生活一覧

服の所持数男の平均は何枚?休日におしゃれな自分を演出したい!

仕事の日はスーツと決まっているから良いけれど、休みの日になると一体何を着たら良いのか分からない…。服は持っているのに、なんだか結局いつも同じ組み合わせに落ち着いてしまう。しまいには妻に「もう少しおしゃれになってくれたらなぁ」なんて言われる始末。世の男性たちはどのくらいの服を平均して持っているのか?妻をギャフンと言わせるおしゃれ術とは?今回は悩める男性のために、みなさんのクローゼット事情や着まわし術を調査してみました。

女性の服の平均の枚数って何枚なの?多すぎる服は処分するべき?

女性の服は流行がすぐに移り変わり、欲しいものも次から次へと出てきてしまいます。追い討ちをかけるように始まる夏の大バーゲン。あの服もこの服も、安くなったからやっと買えた!と思い、いざしまおうとするとクローゼットに入りきらない・・・!なんて経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか?これって私だけ?みんなどれくらいの服を持っているの?今回は気になる女性の服の平均枚数や、クローゼットを適正に管理するためのコツをご紹介します。

断捨離で服の枚数を減らそう!女性1人が必要な枚数ってどのくらい?

みなさん衣替えは済みましたか?分厚い冬物をしまい、眠っていた夏服を取り出して、それぞれの収納場所にしまってみると・・・。あれ?服が多すぎて、クローゼットからはみ出してる!?なんてことになっていませんか?洋服の数が多すぎるかもしれないと悩んでいる女性は実は多くいらっしゃいます。今回はそんな女性たちのために、洋服の枚数を減らすための方法や、減らすとどんな良いことがあるのか、みなさんの実体験をもとにまとめてみました。

服装で性格が変わる?ファッションを考えて自信を持った人になろう!

服装で気分が変わったことはありませんか?たとえば会社へ着ていくスーツを着ると気持ちが自然と引き締まります。反対にお休みの日にパジャマで過ごすと、その日は1日だらけた気持ちで過ごしてしまうということがあります。 人は知らないうちに自分の服装にあった人間になるようです。いつも安物のシャツを着ているとそれにあった行動しかできなくなります。でも、高級なスーツを身に纏うと途端に紳士に早変わりをするのです。 人間ほど気分で動く動物はいないのではないでしょうか。だからこそ日頃の服装が大切なのです。「おしゃれなんか関係ないよ」と言っている中年サラリーマンの皆さん、たまにはおしゃれに決めてみませんか?

断捨離をする人必見!何から始めれば良いのか疑問を徹底的に解説!

衣替えと同時に行うことが多い断捨離。 とは言え、何から始めればいいのかわからない… と悩んでいる人も多いはず! 今回は、そんな断捨離をテーマに何から始めればいいのか徹底的に解説します。 私も実は、以前断捨離ができず困っていたひとりです。 何から手をつけたらいいのかもわからないし、どれも捨てられずにいました。 当時は好きな俳優さんやアーティストの人のグッズ集めにハマっていたのもあり、 部屋が物で溢れかえってましたね。 ひとつひとつ手にするも、捨てられない・とっておこう精神が働きなかなか断捨離できず。 結局、片付けをしたのかしてないのかもわからないくらいでした。 でも、断捨離をどこから始めたらいいのかを知ることによって、 今では断捨離が楽しくて仕方がありません。 むしろ、捨てすぎてて大丈夫かって思うくらいです。 今、断捨離に悩んでる人は見るべき特集です! 参考にしてみてくださいね!

夫が単身赴任する人は要確認!生活費の平均とやりくりを調査!

単身赴任が決まると、様々なもの準備が必要です。 周りにも単身赴任の経験者がたくさんいて、相談ができればいいのですが、 なかなか、相談しにくいこともありますよね。 単身赴任は、夫が家族と離れて暮らす、 二重生活になるわけですから、 生活費などのお金の心配も出てきますよね。 そこで、今回は単身赴任の生活費と平均、 やりくりを徹底調査! それでは早速見ていきましょう。

衣替えのやり方が分からない!抑えておくべきポイントを紹介! 

衣替えってめんどうですよね。 特に最近はものすごく暑い日が続くと思ったら、 突然肌寒い日になったりと安定しませんね。 私も毎年衣替えをすると、 なぜか次の日の気温は今までに逆戻り...! なんてことが続くので、うんざりしてしまいます。 私の夫のように、服は長袖のシャツ3着くらいと、 半袖のTシャツが4着くらいしかないという男性なら、 一年中タンスに入れっぱなしでもいいんじゃないかな?!と思いますが、 最近はファッションが好きな、オシャレな男性もいますし、 一概にそういうわけにもいかないと思います。 それに着ない服はそれなりの処理をしないと、 虫食いの被害に遭う恐れもあります。 では衣替えの上手なやり方を見ていきましょう。

すね毛の疑問を解決!すきバサミは有効か?処理方法をご紹介!

暑い夏になると気になってくるすね毛。 このすね毛ってなかなかうまくできる処理の方法がイマイチわかりませんよね。 しかもどんな状態にするのがいいのかもよくわからない……。 今回はそんなすね毛の処理についてご紹介していきます。 すね毛をどんな状態にしたらいいのか、何を使ってどうやればいいのがお教えします。 すね毛の処理をするときに便利なすきバサミを使った処理の仕方もご紹介しています。 最後までしっかり読んでくださいね!

断捨離ができない人は要注意!離婚に繋がる理由をまとめて解説!

今やお片づけの合言葉とも呼べるほど世の中に浸透した言葉、「断捨離」。みなさんも一度は断捨離を心がけて、お家のお片づけをしたことがあるのではないでしょうか?そんな魔法の言葉「断捨離」が原因で、離婚の危機に陥ってしまっているご夫婦が続出していることをご存知でしょうか?今回は断捨離と夫婦仲、その意外な関係性についてまとめてみました。

年収の低い彼と結婚して幸せになれる?生活費はいくらかかるの?

お付き合いしている男性の年収のことを言うのはなんとなくためらいますよね。しかし、これから結婚していこうと思ったらお金のことも気になります。もちろん、女性としては共稼ぎも厭わないけれど、妊娠・出産の時には十分に働けません。どうしてもご主人になる彼の年収に頼らざるを得ませんね。 そんな時、年収の低い彼と結婚して大丈夫なのでしょうか。結婚をするにあたっての疑問や不安にお答えしたいと思います。 年収の低い彼との結婚は不安だらけ。月の生活費はいくらかかる? ある調査によると、結婚したい女性の、相手に求める年収は500万というのが最も多かったといいます。しかし、結婚適齢期の男性で年収500万以上という人はなかなかいないのが現実です。多くの若い男性はその半分ぐらいでしょう。 その中で結婚を決めていくわけですが、平均的な暮らしをしていく上で月22万強は必要となってきます。その内訳は住宅費7.9万円、食費3.7万円、光熱費・通信費2.3万円、保険料1.9万円、服・利用料1.4万円、交際費・趣味2.4万円、その他3.2万円となっています。 新婚2人だけの生活でこれだけいるのですから、先々子供が生まれたらもっと費用は膨らむと覚悟しておいてほうが良いでしょう。と、言うとますます不安になってしまいますね。でも大丈夫です。結婚したらしたでなんとかなるものなのです。事実、年収200万円台で結婚してちゃんと妻子を養っている男性もたくさんいます。それも奥さんは女性の夢である専業主婦です。結婚は2人の考え方次第で実現するものなのです。