スポンサードリンク

父の日と母の日2018厳選プレゼント候補とカーネーションの花言葉

父の日と母の日って、両親には申し訳ないけど、忘れがちで気づいたらもう終わっていた!

なんてことありませんか?

でも、この日こそ、普段なかなか伝えられない感謝の気持ちを、

両親に伝える絶好のタイミングです!

自分のお小遣いや、バイト代を貯めて、

今まではプレゼントできなかったようなものを、プレゼントしてみては?

きっと、お父さんもお母さんもかなり喜んでくれるはずです!

スポンサードリンク

 

 父の日と母の日はこの日!?

実は、父の日、母の日は日本だけでなく

世界共通の感謝の日って知っていましたか?

父の日、母の日が、いつ、どこで、どうやって生まれたのか

ご紹介していきます!

母の日

母の日は、アメリカが発祥。

当時、負傷兵の衛生改善に力を尽くした女性の死後娘が、

母親の好きだったカーネーションを配りました。

それから、母に感謝の気持ちを伝えるという働きが全土に広まったそうです。

そうして、その働きかけを知った当時の大統領が、

5月の第2日曜日を「母の日」と制定したのです。

父の日

父の日の誕生も同じアメリカからです。

昔、アメリカに住んでいた女性は、母親を早くに亡くし、

父親に男手一つで育てられたそうです。

ある日、「母の日」のことを知った彼女は、

同じように父の日に感謝する日を作ってほしいと、

牧師協会に頼み込んだのです。

こうして、また、その働きを知った当時の大統領が6月の第3日曜日を、

「父の日」と制定したのです。

 

これが世界に広まり、日本でも、母の日が5月の第2日曜日、

父の日が6月の第3日曜日となっているわけです。

スポンサードリンク

父の日ならネクタイなど仕事で使えるものをプレゼント

いざ!プレゼントするとなると、なにがいいか実際悩みますよね。

日ごろ仕事を頑張っているお父さん。

そんなお父さんにはぜひ、仕事でも使えるような実用的なものを

プレゼントとしてはいかがでしょう?

ネクタイ

定番ですが、やっぱりネクタイ。

ネクタイって何本あっても困らないものです。

かといって、なかなか買い足すタイミングもない。

そんなお父さんにはぜひネクタイのプレゼントを!

普段お父さんが買わないような色や、

似あうと思う色をぜひコーディネートする気分で

選んでみると楽しいかもしれませんね^^

 

ボールペンや万年筆

どんな仕事の人であっても、やっぱり字を書くタイミングって結構ありますよね。

毎日使うものだからこそ、プレゼントしたい、ボールペンや万年筆。

今は名前を入れてくれるところもありますので、

世界に一つのプレゼントができるのもいいですね!

お父さんも、つい仕事場で自慢してしまうかもしれません^^

スポンサードリンク

 

母の日なら定番のカーネーション!

母の日ならやっぱりカーネーション。

女性は何歳になっても花を貰うと嬉しいものです。

ただ、カーネーションといってもいろんな色があって

どれがいいか迷ってしまいますよね。

ここでは、カーネーションの色によって違う意味をご紹介していきます!

母の日に送るカーネーションの色でも定番の、赤色。

これが、「母への愛」、「純粋な愛」、「真実の愛」など。

一番直球な想いが込められています。

アメリカで最初に母の日が広まったころ、

定番だったのは白色のカーネーション。

これは、「私の愛情は生きている」、「尊敬」という意味が込められています。

亡くなった母親に送るのが定番のようです。

ピンク

これもまたかわいい色で人気の色のピンク。

「感謝」、「気品」、「温かい心」などです。

なんだか意味合いもまたかわいいですね。

これは遺伝子組み換えによって作られた色ですが、

意味は「永遠の幸福」。

お母さんにずっと幸せでいてほしい、

そんな気持ちを伝えたいならベストな色です。

 

まだまだカーネーションにはいろんな色があります!

どうしても悩んでしまった場合は、

お店にある全部の色を使って花束を作ってみるのもいいですね。

お母さんも、びっくりするはずです!

スポンサードリンク

 

まとめ

いかがでしたか?

父の日、母の日の由来、日付も、世界共通とはびっくりです!

日ごろ生活していると、なかなかお互い本音で話せないもの。

これを機に、なにかプレゼントしてみてください^^

もしかしたら、ぽろっと涙が出ちゃうぐらい喜んでくれるかも。

1年に1回、一緒に感謝の気持ちを込めて、

お手紙をプレゼントするのもいいですよ!

スポンサードリンク