スポンサードリンク

入学祝いはいつ渡す?高校進学する親戚へのマナーをスッキリ解決!

小さいころから可愛がってきた甥っ子や姪っ子が高校入試を乗り越えて、

晴れて高校生になることが決まると、とっても嬉しいですよね。

そんな甥っ子や姪っ子に渡す入学祝い、

いつどれくらい渡したらいいのか知っていますか?

入学祝いで失敗してしまうと、

わだかまりになってしまうことも。

今回はそんな残念なことになってしまわないように、

入学祝いについてご紹介していきます!

これであなたも入学祝いのポイントをおさえて、

自分も相手もお互い気持ちよくお祝いしましょう!

スポンサードリンク

入学祝いはいつ渡すのが正しい?

入学祝いは高校入学が決まったらなるべくはやく渡すようにしましょう。

できれば、入学式の2週間から3週間前には届くようにするのがベストです。

入学式前のその時期には、高校進学してから使う制服や

教材などといったものをそろえている時期です。

なにかとものいりですので、この時期にお祝いを贈られるととても喜ばれます。

高校入学のお祝いを渡す時は、ひとつ注意しておきたいことがあります。

高校入試で失敗していた場合、浪人するという選択をすることは稀ですがあります。

確実に高校に入学することが決まってからお祝いを渡しましょう。

ここでタイミングを間違えてしまうとお互いに悲しくなってしまいます。

そんなことになってしまわないように、

情報はしっかり入手できるようにしておきたいですね。

スポンサードリンク

入学祝いの金額の相場ってどれくらい?

高校の入学祝いにつつむ金額は、あなたの社会的な立場や

甥っ子姪っ子やその両親との普段の付き合いの深さによって変わります。

甥っ子や姪っ子であれば、10,000円から30,000円が一般的です。

高校への入学は家計に大きな負担になっていることも多いです。

このことも頭の片隅に入れておいてくださいね。

もし、あなたのお子さんが入学祝いをいただいているのであれば、

それと同額をつつみましょう。

入学祝いには”お返し”はしません。

ですので、あまり高すぎる金額をつつんでも、

プレッシャーに思われてしまいます。

また、第二子以降の子にも同じ金額を包まないといけないので、

そのことも頭にいれて金額を決めましょう。

スポンサードリンク

喜ばれる贈り物ってどんなもの?

高校の入学祝いであれば、

腕時計電子辞書名前入りのペンといったものも喜ばれます。

腕時計や電子辞書は高校に入学してからは

使う頻度が一気に高くなります。

これを機に新しいものや高機能なものを持つという人も増えます。

また、ペンは長く使ってもらえることが多いです。

おすすめのブランドのものをプレゼントしてもいいですよ。

高校が家から離れているのであれば電車やバスでの通学になることが多いので、

パスケースを選んでも喜ばれます。

高校生になると、自分の好みはかなり決まってくるものです。

甥っ子姪っ子本人の希望を聞いて選ぶといいですね。

もし可能であれば、一緒にお店に行って選ぶのがベストです。

贈り物でお祝いするのであれば、甥っ子や姪っ子の本人の希望を聞くのも

もちろん大切ですが、彼らの両親ともしっかり相談しましょう。

両親からのプレゼントとして用意しているものと

自分が贈るものが被ってしまうと大変です。

また、品物によっては家庭のルールで

持たせないことにしている場合もあります。

贈り物をするときは事前のリサーチをしっかりしておきましょう!

スポンサードリンク

まとめ

高校に進学する甥っ子や姪っ子に渡す入学祝いについてご紹介してきました。

よっぽどのことがない限りは一般的な10,000円から30,000円の

範囲内におさめるようにしましょう。

入学祝いにお金ではなく、贈り物をするのもおすすめです。

贈り物にはこれからの高校生活や人生で長く使い続けるものが喜ばれます。

甥っ子姪っ子本人やその両親とも確認しつつ、選んでくださいね!

高校入学は80年近くある長い人生で一度しかありません。

晴れやかな気持ちで新しい生活を始めてもらえるように、

「これなら絶対に喜ばれるはずだ」

なんて決めつけずに事前にリサーチをしっかりとして

後悔のないように選んでくださいね!

スポンサードリンク