スポンサードリンク

ボーナスは貯金する?いくらあってもできない人の特徴はこれだ!

社会人にとってボーナスは嬉しい臨時収入でもありますよね。

月々の給与の1ヶ月分や3ヶ月分など会社によって額は違ってきますが、

いつもの給与よりアップしてるのは確実。

支給された分をどう使うかを考えるだけでも楽しいですよね。

ただ、ボーナスが出たら考えなければいけないのがその使い道です。

私もボーナスの使い道はかなり悩みました。

今は結婚をし旦那のボーナスが出たら、

内訳を考えて貯金分をとっておいたりしていますが、

独身時代はほとんど貯金せず無計画に使っていました。

なので、気がつけば貯金にまわす分はほとんど残っていなくて、

なんで計画立てずに使っちゃったんだろうと

後悔したことがたくさんあります。

それこそ今でもあのとき少しでも貯金してたら、

将来使えるお金も増えたのになぁと考えることもしばしばです。

貯めるなら月々の給与よりも貯めやすいのにどうして貯金にまわせないのか、

と悩んでる人もいるのではないでしょうか。

今回はそんな貯金にまわせていない原因についてまとめました。

今リアルタイムで悩まれてる人こそ、必見の内容になってますよ。

スポンサードリンク

ボーナスが出たらもちろん自分のご褒美にあてる人

ボーナスが出るといつもの収入よりも多くなるので、

ついついお財布の紐も緩みやすくなりますしご褒美も色々と考えちゃったりしますよね。

私自身もボーナスが出たら貯金より先に自分へのご褒美を考えてました。

だって自分が頑張った分がボーナスとして支給されるんですもん。

頑張ったご褒美として少し奮発しちゃおうって思っちゃいますよね。

それがまさに貯金ができないサイクルに陥りやすくなってしまうんです。

ご褒美というとお金をそこまで気にせず自分に投資しちゃいますよね。

ましてやボーナスなんていつもの給与よりも多いので余計にお財布の紐も緩んじゃいます。

ただ、額を気にせず使ってしまうと当然ボーナスも残ることなく貯金にまわせません。

なので、いくらボーナスだとしてもご褒美はいくらまで!

と決めて使うようにしてください。

ご褒美だからこそ金額を決めて少しリッチに自分投資をしてみてください。

スポンサードリンク

貯金は大事だとわかってはいるけど後回しにする人

ご褒美だからこそ額を決めよう!

とお伝えしましたが、額を決めないとあれもこれもと

ご褒美のエンドレスになってしまいますよね。

これじゃあ特別感もなくなりますし、貯金にもまわせなくなります。

まずは、貯金分を先に考えてみてはどうでしょうか。

ご褒美も大事ですが、貯金も大事です。

さらに言えば、貯金は今後の自分の投資にも繋がるご褒美よりも

優先に考えなければいけないものでもあります。

そう考えると後回しにしてはいけないですよね?

貯金にまわせないのであれば、貯金額を決めて引き出さず、

そのまま預けておくか貯金用の銀行にその分を先に入れておくことをおすすめします。

そうすれば、あとに貯金分がない!貯金ができない!

って言ったことにはならないですよね。

ご褒美に使う前に、貯金分は別にとっておくように心掛けましょう。

そうすれば貯金がちゃんとできるようになりますよ。

自分の将来のためにご褒美より先にとっておきましょうね!

あとあと後悔しないためにもまず貯金と考えるようにしましょう。

スポンサードリンク

今できる物事ができないといい、後回しにする人

まず貯金分を別にしてご褒美より先に考えるようにすると上で紹介しました。

とは言いつつも、今これがやりたい!

っていう気持ちを抑えられない人も中にはいますよね?

私がそうなんですけど、思ったことをやらないと気が済まないので、

ボーナスが出て貯金分をとっておいてもこれ欲しいな!

と思っちゃうとついついそこからとってしまうんです。

ま、いっかという考えがだめなんですよね。

思いつきは本当にお財布の紐が緩みやすいので危険です。

なので、ご褒美分はこれだけだからと決められた範囲で使うようにする。

どうしても欲しい場合でも、

範囲内で収まらないなら諦めるか月々の給与で欲しいもの用に、

貯金をして買うかどちらかにしましょう。

思いつきの欲しいは今だけなことがほとんどです。

冷静になるために時間を少しおくことも大切でしょう。

思いつきほど痛い出費はないので、欲しいなと思っても冷静に必要なのか

今なのかをちゃんと見極めるようにしてみてくださいね。

まとめ

,

どうでしたでしょうか。

ボーナスだから普段買えないものを買ったり、少しリッチにしたいものですよね。

ずっと欲しかったものやこれを買うんだ!

と決めていたものは買ってもいいんです。

ただ、貯金分をちゃんととっておいて、

あまった分を自分のご褒美分にあてられたら最高です。

あれも欲しい、これも欲しいって言ってたら貯金なんてできません。

ご褒美はほどほどにして自分の将来投資のために、

貯金もしようと考えるようにしましょう。

そうすればきっと貯金はできるはずです。

貯金はあっただけ将来の自分のためになります。

あのとき貯金しておけばよかったと後悔しないように、

貯金分は別にとっておきましょうね。

スポンサードリンク