スポンサードリンク

てるてる坊主の由来って?意味を調べたら怖すぎる話だった!

だんだん近づいてくる梅雨の時。

毎日雨が降ると外に出るのが嫌になったり、やる気がなくなったり…。

私は雨が大の苦手なので、どうしても梅雨の時期は気持ちが沈んでしまいます。

よく子供のころは、雨の降らないでほしい日の前日などに

てるてる坊主を作っていました。みなさんも一度は作ったことがあるのでは?

そのてるてる坊主の由来が実は怖い…。

なんて耳にして気になった人、たくさんいると思います。

そんな怖い話あったの!?と知らなかったあなたも、

明日から学校や職場で言いたくなるかも?

そんな気になるてるてる坊主の由来をご消化していきます!

スポンサードリンク

 意外に知らないてるてる坊主の由来!調べてみたら中国のこんな物語!

てるてる坊主って子供のころから知っているけど、

意外にみなさん由来って知らないですよね。

実は、てるてる坊主は中国からやってきたと言われています。

中国では、てるてる坊主は「掃晴娘(サオチンニャン)」と呼ばれています。

掃晴娘は、紙を切って作られた人形で、手にほうきを持っているのが特徴!

中国では、雨が降った時に空を掃く真似をするそうで、それを掃晴というようです。

名前の漢字から読む雰囲気と、手にほうきを持っているてるてる坊主、

と聞くとなんだかとてもキュートなてるてる坊主を想像してしまいますね!

また、ほかにも「晴娘(チンニャン)」の伝説というものもあります。

昔、晴娘という娘がいう折り紙が得意な娘がいたそうです。

ある年の6月、北京では大雨が続いて水で溢れかえっていました。その娘は、降り続ける雨がおさまるように空に向かって祈ったそうです。

するとどこからか、「東海龍王の王子の妃にならなければ、北京を水没させる」という声が聞こえてきたそうです。

娘がその通りにします。と言うと、突風が吹き娘の姿が消え、雨は止み、

青い空が広がりました。

それから人々は晴娘をしのび、

雨が続いた日には切り紙を門に掛けるようになったそうです。

こちらは怖いというよりも、とても切ない話ですね。

スポンサードリンク

 

てるてる坊主の由来が日本のお話も!こっちのほうが怖い!

日本でのてるてる坊主の由来は、お坊さんから来ているそう。

昔、天候を祈祷する役目はお坊さんが持っていました。

そのことから、中国のてるてる坊主が女の子なのとは違い、

日本もてるてる坊主は「坊主頭」になったそうです。

また日本に伝えられているてるてる坊主の物語も、中国とは別の物語があります。

むかしむかし、ある町で毎日雨が続いて困っていました。

するとそこに、『お経を唱えると必ず晴れる』ということで有名な

お坊さんがやってきたのです。

そこでお殿様はお坊さんに、目の前でお経を唱えさせました。

しかし雨はなかなか止みません。

次の日も雨は降り続け、怒ったお殿様は、

なんとお坊さんの首をはねてしまったのです。

そしてそのお坊さんの首を、白い布でくるみ吊るすと、

次の日はとてもよく晴れたそう。

…とても怖いですね。怖いし、残酷。

思わず私も背筋がゾクッとしてしまいました…。

スポンサードリンク

てるてる坊主の童謡もよく聞いたら怖い歌詞だった!

最後に、てるてる坊主の童謡をみなさん全部聞いたことありますか?

とく小さい頃は、「あ~した天気にしておくれ♪」と

歌ったこともあるのではないでしょうか。

みなさんが知っているてるてる坊主の童謡は、実は1番のみなんです。

てるてる坊主の童謡は全部で3番まであるんですよ。

それでは1番から3番までの歌詞をご紹介します!

1 てるてる坊主 てる坊主

あした天気にしておくれ

いつかの夢の空のよに

晴れたら金の鈴あげよ

2 てるてる坊主 てる坊主

あした天気にしておくれ

わたしの願いを聞いたなら

あまいお酒をたんと飲ましょ

3 てるてる坊主 てる坊主

あした天気にしておくれ

それでも曇って泣いてたら

そなたの首をチョンと切るぞ

…怖いですね。1番と2番まではまだ楽しい歌に聞こえます!

でも、3番まで聴くと、なんだか子供に聞かせられるような

童謡に感じられませんね(笑)

先ほど紹介した、お殿様がお坊さんの頭を切ってしまった話から

来ているような感じがしますね。

先日たまたまテレビを見ていたら、てるてる坊主の童謡が実は怖い!

とやっていたので、私もそこで初めて知りました!

3番まで聴くとゾクッとしますね…。

スポンサードリンク

 

まとめ

いかがでしたか?中国に伝えられている女の子の話は、

そこまで怖くなかったですよね。

しかし、日本のてるてる坊主の物語と、童謡はやっぱり怖いですね!

てるてる坊主はかわいいイメージがあったので、そんな結末があったのか…。

とついショックを受けてしまいました。

あまり自分の子供には聞かせたくないです。

でも夏の怪談の時期に話すには、もってこいの話ですね!

ぜひ、学校などで話してみてください♪

スポンサードリンク