三井グリーンランド特集!注意すべきアトラクションの身長制限!

スポンサーリンク

コースターなどの絶叫系アトラクションが豊富な三井グリーンランドは、

身長制限があるものが多数あります。

身長制限のほかにも年齢制限があるアトラクションもあるので注意してくださいね。

 

今回は、身長制限や年齢制限のあるアトラクションを

ピックアップしてズラリ並べてみましたよ。

遊びに行く前に見ておけば計画が立てやすくなりますよ。

 

しかし三井グリーンランドのアトラクション数はなんと81種類!

「身長制限をクリアできなくて乗れないものがたくさん…」

なんてことにはならないので、どうかご安心を!

 

そのほかにも、アトラクションを上手に回り満喫するためのコツも載せてみましたので、

是非とも参考にしてみてくださいね。

 

 

アトラクションの身長制限があるものをご紹介!

冒頭でもお伝えしたとおり、三井グリーンランドには

身長制限があるアトラクションがあります。

年齢制限もありますよ。

 

そこでこちらの項では、身長制限と年齢制限のあるアトラクションを集めて載せました。

 

遊びに行く前に是非とも参考にしてみてくださいね。

 

ウェーブスインガー

120cm以上、小学生以上

 

4Dギミックシアター「澪」

100cm以上

 

グランパスジェット

110cm~200cm

 

ミルキーウェイ「織姫」座り乗り

120cm以上、64歳以下

 

ミルキーウェイ「彦星」立ち乗り

130cm以上、64歳以下

 

インディーカート(1人乗り)

130cm以上

 

インディーカート(2人乗り)

運転手は140cm以上、相乗り2歳以上

 

スカイジェット

小学校5年生以下は中学生以上の同伴が必要

 

恐竜コースター「GAO」

130cm以上、64歳以下

 

プテラノドン

90cm以上

 

NIO

130cm以上200cm以下、64歳以下

 

ウルトラツイスターメガトン

120cm以上

 

急流すべり「パニックジャングル」

3歳以上

 

お化け屋敷「地獄堂」

3歳以上

 

スーパーバイキング

120cm以上、64歳以下

 

ジャイロストローム

120cm以上、7歳以上64歳以下

 

スターフライヤーゴクウ

120cm以上、64歳以下

 

GTゴーカート(1人乗り)

小学校3年生以上

 

GTゴーカート(2人乗り)

運転手は小学校5年生以上、相乗り3歳以上

 

スピンマウス

120cm以上、64歳以下

 

ドラゴンリバー

110cm以上

 

巨大立体迷路「KARAKURI城」

2歳以上

 

魔上のフライングトリック

4歳以上

 

スフィンクスコースター

3歳以上

 

ブラックホールコースター

5歳以上

 

スプラッシュ

110cm以上

 

バンパーボート(1人乗り)

小学校5年生以上

 

バンパーボート(2人乗り)

3歳以上

 

身長制限で注意すべきことは?要チェック!

 

そもそもアトラクションによって身長制限があるのはなぜなのか?

もちろん条項中の事故を未然に防ぐためです。

 

ジェットコースターなどのアトラクションには

ハーネスや安全バーなどのいわゆる「セーフティー装置」が設置されていますね。

 

アトラクションの規定に身長が満たないと、このセーフティー装置が機能しないのです。

 

ハーネスで体を固定することができなくなったりするわけですね。

 

そうなると、例えばとんでもない高さまで上昇するアトラクションから

落下してしまうなどの悲惨な事故が起きてしまいます。

 

アトラクションのゲート前には簡易的に身長を計るための看板が設けられています。

 

たとえ1cmでも身長が満たないと乗ることはできません。

もはや自己責任という次元の話ではないのです。

 

安全のためにも身長制限は厳密に守るようにしましょう。

お子さんの命には代えられませんものね。

 

そして年齢制限は、安全面を考慮するとともに

「そのアトラクションが与える刺激に耐えられるかどうか」

という基準のもとに定められています。

 

小さなお子さんはもとよりご高齢の方にも制限が設けられているのはこのためです。

 

以上の理由から、身長制限と年齢制限は誤魔化すことなく

しっかりと守るようにしましょうね。

 

 

アトラクションを楽しむ方法3選!

・乗りたいアトラクションを相談しピックアップする

・園内マップを使って順繰りに回る

・人気のアトラクションはお昼ご飯時に乗る

 

以上の3点をおさえれば、広い園内を効率よく回り

アトラクションを楽しむことができるでしょう。

 

各ポイントを1つずつご説明していきますね。

 

乗りたいアトラクションを相談ピックアップする

三井グリーンランドに着いたらまず入場ゲートで園内マップをもらいましょう。

園内を回る前に乗りたいアトラクションをピックアップし、

身長制限や年齢制限をふまえて乗れるか乗れないかを確かめてくださいね。

この時に「待ち合わせ場所」も決めておくと、単独行動をするときに役に立ちますよ。

迷子対策にもなることでしょう。

 

園内マップを使って順繰りに回る

乗ると決めたアトラクションを園内マップに沿って順繰りに回ると良いでしょう。

園内は広いので、むやみにあちこち回っていたら

タイムロスになってしまいますし疲れてしまいます。

たとえば「マップを時計回りにまわる」という具合にしてみてくださいね。

 

人気のアトラクションはお昼ご飯時に乗る

土日や祝日はとても混雑します。

人気のアトラクションはやはり長蛇の列になり、待ち時間が長くなってしまうことも。

そこでおススメなのは、穴場の時間帯を狙って並ぶこと。

お昼ご飯の時間帯はアトラクションではなくレストランなどの飲食関係が混雑します。

この時間帯が穴場になりますよ。

お昼ご飯の時間をちょっと早めるか遅くするかしてアトラクションを回ると、

土日や祝日でも比較的スムーズに乗ることができますよ。

 

 

まとめ

日本一のアトラクション数を誇る三井グリーンランドは、

身長制限や年齢制限がないアトラクションも本当にたくさん揃っています。

 

たとえ身長制限などをクリアできなくても十分に楽しむことが出来ますよ。

ですのでどうか危険を冒して誤魔化すようなことは避けてくださいね。

 

「来年また来たときに乗るのを楽しみにしよう!!」

というのもファミリーレジャーの醍醐味です。

 

ご家族の楽しい思い出作りになることを祈っていますよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました