スポンサードリンク

定年退職される人へのメッセージとは?上手な一言で上司に感謝!

みなさんのみじかな方でもうすぐ定年退職を

迎えられる方はいらっしゃいますか?

定年退職と言うのは、長い勤務から解放され

新しい第2の人生をスタートさせる、

その人にとって素晴らしいものです。

今まで仕事に全力で取り組んできた分、

どんな人生を送って行こうかわくわくしている方も

中にはいるのではないでしょうか。

そんな上司を送るとき、今までの感謝の気持ちをこめて

送り出そうと考えている人も多いはず!

私も、お世話になった上司にどんなメッセージを

送ろうかずっと考えてたときがありました。

メッセージと言うとストレートな気持ちを伝えたいなと思う反面、

上司だからマナーはわきまえないといけないなと

考えに考え、メッセージを送ったのを思い出します。

今回は、定年退職を迎える上司に

どんな内容のメッセージを送ればいいのか

一緒に贈る品についてまとめてみました。

参考にしてみてくださいね!

スポンサードリンク

こんな文章なら上司も涙する!?

メッセージって本当に難しいですよね!

友達に送るような馴れ馴れしいメッセージだと失礼だし、

かと言って文章全体がかたいものだと

上司との間にものすごく壁を感じてしまうし・・・

上司だからこそメッセージ内容を考えるのが難しいんです。

私もこのメッセージ内容を考えるのにも苦労しました。

「長い間、お勤めご苦労様でした。これからも身体に

気をつけてお過ごしください。」

この内容でも問題はないですが、なんか味気がないですよね?

では、どんな内容がいいんでしょうか。

さっきの文章にプラスして、その上司との

エピソードを加えてあげればいいんです。

例えば、

「◯◯さんとは休みの日にも釣りに付き合ってもらったり、

社内だけでなくプライベートもたくさんお世話になりました。

これからは一緒に仕事をする機会がなくなり寂しいですが、

プライベートではまたお付き合いの程よろしくお願いします。

身体に気をつけてお過ごしください。」

こんな風にメッセージを送ってみましょう。

きっと上司も喜んでくれるはずです!

ぜひ、エピソードを交えて文章を考えてみてくださいね!

スポンサードリンク

メッセージだけでは味気ない?

心のこもったメッセージ、きっと上司は喜んでくれるはずです。

ですが、メッセージだけでは味気ないですよね?

せっかくの定年退職という素晴らしい門出です。

メッセージだけでは華やかさにかけてしまいます。

なので、メッセージにプラスして何か品を贈るのはどうでしょうか。

やはり、多いものとして花束ですよね。

テレビでもドラマかなんかで定点退職のシーンに、

花束を贈るシーンを何度か見たことがあります。

いろんな色の花がたくさん詰まった花束を贈られて、

喜ばない人なんていないですよ。

ぜひ、華やかさがある花束を贈ってみてはどうでしょうか。

あとは、プリザーブドフラワーもおすすめです。

このプリザーブドフラワーは、枯れないのが特徴的!

せっかくきれいな花束なのに、枯れてしまう・・・

そんな心配がいらないんですね。

また、枯れないのにかけてずっと輝かしい人生を送って

くださいと言う意味を込めて贈るのもおすすめですよ!

スポンサードリンク

一緒に贈るお花の相場

メッセージとともに、お花を添えて上司に贈るのがおすすめですが、

お花の相場はどれくらいなんでしょうか。

その上司との関係や親密度合いによっても金額は上下していきますが、

大体の相場として5千円から1万円くらいをみておくといいでしょう。

花束の大きさによって金額もだいぶ違ってきてしまうので、

サイズ感も見て購入することをおすすめします。

あとは、花束の中にバラやユリなどの花を一緒に入れて

あげると華やかさが増しておすすめです。

さらに、バラ8本だと

「あなたの思いやり励ましに感謝します。」

ユリ全般に

「威厳」

紫色のユリに

「気品・尊敬」

と言う花言葉があるんです。

なので、花言葉の意味も込めて上司に贈るのもおすすめですね。

スポンサードリンク

まとめ

上司に贈るとなるといろんなことに気を遣ってしまいますよね。

私も失礼のないようにと思って、かなり神経使いました。

そんな中でも大切なのは、上司に対する感謝の気持ちです。

これがなきゃ贈る意味ないです。

日頃お世話になった気持ちをしっかり込めて贈ってくださいね。

スポンサードリンク