スポンサードリンク

女性の服の平均の枚数って何枚なの?多すぎる服は処分するべき?

女性の服は流行がすぐに移り変わり、欲しいものも次から次へと出てきてしまいます。

追い討ちをかけるように始まる夏の大バーゲン。

あの服もこの服も、安くなったからやっと買えた!と思い、

いざしまおうとするとクローゼットに入りきらない・・・!

なんて経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか?

これって私だけ?

みんなどれくらいの服を持っているの?

今回は気になる女性の服の平均枚数や、

クローゼットを適正に管理するためのコツをご紹介します。

スポンサードリンク

女性の服の平均枚数以上持っているのは整理下手な証拠!

調べてみたところ、女性の服の平均枚数には幅がありましたが、

ざっと200着くらいを持っている方が多いとの結果でした。

数字だけを見ると多い!こんなに持ってるはずがない!

と思うのですが、数えてみるとあっという間に200を超えてしまうので驚きです。

たとえばクローゼットの中に収納ケースを置き、畳んで服を収納しているとします。

3段ケースの場合、1段に30着いれたとしたら、

これだけで90着になりますよね。

そこにアウターや羽織り、ワンピースなどハンガーにかけているものを合わせると

100着を超えるでしょう。

さらに、それに加えてオフシーズンの洋服や、

正装用のワンピースやスーツ、ジャケットなどを合わせると、

やっぱり200着を超えてしまうのです。

約200着だったから平均枚数くらいかな?

と思う方もいらっしゃると思いますが、

中には100着で着まわしているという方もいらっしゃいます。

1シーズン25着で済ませている計算で、服を収納する場所も半分で済みます。

また、200着の中にはきっと「いつか着るだろう」と思いとっておき、

あまり着てあげられない洋服もあるはずです。

そのような洋服が多いとクローゼットの中で場所をとってしまい、

引き出しがしまらない!ハンガー掛けの間隔が狭すぎて見苦しい・・・

なんて事態を招きがちです。

スポンサードリンク

女性の服の平均枚数より多すぎてクローゼットからはみ出したものは思い切って処分!

クローゼットがぱんぱんになってしまっていると、収納されている洋服たちも窮屈です。

その結果、あの洋服が今日着たい!と思って引っ張り出したら、

なんだかしわくちゃで着れない・・・。なんてことになってしまいます。

本当に必要な洋服だけを持つことは、1着1着の質を高めることにも繋がります。

クローゼットからはみ出してしまうほどの洋服を持っているのであれば、

思い切って処分する勇気を出しましょう。

処分する=捨てるということ?と思ってしまうと、

なかなか行動に踏み切れない方も多いでしょう。

捨てるのではなく、あくまで自分のもとから旅立たせることを目標としてください。

具体的には、必要としている方へお譲りするのが1番良いです。

CMでもお馴染みのフリマアプリを使うも良し、

リサイクルショップへ売るも良し、

発展途上国への仕送りとしてお譲りするも良し・・・

あなたのクローゼットからはみ出してしまっている洋服は、

きっと必要としている人がいます!

そう考えてみれば、あとは行動に移すのみ。

そうすれば、自分のクローゼットはすっきりし、

クローゼットの中は必ず着るお気に入りの洋服だけになり、

洋服を欲しがっている人の手にも渡り、という良い連鎖が起こります。

全ての洋服が大切なの!という方は無理に処分を考える必要はありません。

ただ、クローゼットは毎日開けて、毎日使うものです。

あまりにも詰まりすぎているクローゼットを毎日見ていると、

なんとなく気持ちも窮屈になってしまいます。

洋服にも自分の気持ちにもゆとりを持つために、

ぜひお手持ちの洋服の数や状態を見返して見てくださいね。

女性は買いすぎる兆候が!衝動買をなくそう!

このようにしてシーズンごとにクローゼットを整理しているはずなのに、

気づいたらいっつもぱんぱんに洋服が詰まっているのはどうして!?

と悩める女性も実は多くいらっしゃいます。

季節ごとのセール品や、そのときの流行りなどによって、

どうしても物欲は刺激されっぱなしです。

おしゃれ情報に敏感な方ほど、最新のファッションを取り入れたいと思うものです。

すると、どうしても新しいものが出れば出るほど欲しいものが増えてしまい、

整理が追いつかなくなってしまうのです。

また、大きな原因の1つに「衝動買いをしてしまう」という点があげられます。

日用品や化粧品など、男性よりも買い物へ向かう回数が多い女性は、

洋服コーナーに接する機会も多くなります。

するとどうしても新しい洋服が目に入り、

ちょっと値段を確認するだけ・・・と思って近づいて見て、

ついついそのまま買っちゃった!なんて経験、誰もが持っていると思います。

しかし、その時は「1着だけ」と思っていても、

それが月に3回あると3着衝動買いしていることになります。

その他にずっと欲しいと思っていた洋服を買ったり、

バーゲンに行ったりなどをすると、

あっという間に手持ちの洋服枚数が増えていきます。

そして気づいたら、以前に整理をしたときよりももっと枚数が多くなっているかも、

というくらい増えてしまっているのです。

その上、着ていない洋服も出てくるなど、

結局クローゼットが飽和状態になってしまいます。

そうならないように、その都度整理をすることは大切です。

しかし、衝動買いをやめる!という選択肢も効果的です。

衝動買いをしそうになった洋服があったら、1度胸に手を当てて自分へ問いかけてください。

「この洋服は、手持ちのどんな洋服と合わせて着れるかな?似たものは持っていないかな?」

また、もしも値段が安いからという理由で衝動買いしそうになっている場合は

「この洋服を買うお金で、他に何ができるかな?大好きなあの料理屋さんの○○も食べられるし、好きな映画も3回観に行ける。それを諦めてでも、今買う価値があるのかな?」

このように、1度踏みとどまって考えてみましょう。

すると、「本当に買っていいのかな・・・」と少し揺らぐと思います。

揺らいだ場合は、要検討!とその場で買うことをストップしましょう。

そして、家へ帰ってみてもまだ心残りな場合は、

翌日以降でもう1度お店で見てみる価値があると言えます。

また、家へ帰ってみてクローゼットを見渡してみてください。

意外に同じようなデザインのものを持っていたりしますよね。

似たものを持っていてもなお欲しい場合は、

すでに持っている方の洋服を処分してあげましょう。

今お店で売られているものは今の流行を取り入れているはずなので、

そのデザインに似たものであれば欲しがる人がいるかもしれませんよ!

また、回転が速いのは流行だけではありません。

廃りも速いのがレディースファッションの特徴です。

流行は繰り返されるとはいっても、10年先に同じ洋服を着るかというと、

体型や好みが移り変わるので正直難しいのです。

娘や姪などにあげればいいかも!

と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、好みは人それぞれです。

譲ろうとしても受け取ってくれるか分かりませんよね。

そのときの流行りだから!という理由だけで衝動買いをしようとしているなら、

これはいつまで着れるかな?ということも考えてみてくださいね。

自分にとって、「今の自分に本当に必要なのか?」だけを考えて、

クローゼットの整理をしてみるように心がけるのが、

洋服を適正な枚数だけ持つことへの第一歩となりますよ。

スポンサードリンク

まとめ

持っている洋服の数が多くても少なくても、

大切なのは「着ているか?着ていないか?」です。

着ていなくて、しかもクローゼットの中で詰め込まれた状態の洋服は、

出番はいつかな?ときっと待っているはずです。

1度自分の手元へやってきてくれた洋服です。

服のためにもクローゼットの整理は思い切って行いましょう。

そして手元に残った服で着まわしができれば、

新たな服を衝動買いする回数も減ってきます。

まずは溢れた洋服の処分から始めてみましょう!

すっきりしたクローゼットは、

きっと毎日のおしゃれをもっと楽しいものへしてくれますよ。