スポンサードリンク

婚約指輪を着けるのはいつ?結納の後?普段使いはOKなのか?

婚約指輪をプレゼントしてもらい、

今とっても幸せな気分なのではないでしょうか!

婚約指輪をつけるのに、社会的なルールや決まりは無いってご存知でしたか?

最近は多くの女性が、プレゼントしてもらったタイミングで、

自由に婚約指輪を受けている人が増えています!

では、早速詳しく見ていきましょう!

スポンサードリンク

 

婚約指輪はいつからOK?結納するなら終わってからがベター

ずっと憧れていた婚約指輪。

彼にプレゼントしてもらった瞬間から婚約指輪を付けたい!

と思いますよね。

私も「この間ついにプロポーズされたんだ〜」と嬉しそうに、

友人から婚約指輪を見せてもらった経験があります。

婚約指輪を付けるのに正式なタイミングはありません。

きっと多くの女性が、婚約指輪をもらったタイミングで、

婚約指輪を付け始めているのではないでしょうか。

しかし、婚約指輪は、正式に結納を執り行うという場合は、

結納が終わってからつけるのが良いと言われています。

正式な結納を行う場合、もともと婚約指輪は、結納の中で、

新郎様側から新婦様側に「婚約の記念品」として贈られるものだからです。

そのため、結納を行う場合は、結納で両家の親御様に、

きちんと指輪をお披露目をして、

その後に、婚約指輪を付け始めるのがベターでしょう。

しかし、最近では、結婚する際に、正式な結納を行う人が、

少なくなっています。

そのため、

「プロポーズの時にプレゼントしてもらった」と婚約指輪を紹介しながら、

好きなタイミングで付けている女性が増えてます。

スポンサードリンク

いつ着ける?婚約指輪って普段使いしてもいいの?

婚約指輪はこのタイミングで付けなければいけない!

という社会的なルールや決まりはありません。

そのため、婚約したら必ず婚約指輪をつけなければいけない!

という社会的なルールや決まりも同様にありません。

最近の若いカップルでは、特に婚約指輪はいらないから、

お揃いで時計を買ったりネックレスを買ったりと、

必ずしも指輪にこだわらない。

そんなカップルも増えていると聞いたことがあります。

しかし、せっかくプレゼントしてもらった指輪を

つけていた方がいいタイミングも存在します。

例えば、こんな時です。

・彼や両親に会う時

・結婚式の準備をする時

・フォーマルな場所

などです。

彼や両親に会う時

「こんなに素敵な指輪を贈っていただき、大切にしていただいています」

といった様に、しっかりと感謝の気持ちを表すことで、両親も喜ばれますし、

また、婚約指輪をプレゼントした彼自身も、嬉しそうな表情を見て、

喜んでくれます。

結婚式の準備をする時

結婚式の準備って楽しいこともありますが、大変な時もあります。

そんな時に、

これから本当に私たち結婚するんだ〜!といった実感が湧いてくる

これから二人で生きていく未来へ向かってワクワクした気持ちで準備ができる!

と前向きな気持ちになれると話していた友人がいました。

婚約指輪は、大変な時にモチベーションを上げるアイテムにもなりそうですね。

フォーマルな場所

「婚約中です」という正式なアピールにもなるのが、婚約指輪です。

指輪をつけた方がいい場合と、そうではない場合もありますが、

正式に報告した方が良い場所では、指輪を付けた方がいいでしょう。

この様に、絶対付けなければいけない指輪ではありませんが、

付けて置くことで、様々なメリットがあることも事実です。

スポンサードリンク

婚約指輪にきちんとした決まりはなかった!

正式な結納を執り行わなくなったことから、

婚約指輪は、自分の好きなタイミングで付ける方が増えてきています。

最近ではデザインも素敵な指輪がたくさんあるので、

ファッション感覚で普段使いする方も増えています。

付けた方が良いタイミングもありますが、

付けない方が良い場合も存在します。

例えば、勤めている職場で「婚約指輪の着用禁止!」などの社則がある場合や、

デザインが華やかで仕事の内容や雰囲気に合わない場合などは

付けない方が良いでしょう。

特に社則などは無いけど、職場に付けていっても良いか悩む場合は、

先輩や上司がどうだったのか、見てみたり、

相談できるのであれば相談してみるのも良いでしょう。

そして、最も婚約指輪を付けてはいけない場所は、

お葬式などのお悔やみごとです。

基本的にお葬式などでは、真珠以外の光り物や貴金属を身につけることは、

一般常識としてNGなシーンです。

婚約指輪も洋服など同じで、TPOに合わせて、

身につけることが大人としてのマナーです。

 

 

まとめ

婚約指輪には正式なルールがないことがわかりました。

もともと婚約指輪は、「婚約期間中に身につけるもの」であって、

結婚式で「結婚指輪」を交換するまでの期間に身につけるものですが、

最近では自由度が高く、オシャレの一つとして、

結婚指輪と婚約指輪を重ね付けするなどのオシャレなデザインもあります。

ぜひ、ご自身の好きなタイミングで婚約指輪を付けて、

婚約期間中のとびっきり幸せな時間を過ごしてくださいね。

スポンサードリンク