スポンサードリンク

新生活へのプレゼントは?男性と女性で欲しいものがちがう!

春ですね。日本では新しい生活が始まる時期でもあります。

ワクワクもしますが、ちょっとさみしい気もしますよね。

あなたの周りでも何人か新しい仕事に向け引っ越して行く人がいるかもしれません。

さて、今まで一緒に会社で働いていましたが、

転勤や出張などで新しいところに引越する30代の友達、

同僚へのプレゼントはどんなものがいいでしょうか。

自分の欲しいものならすぐ分かるのに他人の物は難しいですよね。

スポンサードリンク

男女にはこんな違いが!

男性はものを買うとき、その商品の裏にあるストーリーに惹かれて買うことが多いです。

一方女性は、商品を持ったときの自分をイメージして買うと言われています。

好みもさることながら、男性と女性では惹かれる部分も違うんですね。

では、人に贈り物をする時、この違いをどのように活かしたら喜ばれるでしょうか。

ズバリ、男性にはストーリー性のあるプレゼントを、

女性には持ったときのイメージが湧きやすいものを渡すと喜ばれます。

例えて言えば、男性には、ヨットの帆布で作ったバックで、

使うごとにこなれてきて印象が変わってくることを売りにしているバック。

ヨットの帆がスピードと頑丈さ、旅などを連想させ、ブランド自体にもストーリー性がある。

女性なら、たとえば履くと足がきれいになるスリッパ。

女性の場合は機能性と、デザイン性、両方を求めます。

そして出来れば一つでなくて細々と何個か入っていると喜ばれるかもしれません。

それがほんとに好きとわかっているのでなければ、機能性がないものはあまり喜ばれません。

例えば、花や鉢植え、可愛い置物は女性が喜ぶと思ってる男性もいますが、

花が好きでない限り、そこまで喜ばれはしません。

そして多分男性が思ってるより花が好きな女性は少ないかもしれませんね。

スポンサードリンク

男性の場合はこれが安定!

では上記のことを踏まえた上でどんな贈り物が男性にとって喜ばれるか

考えていきましょう。

選ぶのを容易にするポイントは、引っ越したら彼がどんな状況に陥るか想像することです。

新しい家でインテリアも何もない。

男性は荷物が少ないので殺風景かもしれない。

何かインテリアのポイントになるようなものをプレゼントしたらいいでしょうか。

または新しい職場で人間関係を構築するのに話題性のあるものがいいと思います。

私がプレゼントするなら名刺入れでしょうか。

予算があるなら、輪島のキリモトの名刺入れがいいでしょう。

名刺入れとしては珍しい漆で出来ていて、デザインもスマートでかっこいいです。

薄いヒスキアスナロという木で作られた10のパーツを組んで作られた箱に

薄く布が貼られていて上に漆加工がされています。

使うたびにツヤ光沢が生まれ表情が変わります。

輪島のキリモト自体は江戸後期から続く老舗で、新しいデザインを取り入れながら

漆の可能性を追求し続けています。

珍しいので初対面の話題作りに一役買ってくれそうです!

スポンサードリンク

女性ならこれが喜ばれる!

ショートカット以外の女性なら髪がきれいになるブラシでしょうか。

私も使っているのですが、タングルティザーがおすすめです。

イギリスで最高の賞、英国女王賞を受賞し、

エマ・ワトソンなどのセレブも使ってるブラシで、

絡まった髪もブラッシングだけでツヤツヤにしてくれます。

濡れた髪をとかしても痛みません。

見た目が面白いので見た女性の友人からは必ずなにこれーと言う反応が来ます。

デザインも可愛いのが多数出てます。

値段は基本的なものであれば3000円前後でしょうか。

スポンサードリンク

あまり高くないものの方が気を遣われないことも!

プレゼントはあまり高くない方がいいでしょう。

何故かと言うと相手はもう大人ですし、

欲しいものがあれば自分で買います。

逆に買わないということはそこまで必要がないともいえます。

ただでさえ忙しいのに

高いものをあげてお返しをしなきゃという気遣いをさせるのもいやですよね。

私はハンカチを以前プレゼントしてもらったのですが

すごく嬉しかったです。

今でもハンカチをみるとそこまで関係が深くなかったのに

その人を思い出してしまいます。

そこまで高いものではないと思いますが、可愛い柄であるのと

ハンカチは使うものなので、喜んでつかってます。

スポンサードリンク

まとめ

ここにご紹介したのはほんの一例ですが、

男性と女性の惹かれ方の違いを踏まえた上で選べば間違いはありません。

もう一つ考えるならその人との距離感でしょう。

遠ければ遠いほど、体から離して使うもの、または形が残らない消耗品。

近しい人や今後も関係を続けて行きたい人ほど常に目に触れるものがいいです。

また親しいあいだ柄であればあるほど、相手にとって必要なものは、見えやすくなるので、

自分がその人とそれほど親しくないのであれば自分より近い人に、

好みを聞くのも手かもしれません。

そしてプレゼントは、ただ渡すのと手紙を添えて渡すのでは、

だいぶもらったときの嬉しさが違います。

男性は手紙を書くのは苦手な人が多いイメージですが、

小さなカードに一行だけでも全然違いますよ。

最近はお店でラッピングしてもらうときにメッセージカードをもらうことも出来ます。

お店で買う場合は聞いてみてくださいね。

スポンサードリンク