうか?

四季折々の景色を我が子に見せてあげるのは親の喜びでもありますよね。

今回ご紹介するのは、数あるアジサイの名所のなかでも福岡県久留米市の千光寺。

千光寺はなんと日本最古の禅寺のひとつ。

約7,000株、50種類のアジサイは見応え抜群で、

まさに日本人であるからには一度は目にしておきたい景色の一つなのです。

別名「あじさい寺」の相性で昔から親しまれている由緒ある鑑賞スポットです。

アクセス方法や開花状況などくまなくご紹介させていただきます。

スポンサードリンク

千光寺へのアクセス方法

公共交通機関を利用する場合

「JR鹿児島本線」か「西武鉄道天津大牟田線」に乗車

→「久留米駅」にて下車

→西鉄バス25番に乗車

→「山本コミュニティセンター前」か「柳坂」にて下車

→徒歩10分で到着

車を利用する場合

九州自動車道「久留米インターチェンジ」より約20分で到着

※無料駐車場有り、70台収容可能

千光寺 所在地情報

〒839-0827

福岡県久留米市本町豊田2287

問い合わせ電話番号:0942-44-1434

別名があじさい寺と呼ばれる納得いく見応えあり

千光寺のある久留米市山本地区は耳納北麗のふもとにある自然豊かな土地柄。

冒頭でお伝えした通り、境内には約7,000株のあじさいが圧巻の景色を作り出します。

また境内にある梵鐘は県指定文化財にも指定されるほど。

鎌倉時代の作風の特徴でもある簡素で力強い梵鐘が間近で見ることができますよ。

貴重な文化財をおがめるのはまさに千光寺の格式の高さのあらわれです。

アジサイの見ごろであるちょうど6月中旬から6月末にかけては

「あじさい祭り」が開催され、

普段は見られない趣向を凝らした展示を見ることが出来ます。

ここでのアジサ鑑賞は散策コース形式になっております。

ゆっくりと歩きながらの鑑賞はなんとも贅沢な気分にさせてくれること間違いなし。

また山の麓に位置しているので全体的に傾斜上になっています。

散策コースをすべて回らずとも麓から見上げるアジサイ園はまさに豪華絢爛。

見応え抜群です。

それに何を隠そう千光寺は九州最大規模のアジサイ寺。

ぜひ一度は足を運んでいただきたい日本が誇る名所です。

スポンサードリンク

月別の開花状況のお知らせ

それではここで気になる開花情報をお伝えいたしますね。

・6月上旬…開花がはじまる時期です。このころはまだ満開ではありません。

・6月中旬…七分咲きから満開になる時期です。この時期が一番の見ごろ!

・6月下旬~7月上旬…満開からだんだんと枯れていく時期です。

今年の春先は全国的に暖かく、さくらも例年より早く開花しています。

アジサイの開花予想も例年より少し早めなので、

やはり6月中旬くらいが一番きれいに鑑賞できる時期でしょう。

一足遅くて枯れ始めていた…

なんてことになってしまったらもったいないですものね。

せっかくなら間違いなく一番きれいに見られる満開の時期を

狙って行くのをおすすめします。

また前の項でご紹介したあじさい祭りの時期には

毎年ものすごく多くの観光客の方で大混雑しています。

アジサイの見ごろ時期には今年も例年通りの混雑が予想されますので、

やはり公共交通機関を利用することを強くおすすめいたします。

まとめ

日本広しと言えど千光寺はトップクラスに入るほどのアジサイの名所。

その圧巻の景色には大人も子供もかんけいなく圧倒されることでしょう。

梅雨の長雨にはちょっと辟易してしまいますが、

時期を同じくして咲き誇るアジサイもこの時期の風物詩であり

心待ちでもありますよね。

とくにお子さんが小さなうちには感性を養うという意味合いでも、

四季折々の景色をたくさん見てもらいたいものです。

また千光寺までの道のりは昔ながらの街並みを残し、

都会とは違う独特の情緒があります。

日本の古き良き時代の町並みを堪能できる一面も足を運ぶうえでの醍醐味ですよ。

今年の6月は是非この千光寺に参拝がてら、

家族みんなでアジサイ鑑賞に足を運んでみては?

スポンサードリンク