スポンサードリンク

ボーナスなし!年収いくらで一人暮らしできるのか?驚愕の事実が発覚

これから一人暮らしをしようかな?とお考えのみなさん。楽しみと不安がない交ぜになった気持ちでいっぱいなのでは?

わたしが一人暮らしを始めるときも「わからないことがわからない」という心境でした。

まず先立って心配なのはやはり金銭面ですよね。一般的な常識は備わっていても実際に「一人分の生活費」ってわからないものですよね。家族でかかっている生活費を単純に人数分で割るというわけでもありませんしね。

今回ご紹介するのは、なかなか人には聞けないお金の話。聞きづらいけど重要なことです。

一人暮らしにかかる具体的な費用と、どの程度の収入があれば一人暮らしが可能なのかについてお伝えいたします。

スポンサードリンク

一人暮らしにかかる費用ってなにがある?家賃が大きい!

では最初に、一人暮らしでは一体なににお金がかかるのか。ざっくりいうと、

・家賃

・保険料

・通信費

・食費

・水道光熱費

・日用品費

・交際費

・被服費

・娯楽費

このほかに自家用車を所有している場合は管理維持費と返済ローンがプラスされます。

こうズラリと並べてみるだけでも結構あるものですよね。

節約をすれば減らせる費用もありますが、どうにも減らすことができない費用もあります。これをいわゆる「固定費」といいますが、この中で該当するのは家賃、保険料、通信費、返済ローンになります。

やはり一番大きな支出は家賃。東京の一人暮らし向け賃貸の家賃平均は65,000円前後となります。かなり痛い出費ですよね。

これら家賃を含める固定費は節約しようがないように思えますが、じつはそうでもありません。なぜなら生活費を徹底的に減らすときに最初に取り組むべきは、ズバリこの固定費の見直しなのです。

毎月どうしても減らすことができないなら最初から節約してしまえばいいのです。つまり一人暮らしを始める段階で安く設定するということですね。

特に一人暮らしでは同じ10,000円でも家族で生活する場合ではその価値が大幅に違ってきます。四人家族にとっての10,000円は微々たるものでも、一人暮らしにとっての10,000円は食費の半分近くをまかなえる金額。

一人暮らしを考えているなら物件選びは慎重に。月収の3分の1から4分の1の値段を目安にするとよいでしょう。しつこいようですが家賃は生活費のかなりの割合を占めるものですので、希望する条件に照らし合わせながら根気強く探しましょう。契約の際には値段交渉も忘れずに!

スポンサードリンク

20代一人暮らしの平均年収と平均生活費を調べてみた!

では次に上記のズラリと並んだ生活費が具体的にどれくらいの出費になるのか、その平均額をご紹介いたします。

・家賃…65,000円

・保険料…4,000円

・通信費…15,000

・食費…20,000円

・水道光熱費…10,000円

・日用品費…3,000円

・交際費…10,000円

・被服費…10,000円

・娯楽費…10,000円

合計…147,000円

ざっくりいうとこのくらいが平均的にかかる生活費。ライフスタイルによって変動はありますが、一人暮らしの平均的な生活費の総額は約150,000円程度でしょう。けっこうかかるものですよね。

こうザっと見てもやはり支出の比率が大きい固定費を契約前にじっくりと検討し節約するのを強くおすすめします。

先輩やご家族の方などに相談しながら決めると良いですね。

ボーナスなしで一人暮らしできる年収は?結果発表!!

以上の事を踏まえると、一人暮らしに必要な年収は200万円前後が妥当でしょう。

そして結論から言うとボーナスがなくても一人暮らしはできます。

ただしローンが無ければです。自動車の返済ローンなどがあると月々の返済額が負担になりどうしてもボーナス払いが発生することが多いので、ローンを組んでいる場合はやはりボーナスが支給される会社に勤務するのが妥当です。自動車税や車検代の支払い義務もありますしね。

月収16万円前後で200万円程度の年収があれば一人暮らしができるというわけです。

スポンサードリンク

まとめ

一人暮らしは頑張り次第で少ない収入でも出来ないことはありません。

しかし考えてもみてください。セキュリティのよくない物件に住むとか、治安の悪い物件に住むとか、満足に食事をとれないとか、貯蓄が全然できないとか、そこまでのリスクを負うべき価値がこれから始める一人暮らしにあるのかをよく考慮したうえで決めてくださいね。

とくに女性には安全面からもギリギリの貧困生活はおすすめできません。

ポイントは安全面を押さえながら固定費を抑えること。

家賃もさることながら、保険料や通信費も契約内容によって金額がかなりかわってきますので検討の余地がたくさんありますよ。

ちなみに私は6回ほど引越しをしてその都度賃貸物件に住みましたが、家賃交渉がかなわなかった物件はありませんでしたよ。聞くのはタダです。固定費を節約するために試す価値は充分にありますので是非チャレンジしてみてください!

せっかくの一人暮らし、のびのびと楽しい新生活をしたいですよね。そのためには何事も慎重すぎるくらいに吟味してくださいね。

スポンサードリンク