スポンサードリンク

食べ過ぎた時の対処法はいつやればいい?翌日の対策はコレだ!

自分では気をつけているつもりでも、飲み会が重なると

ついつい食べ過ぎたり飲み過ぎたりしてしまいますよね?

せっかく体重をコントロールして、少しは痩せようと思っていても

お付き合いが多いとそうもいきません。

今日も飲み会、明日も飲み会では胃も心配です。

お付き合いも辛いものですね。

そんなサラリーマン生活をしていると、太ってしまうのではないかと気になりませんか?

ルックスだけでなく、健康面でも気がかりですね。

つい、うっかり食べ過ぎた時の対処法はあるのでしょうか。

翌日にやるべき効果的な対策とはどんなものでしょう。

よくある疑問にお答えすべく対処法を探ってみたいと思います。

スポンサードリンク

食べ過ぎた時は翌日に太る!?

食べ過ぎてしまった日の翌日にヘルスメーターに乗ると、

2、3キロ増えていることがよくあります。

「やっぱり昨日の晩の食べ過ぎが原因だ」

「こんなに太っちゃった」

と嘆く声が聞こえてきそうですね。

でも、これって本当に太ったのでしょうか。

『太る』ということは体脂肪が増えたということすが、

人の体は食べたものがすぐに脂肪に変わることはないのです。

食べ物を分解・吸収し、体脂肪に変わるのは、

最低でも3日はかかると言われています。

翌日に2キロ増えたのは、太ったわけではなく、

食べ物に含まれている水分が原因なのです。

食べ過ぎたり、飲み過ぎたりして体内に入り込んだ水分が

一見して体重増加に見えるわけですね。

食べたものはまずエネルギーとして使われて、

余りが脂肪となって体内に蓄積される仕組みになっています。

翌日に体重が増えてもすぐに太るわけではありません。

食べ過ぎによる2キロの体重増加は誤差の範囲と考えて良いでしょう。

でも、安心するのはまだ早いですよ。

食べ過ぎた翌日から3日間を普通通り過ごしていたら、

食べ過ぎたものが脂肪となって本当に太ってしまうかもしれません。

それを避けるためには、やはりリセットする必要があるようです。

スポンサードリンク

次の日の効果的な対処法とは!

食べ過ぎ、飲み過ぎの翌日は胃がもたれて食欲がない場合もありますね。

そんな時には朝食を無理に取る必要はありません。

しかし、昨日食べ過ぎたから今日は食事を抜こうと考えていたら、

それは間違いです。

食べ過ぎた翌日には食物繊維を多く取るようにしましょう。

食物繊維には水溶性と不溶性の2種類がありますが、

水溶性の食物繊維には腸での脂肪の吸収を抑える働きがあるのです。

水溶性の食物繊維が含まれている野菜はキャベツ、大根、玉ねぎ、ごぼうなどです。

これらの野菜をたっぷり食べてリセットすることをお勧めします。

また、ご飯など糖質のものは少し控え目に食べると良いですね。

絶食はストレスが溜まるばかりで、精神的にもよくありません。

翌日は、胃腸に優しい、軽めの食事をとりましょう。

また、いつもより多めの水分を取るようにするのも

食べ過ぎをリセットするのに効果があります。

水分を取ると、代謝が上がり、消費カロリーを増やすことにつながります。

お茶やミネラルウォーターなど飲むと良いでしょう。

スポンサードリンク

定期的な運動が一番!

人の体は、起床後が一番代謝が低くなっています。

朝起きてからだんだん代謝が上がっていき、昼間にピークを迎えることになります。

そのため、一番代謝が低い朝に軽い運動をして

代謝を上げてあげるのも良いリセット方法です。

朝、運動で代謝を上げると、代謝の高い状態が長く保たれて、

1日の消費エネルギーを多くすることができるのです。

とはいっても、朝からジョギングは大変かもしれませんね。

汗をかくほどの運動でなくても大丈夫です。

ラジオ体操のような軽い運動でも効果はあります。

軽めの運動でも、定期的にやるのが一番良いのです。

通勤の朝に、少し早めに家を出て、

一駅分先のバス停でバスに乗るのも良いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

まとめ

おつきあいの飲み会などでついうっかり食べ過ぎたからといって、

すぐに太るわけではありません。

食べたものを消化し、体に取り入れるまでには、3日ほど時間がかかります。

それまでにリセットできれば体重は元に戻ります。

食べ過ぎ、飲み過ぎた翌日は、軽めの食事を心がけ、

水溶性の食物繊維を含んだ野菜をたっぷり食べるようにしましょう。

水溶性の食物繊維には、腸での脂肪の吸収を抑える働きがあるのです。

また、水分を多く取ることも忘れないようにしましょう。

水分の補給で、代謝が上がり消費カロリーを増やすことができます。

運動によっても代謝を高めることができます。

定期的に朝の軽い運動を行なって代謝を高め、

消費カロリーを多くすることで食べ過ぎをリセットできるのです。

スポンサードリンク