スポンサードリンク

新幹線の多目的室で授乳ができる!ママ必見の新幹線授乳情報!

旅行や帰省で長距離移動の多いこの時期、初めての赤ちゃん連れでの

長距離移動を計画しているママはいらっしゃいませんか?

移動に公共の乗り物を利用する場合、小さな赤ちゃんを連れて果たして

無事に乗れるかどうかとっても不安ですよね。まさに大冒険です。

長距離移動は大のおとなでも疲れてしまうもの。

我が子は耐えられるのかしら…どうしても怖気づいてしまいます。

今回はそんな頑張る新米ママへ、これを知っておけばもう安心!

という意外と知らない新幹線で利用できるサービスをお伝えいたします。

スポンサードリンク

新幹線には授乳できる多目的室がある!?

新幹線には「授乳室」という名前は付いていませんが、

人目につかずに授乳できる部屋があります。

「多目的室」と呼ばれる部屋です。

多くは車両の連結部分(トイレが設置されている場所と大体同じです)に

約一坪ほどの小さな部屋が設置されており、その名の通り多目的に使える部屋です。

よく電車を利用する方は一度は目にしたことがあるのでは?

この部屋は一般乗車客むけに開放してあるので、

誰でもどんな目的でも利用できます。

(常識の範囲内で)もちろん授乳時にも利用できます。

(ちなみにわたしは我が子が乳幼児期に

電車を利用するときはほぼ毎回利用していました)

乳幼児を抱えた長距離移動で一度も授乳せずに、

乗り切るというのはけっこう難しいですよね?

授乳ケープなどを使い座席で授乳することももちろん可能ですが、

正直あまり人目のある場所での授乳は避けたいですよね。

緊張してしまいおっぱいの出も悪くなりますし、

なによりママも赤ちゃんも落ち着けません。

多目的室のように利用できるものがあるのですから大いに利用してください。

スポンサードリンク

利用には車掌さんに一声!

ではどうやって利用すればよいのか?車掌さん(あるいは乗務員の方)に

「お借りします」と一声かけるだけです。

特別な手続きや予約などは一切不要。

タイミングよく空いていればすぐに利用することが出来ます。

(まさにトイレと一緒です)

ただし他にも利用したい人がいるので、なるべく長居はしないようにしましょうね。

(突然具合が悪くなった時一時的に休んだり、不測の事態で着るものを汚してしまい緊急で

着替えをする場合にもよく利用されます)

赤ちゃんがどのタイミングでおっぱいの時間になっても慌てないように、

座席につく前に多目的室の場所を確認し、

車掌さんに赤ちゃんを連れていることを事前に伝えておくとより安心ですね。

また指定席で座席を予約する場合は多目的室が近い車両を選ぶことも可能ですので、

ぜひ試してみてください。

赤ちゃんを連れての長距離移動の準備はやりすぎくらいで丁度よいのです。

スポンサードリンク

遠慮せず利用することが赤ちゃんのため!

車両内は赤ちゃんにとって「非日常的な空間」です。

環境の変化に敏感な赤ちゃんはどうしても情緒が乱れてしまうもの。

いつもは大人しい子が急にグズってしまうとか、

普段ならお昼寝している時間に全然眠らないとか、

不測の事態が起こることが当たり前なのです。

赤ちゃんは慣れない環境に戸惑い、ママはいつもと様子が違う我が子に焦り、

その焦りを察して余計に赤ちゃんは不安定になり…もう負のループですよね。

もしかすると場合によっては周りの乗客に迷惑がかかることも。

(世の中ほんとうに色んな人がいますからね…)

ママが頑張りすぎて無理に我慢する必要はありません。

むしろ不測の事態を回避できるシステムは積極的に利用するべきです。

ママが遠慮して利用できるサービスを我慢してしまうと、

慣れない環境に頑張って耐えている赤ちゃんに可哀そうな思いをさせてしまいますよ。

スポンサードリンク

まとめ

せっかくの赤ちゃんとの旅行、できれば楽しい思い出にしたいですよね。

この新幹線の多目的室のシステムは知らないと損です。

困ってしまったときには大いに活用すべきです。

授乳の他にも子供が急に吐いてしまったりおもらしをしてしまい、

緊急に着替えをしたいときや、

どうあやしても泣き止まず一旦静かなところに避難したいときなど、

空室の時は利用してみるとよいでしょう。

新幹線では他にもいろいろな面で困ったママの助けになってくれますよ。

例えば

・お湯を温めてくれる

・電子レンジを使用させてくれる

・簡易ベッドを使用できる

・おむつ交換のシートがある

・急に具合が悪くなり一旦横にさせてあげたい

など、利用する車両やタイミングによって出来る出来ないはありますが、

とても親切に対応してくれます。

訊ねてみるのはタダです。積極的に聞いてみてください。

わたしも以前、車内で哺乳瓶をもってウロウロしていたときに、

乗務員さんが給湯室でお湯を分けてくださったときは、

本当に感激してしまいました。

大船に乗ったつもりで赤ちゃんとの旅行にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク