スポンサードリンク

食べ過ぎた時の対処法!ダイエットのための運動&キープする方法!!

新年度のはじまりは、歓送迎会やお花見など職場でもプライベートでも

飲み会が多い時期ですよね。

日頃体調管理に気を付けてきたのに、

この時期に体重が増えたり生活習慣が乱れたりする方、多いのでは?

わたしなど、お財布事情も乱れるとあって非常に困窮しております。

この後にひかえるゴールデンウィーク(今年はなんと最大11連休!)に

元気いっぱい遊ぶためにも、ここらで乱れた諸々を取り返したいところです。

今回は、頻回の飲み会で意図せず増えてしまった

体重を戻しキープする管理方法をご紹介します^^

スポンサードリンク

日常的に運動することが一番!

体重と体脂肪の乱れは、イコール基礎代謝の乱れ。

この基礎代謝の乱れの原因は、

筋力の低下と必要な栄養素の不足によって起こります。

飲み会の多いこの時期、生活習慣や食生活が不規則になるので、

代謝の乱れを身をもって体感している方もいるのでは?

身体がなんだかだるく、重たい感じ。

特に筋肉量の低下は基礎代謝の低下に直結している

と言って過言でないほど密接に関係しています。

しかし、ここで慌ててジムに行って猛烈に

筋力トレーニングを始めたりするのは身体にも負担をかけますし、

大体にしてまぁほぼ無理というものですよね。

基礎代謝を高める(あるいは正常に戻す)のに最適なのは、

身体が驚かない程度の適度で継続的な有酸素運動。

時節的なものによる急激な体重や体脂肪の増加の時こそ、

日常的な運動がモノを言うのです。

「太り始めた時期」と「痩せ始める時期」が重なってしまい、

その体重の振り幅が広いということは、

ご存知リバウンドの原因ともなるからです。

リバウンド、怖いですよね。

「体重や体脂肪を元に戻す」というよりは、

「生活習慣を日常に戻す」という感覚で

取り組んでいただければ良いかと思います。

スポンサードリンク

なかなか運動できない人はこれがお勧め!

働き盛りの社会人のみなさん。

定期的にジムに通いプログラム通りのトレーニングを積むのは、

これ、余裕がないと中々できませんよね?

そんなライフスタイルの人が居たら、

優雅な生活してるなぁなんて羨望の目でみてしまいます。

マラソンやジョギングも、くたくたに疲れて帰ってきてからはしんどいな…

という方にお勧めの室内でもできる

簡単な有酸素運動や筋力トレーニングをご紹介いたします。

踏み台昇降

段差のある所を一段ずつ上って降りるを繰り返すだけ。

または、エレベーターやエスカレーターを利用せずに階段を利用するなど。

フラフープ

子どものころに一度はやったことがあるのでは?

100円ショップやホームセンターなどで購入可能な小さなものでもかまいません。

このフラフープ、実は30分で約300㎉ものカロリーを消費するので、バカにできません。

お腹周りの筋肉を刺激し、ウエストの引き締めに効果的。

スクワット

筋トレの代表格。

スクワットは、太ももの大きな筋肉を使うので、

筋力アップに絶大な効果があり基礎代謝の向上にも効果大。

太りにくく、かつ痩せやすい身体作りの近道です。

ヨガダンスエクササイズ

「やったことがない」なんて消極的なことは言わないで!

実はこれ、一番気軽に取り組めるトレーニングなのです。

必要な道具もなく、身体ひとつあればできてしまい、

動画サイトを検索すればありとあらゆるレクチャー動画が無料で閲覧できます。

また音楽はトレーニングをスムーズにし、なにより楽しい気分でできますよね。

特別な道具や場所がなくても大丈夫。

もちろんお金をかけることなく取り組めるので、

ぜひ試してみてください。

スポンサードリンク

突然痩せることも太ることもない事を自覚しよう!

前述した通り、体重が増えたからといって急激に減量するのは身体に負担をかけ、

基礎代謝が安定しないためかえって逆効果。

毎日かかさず(特に朝晩二回)体重を図る方ならお分かりかと思いますが、

実は体重の+-1~2㎏は誤差だと認識していただいてかまいません。

物を食べたすぐ後と空腹状態では、

1~2㎏の差はさほど珍しくありませんし、

就寝前と起床後や、運動前と運動後もまたしかり。

太った、痩せたと確実に言えるのは通常の体重から3~5㎏の差があった時。

一日や二日程度の期間では3~5㎏太るということはほぼありませんよね?

ということは同じように、誰しもそんな短期間では痩せないということ。

(逆に一日や二日の間で5㎏近く痩せてしまった場合は、

体調に何らかの異変が生じていると用心してください)

短期間で体重を増やしたり減らしたりしてしまっては、

身体全体がうまく整わず、太りやすく痩せにくい体質になってしまいかねません。

しつこいようですが、ダイエット失敗の原因は

【筋力の低下と栄養不足による基礎代謝の低下!】

焦って減量しようとせず、これを肝に命じてくださいね。

スポンサードリンク

まとめ

 

自分の身体とは、途方もなく長い長いお付き合い。

医療がどんどん発達し、いまや80歳を超えても特段ご長寿ではない時代。

悪いことはいいません!自分の身体とは思っている以上に

長い付き合いになりますので、若さだけに頼らず、

少し体調管理が乱れたなと思ったらすぐに

日常を取り戻す取り組みをしてみませんか?

体重や体調も、乱れが少なければ少ないほど戻しやすいのは明らか。

乱れが少ないうちなら、上記のように特別な

トレーニングや食事制限をせずとも簡単に正常に戻すことが可能です。

飲み会が多いこの時期、せっかくの機会です。

この機会にちょっとだけ、自分の身体と

向き合ってみるのも悪くないかもしれませんね。

スポンサードリンク