スポンサードリンク

部屋の湿気がやばい!かんたんにできるカビ対策と対処法を伝授!

だんだんと暖かくなってくると出てくるのが湿気ですよね。

特に梅雨の湿気はピークにひどく、湿気に困ってる人も多いはずです。

私が以前住んでいたマンションは結露がひどいところで、

梅雨の時期や冬の時期など窓やドアに結露がたくさん出ていて

毎日ポタポタと水が垂れていました。

さらに、私の部屋自体も湿気がすごくて窓だけでなく、壁もシメーっとした感じでした。

換気はするものの、日陰の位置だったのもありなかなかうまくできず。

掃除をするたびにカビが発生していないか確認していました。

あの確認作業も嫌で嫌で仕方がなかったのを覚えています。

あとは、私の友人にも湿気に悩んでる人がいて結露が多く、

対策はしているものの対策しきれないくらいの結露が出て困っていました。

湿気取りの置くやつもすぐ水でいっぱいになっちゃうそうです。

本当に湿気って高すぎたり低すぎたりはだめですよね。

ちょうどいい高さがベストです。

湿気=カビと考える人も多いのでは?

私はまさにその考えのひとりです。

今回は私と同じように考える人や今まさに湿気で悩んでいる人必見な内容になっています。

ぜひ、チェックしてください。

スポンサードリンク

部屋の湿気が気になったら!すぐにできる対処法

玄関ならまだしも部屋の中が湿気にやられると最悪ですよね。

私も押入れが湿気が多いところだったので本当に最悪でした。

だって、拭いても拭いても消えない結露。雨の日なんて最悪すぎますよね。

そんな湿気が気になったらすぐできる対処法がベスト!

さらに欲を言えばかんたんにできちゃうのがベスト!

そんな方法はあるのでしょうか。はい、あります!

まずは、湿気がこもっているところの扉を開いて換気させ、

部屋全体の空気の循環をよくしましょう。

そのときに、除湿をつけておくとプラスαになっていいです。

さらに、100均でもドラックストアにもどこでも売っている

重曹を置いてあげるといいでしょう。

重曹は湿気を取ってくれる効果かあるので。

湿気対策にはもってこいのアイテムでしょう。

私自身は扉を開けて空気を循環させることをやってました。

そうするとこもっていた湿気も空気の循環でスッキリしてましたね。

湿気特有の匂いも取れた気がします。

この方法はすぐにでもできちゃうので、ぜひ実践してみてくださいね。

湿気がひどいとカビが心配!部屋の湿気対策

空気の循環はお金なんてかからずすぐできちゃうので、すごい楽ですよね。

全部の湿気が取れなかったとしてもこもらないのはいいことです。

湿気ってひどいとカビまで繁殖させてしまうので、本当厄介なんですよね。

カビが発生しないならまだ見て見ぬふりができますが、カビは見て見ぬふりはできません。

カビの繁殖も早いので、カビが発生しないように気をつけないといけないです。

やはり、こういうときこそ

扉を開けて空気の循環!

さらに、湿気の多いところに新聞紙を敷いておくと湿気を吸収してくれるのでおススメです。

ちゃんと、湿気のところを拭いてから新聞紙をおくようにしてみてください。

空気を循環させて湿気を吸収することができれば、

まだひどい湿気から解放されるようになりますよ。

新聞紙なんて読んだら捨ててしまうもの。

こういうところでちゃんと使えるものなので、捨てずに湿気対策として使っちゃいましょう。

私も押入れの中に新聞紙敷いてました。

敷いてるのと敷いてないのでは違うなぁと感じたので、ぜひ試しにやってみてください。

スポンサードリンク

湿気をやっつけてカビ対策もバッチリ!快適な部屋にしよう!

カビは湿気が大好物です。

湿気が多ければ多いほどカビは喜んで繁殖していきます。

厄介と言えば厄介ですが、ちゃんと湿気対策さえしていれば、カビの繁殖は抑えられます。

部屋の換気はもちろんのこと、除湿をして湿気を取り除き、

湿気がたまりやすいところには重曹や炭などを置いて湿気を吸収させる。

これさえできれば少しは湿気を抑えることができ、カビの繁殖も抑えられますよ。

少しの意識さえ変えれば湿気は抑えられます。

完璧に全部取り除くことは厳しいかもしれないですが、

少しでも抑えられるだけでも繁殖にストップをかけれるので違いますよね。

快適に暮らしていくためにも湿気対策は重要です。

特に、一人暮らしをしている場合だと自分以外に誰もやってくれません。

日頃の生活の中で少しだけ意識を変えてみましょう。

まとめ

どうでしたでしょうか。

カビって繁殖するとにおいもするので最悪ですよね。

繁殖力も凄まじいし、厄介中の厄介です。

こまめな意識って本当に大事で、

私自身自分の部屋の湿気を対策するために換気を徹底したり、

除湿剤を置いたりしてカビが発生しないように気をつけていましたね。

そうすると湿気は消えることはなかったですが、カビの繁殖は抑えられました。

カビがあるのとないのでは全然違いますよね。

一人暮らしだとなかなか掃除の時間と確保できなかったりするので、

意識を変えることで抑えられるならかんたんですし、

すぐできちゃいます。面倒だと思わずまずはやってみましょう!

スポンサードリンク