スポンサードリンク

芋掘りの疑問を解決!服装はどんなものがオススメか?子供編!

秋の味覚と言えば、さつまいもですよね。

焼き芋にしたりさつまいもごはんにして食べたり、

スイートポテトなどのスイーツにしたりと、

いろんな食べ方がありますよね。

幼稚園や保育園では秋の遠足行事として芋掘りをすることが多いです。

園からは「長袖長ズボン」を指定されていても、

正直、どんなものがいいのか悩むところですよね。

動きやすいもの、汚れてもいいもの、といっても、

どんな服を選べば汚れにくいのかよくわかりません。

そこで、今回は芋掘りの時の子どもの服装についてご紹介していきます。

子どもの服装で注意したいポイント、必要なもの、

おすすめの服装をご紹介していきます!

スポンサードリンク

芋掘りの際の服装で注意する事は何か?

芋掘りの日はとにかく汚れます。

芋を掘るときに汚れるのはもちろんですが、子どもは土でとにかく遊びます。

いつもの砂場での遊びとは違う楽しさを見つけて、

大人が想像しないような遊び方をします。

子どもたちにとって「汚れてしまう」という発想は全くありません。

大切なのは今が楽しいかどうかなのです。

穴を掘って遊んでみたり、土に寝っ転がってみたり……。

見ているだけでいろんなところから

土が入ってしまうのではないかとひやひやさせられます。

と、こんな風に遊んでドロドロになるので、

芋掘り当日は汚れてもいい服装にしましょう。

そして、この汚れ、お洗濯でなかなか落ちてくれません。

もう処分していいかな、と思えるものを着せるのがいいですね。

そして忘れたくないのが動きやすいこと。

芋掘りは野外での活動です。

野外での活動の基本は動きやすい服装をすることです。

なので、下はズボンをはかせるようにしましょう。

また、芋の茎やはえている草などでかぶれてしまう場合があります。

長袖長ズボンで直接肌に茎や汁などが触れないようにしましょう。

スポンサードリンク

長袖と長ズボンがあれば問題ないのか?

では、長袖と長ズボンがあれば問題ないのでしょうか?

長袖長ズボンだけではなく、帽子や軍手も準備が必要です。

日差しの強い日や暑い日であればこれにプラスして帽子が必要です。

芋掘りをするのは秋ですが、秋とは言えまだまだ暑い日もあります。

動き回る子どもにとっては邪魔かもしれませんが、

直射日光を少しでも和らげるために帽子を準備しておきましょう。

また、芋掘りをするときは軍手が必要です。

素手で芋掘りをすると茎や汁などで手がかぶれてしまいます。

また、素手のまま土を触ると、

爪に土が入って後で大変な思いをすることになります……。

幼稚園保育園から指示があると思いますが、忘れずに準備しましょう。

ほかにはスモックがあると汚れにくく便利です。

スモックはおすすめな服装ですので、次にじっくりご紹介していきます!

スポンサードリンク

子供におすすめな服装はベスト3!

それでは、子どもにおすすめの服装をご紹介していきます!

これを参考にして準備してくださいね!

スモック

首回りと手首がゴムになっているものがおすすめです。

土の上で寝っ転がってしまっても、ゴムで閉まっているので、

首元から土が入りにくくなっています。

子どもって、土を掘ってできた穴に手を入れたくなるんですよね。

穴に手を入れると、袖からドンドン土が入っていく……

でも、手首がゴムになっているスモックならそんな心配いりません!

靴+靴下

長靴は上の部分から土が入ってくるのでおすすめではありません。

では何がいいのかというと、

靴の上からパパのいらなくなった靴下をはかせるのがいいんです。

靴下の中にズボンのすそも入れてしまえば、

転がったりしても土が入ってくる隙間がないので、汚れません!

使い終わったら、靴下はもう捨てちゃえるので、洗濯いらずでラクチンです。

※幼稚園保育園から長靴の指定がある場合はそれに従ってくださいね。

長靴の場合は、はきぐちの部分を紐でしぼれるタイプのものが

土が入りにくくなるのでおすすめです。

汚れても気にならない服

何と言っても、汚れてもいい服を着ることが大切です!

芋掘りではとにかく汚れます。

そして、この汚れって、洗濯ではなかなか落ちてくれないんです!

なので、芋掘りの時は、もう捨ててしまってもいいかな、

と思えるものを着せましょう。

ちなみに、黒色の服が汚れが目立ちにくいですよ。

スポンサードリンク

まとめ

芋掘りの行事でのお子さんの服装についてご紹介してきました。

注意したいのはとにかく汚れることと草などに触って

かぶれが起こってしまう可能性があることです。

なるべく肌を出さないような長袖長ズボンを着せてあげましょう。

また、子どもはとにかく動き回ります。

動きやすいものを着せてあげたいですね。

長袖長ズボン以外にも帽子や軍手が必要です。

こちらの準備もしっかりしておきたいですね。

おすすめの服装は汚れてもいい服、スモック、パパの靴下でした。

芋掘りでは予想もつかないようなところが汚れることがあります。

念には念をいれて汚れ対策をしていきましょう!

スポンサードリンク