スポンサードリンク

年収の低い彼と結婚して幸せになれる?生活費はいくらかかるの?

お付き合いしている男性の年収のことを言うのはなんとなくためらいますよね。

しかし、これから結婚していこうと思ったらお金のことも気になります。

もちろん、女性としては共稼ぎも厭わないけれど、

妊娠・出産の時には十分に働けません。

どうしてもご主人になる彼の年収に頼らざるを得ませんね。

そんな時、年収の低い彼と結婚して大丈夫なのでしょうか。

結婚をするにあたっての疑問や不安にお答えしたいと思います。

スポンサードリンク

年収の低い彼との結婚は不安だらけ。月の生活費はいくらかかる?

ある調査によると、結婚したい女性の相手に求める年収は500万というのが

最も多かったといいます。

しかし、結婚適齢期の男性で年収500万以上という人はなかなかいないのが現実です。

多くの若い男性はその半分ぐらいでしょう。

その中で結婚を決めていくわけですが、

平均的な暮らしをしていく上で月22万強は必要となってきます。

その内訳は

住宅費7.9万円

食費3.7万円

光熱費・通信費2.3万円

保険料1.9万円

服・利用料1.4万円

交際費・趣味2.4万円

その他3.2万円

となっています。

新婚2人だけの生活でこれだけいるのですから、

先々子供が生まれたらもっと費用は膨らむと覚悟しておいてほうが良いでしょう。

と、言うとますます不安になってしまいますね。でも大丈夫です。

結婚したらしたでなんとかなるものなのです。

事実、年収200万円台で結婚してちゃんと妻子を養っている男性もたくさんいます。

それも奥さんは女性の夢である専業主婦です。

結婚は2人の考え方次第で実現するものなのです。

スポンサードリンク

年収の低い彼との結婚のハードルをどう超える?親に反対されないために

しかし、そうは言っても結婚の第一関門はあなたのご両親です。

年収の低い彼をどうご両親に紹介するかが問題ですね。

ご両親もあなたと同じようにまずは彼の年収の低さを不安視するでしょう。

このハードルを乗り越えるためには、2人のどうしても結婚したいという熱意です。

彼の年収の低さをカバーするためにあなたが

共稼ぎで頑張るという熱意を見せることです。

それと並行して節約生活で日々の暮らしを乗り切っていきます。

晩御飯を作るのが面倒だからと外食を増やしてはいけませんよ。

「今日は食べにいこうよ」と甘えたことを言っていると少しも節約にはなりません。

共稼ぎで疲れて帰宅しても女性は食事を作らなければいけません。

あなたにその覚悟がありますか?

覚悟があれば大丈夫、ご両親にその旨きちんとお話しして結婚の許しをもらいましょう。

ご両親も2人の愛が本物だと分かれば許してくれるはずですよ。

また、夫となる彼にも資格を取るなどしてステップアップを図ってもらいましょう。

2人で頑張れば自ずと道は開けるものです。

スポンサードリンク

年収が低い彼との生活を乗り切る節約術を教えて

節約をするといっても食費はそう簡単には落とせませんが、

やり方次第で節約はできるものです。

まずは、閉店間際のスーパーを狙いましょう。

売れ残ってはいけないものを半額セールで売っています。

それを狙えば肉や魚などが半額で買えます。

また、買い物はなるべくまとめ買いをしましょう。

毎日買いに行く手間も省けて余計なものを買わずに済みます。

お休みの日に1週間分まとめて買えば計画的に献立を考えられて無駄がなくなります。

お風呂は間をおかずに次々と入るということを実践すれば、

家族が増えてもガス代の節約になります。

一番節約ができるのが通信費のスマホ代です。

スマホは契約する時に知らないうちに余計な契約をさせられているものです。

見直して必要のないものは切っていくだけでもスマホ代はかなり安くなります。

今は機種を変更しなくてもそのままで

SIMカードを入れ替えるだけで格安スマホに早変わりをします。

そんなことを考えれば格安電話会社に変更するのも一つの手ですね。

テレビやオーディオなどは使わないときは

主電源を切っておけば待機電力の節約になりますね。

少し気をつけるだけで節約はできるものです。

足りない生活費は共稼ぎなどで補い、

節約生活をしていけば日々の暮らしはなんとかなるものです。

贅沢な暮らしはできなくても身の丈にあった生活をしていけば

ちょっとやそっとでは生活に困ることはあるませんよ。

あとは2人の愛があれば幸せは向こうからやってくるものです。

スポンサードリンク

まとめ

結婚しようと心に決めた人が年収の低い人だとちょっと悩みますよね。

この人と暮らしていけるだろうかと不安になるものです。

しかし、年収が高い人と結ばれても、それだけでは決して幸せにはなれません。

反対に貧乏でも愛さえあれば人は幸せを感じるものです。

贅沢な暮らしはできないけれど、その人を信じていければそれで良いのではないでしょうか。

生活費が足りなければ共稼ぎで切り抜ければ良いのです。

節約術を身につけて生活費を切り詰めれば良いことです。

ご主人になる人だっていつまでも年収が低いままではありません。

少しずつ昇給していくでしょう。

今は頼りなく見えていても意外と成長株なのかもしれませんよ。

スポンサードリンク