スポンサードリンク

line電話での応答なしの時間と原因は?通話キャンセル原因とは?

LINEはメッセージのやり取りの他に電話機能もついています。

LINEができた当初からこの電話機能はありましたが、

最初の頃は電波状況が悪く電話をするときは

他の電話通話ができるアプリを使っていました。

しかし、ここ最近は電波状況が悪いこともなく

普通の電話と変わらずに会話ができるようになり、

わざわざアプリを取らなくてもいいようになりました。

今回はそんな電話機能を使う方法についてお伝えしたいと思います。

是非覚えておいてくださいね。

スポンサードリンク

電話をかけてみよう

LINEでの電話のかけ方はメッセージ同様、とても簡単でシンプルです。

すぐにかけることができるので、急いでるときなどは

パッとかけることができてとても便利です。

では早速かけ方をみていきましょう。

友だちリストからかけたい相手を選択する

まずは友だちリストからかけたい相手を選択して、

その人の名前をタップしましょう。

無料通話ボタンをタップ

名前をタップすると下記のような表示が出てきます。

その中から真ん中にある無料通話のボタンをタップすると、

すぐ相手にかけることができます。

ワンポイントアドバイス

電話機能はトーク画面からも使うことができます。

トーク画面を開くと上の方に電話のマークがあります。

そのマークをタップすると無料通話の表示が出てきますので、

そのボタンをタップすればかけることができます。

やり取り中にかけたいという場合にはここからかけてみましょう。

【関連記事】

LINEタイムラインで画像や写真を撮って投稿してみよう【保存版】

LINEタイムライン広告やいいね足跡シェアなど徹底解説【保存版】

スポンサードリンク

電話通知は相手にどう伝わる?

電話をかけて出なかった場合に相手にどう知らせてくれるのか気になりますよね?

当然携帯自体にも表示はされますが、LINEのトーク上でも表示されるんです。

なので気付かないという心配がないのでいいですよね。

どう表示されるのかみていきたいと思います。

トーク上に表示される

出なかった場合は電話マークと不在着信というコメントが付いて

表示されるようになっています。

またこのボタンをタップすれば電話をかけることができるので便利ですね。

ちなみに、電話マークと時間が表示されていたら通話をした表示、

電話マークとキャンセルが表示されていたら相手が通話をやめたという表示、

電話マークと応答なしと表示されていたら長い時間かけたが、

LINEより相手が出ないということで終了になったという表示になります。

覚えておきましょう。

ワンポイントアドバイス

トーク上の通知の他にも普通の携帯での電話機能のところに

記録が残るようになっています。

その場合は名前の下にLINEと記載がされるようになっています。

是非、チェックしてみてください。

スポンサードリンク

まとめ

どうでしたでしょうか。

LINEでの電話機能は普通の電話機能とほぼ変わらないくらいに電波がいいので、

私自身友だちなどに電話するときは100%LINEで行なっています。

普通の電話は通話料金がかかってしまいますが、

LINEは無料なのでここの差はすごく大きいですよね。

是非、LINEで電話をかけてみてください。

【関連記事】

LINEタイムラインで画像や写真を撮って投稿してみよう【保存版】

LINEタイムライン広告やいいね足跡シェアなど徹底解説【保存版】

スポンサードリンク