スポンサードリンク

沖縄でひとり旅‼女性が車なしで楽しむのにおすすめスポットはココ

はいさーい!!
車の免許ない!
車借りるの面倒くさい!
ペーパードライバー!

だけど沖縄旅行を計画中という迷える乙女のために
沖縄からお送りします。

沖縄は一人一台車を持っていると言われるほどの車社会。

高校3年の春休みにはみんなこぞって車の免許を取りますし、
朝7:30~9:00頃と夕方5:30~7:00頃の
通勤ラッシュの時間帯は58号線が動かなくなります。

なぜかというと、沖縄は電車がなくて、
短いモノレールしか通っておりません。

バスもあるのですが、あまり時間通りとはいかず、
バスの時刻表を調べるサイトもまだまだ使いにくいです。

だから、沖縄旅行の際も車は借りること、
または運転手を持参されることを絶対的にお勧めします‼

しかしそれがかなわない方のために
今日は沖縄在住の成人なのに無免許という稀有な存在のわたしが
沖縄のオススメのスポットをご紹介します。

スポンサードリンク


最初に拠点を決める‼おすすめの場所はココ

車が無い場合、最初に拠点を決めることをお勧めします。

実は沖縄、小さな島ではありますが
縦に長く、南から北まで車で3時間程度あります。

その距離をバスで移動するのはなかなか疲れるので
観光地がまとめてあり、交通の便がいい所を拠点にしましょう。

交通の便が良く観光スポットに車無しでいける場所とは、

やっぱり那覇でしょう。

モノレールもありますし、那覇の中心、

旭橋駅にはバスターミナルがあります。

沖縄のベタな観光スポットである

国際通り、公設市場、琉球王朝を感じられる首里城、

そして安全対策ばっちりの波の上ビーチ、

海外にも有名なパワースポットの波の上宮、

安く行ける隠れた名所、福州園、いま熱いデープな町栄町、

沖縄の歴史も学べる展示もある沖縄県立博物館、

琉球ガラスを使った美しい建物の県立美術館

などなど行ける場所は多すぎるくらいです!!

憧れのブランドが格安でゲットできるアウトレットモール

「あしびなー」は沖縄旅行上級者も何度もリピートするオススメポイントです。

そしてなんと那覇からは無料のシャトルバスが出ているところもあるのです!!

インスタ・スポットのウミカジテラス、

夕日がきれいで橋で渡れる離島、瀬長島はゆいレールの

県庁前駅と赤嶺駅からシャトルバスがあります。

バスに抵抗がない方でしたら、やんばる急行がオススメです。

北部の観光地にバス一本で行けて、ほかの路線バス、

高速バスより安くて速いです。

途中伊芸サービスエリアにトイレ休憩によるのもポイント高いです。

伊芸サービスエリアには沖縄のご当地グルメがあります。

やんばる急行で行けるおすすめスポットは、美ら海水族館です。

私は大好きでいくと3時間ぐらいいます。

「記念公園前」が最寄り駅で、運賃は片道2000円です。

シャトルバスに乗り換えが必要ですが、絶景スポット古宇利島にも行くことが出来ます。

別にやんばる急行の回し者ではございませんが、一番わかりやすいのと、

路線が便利なので私もがんがん使っています!

沖縄初心者の人は特に那覇をお勧めします!

【関連記事】

沖縄観光2018必見‼那覇以外のおすすめ紹介【石垣,中城,竹富島】

沖縄の水道水って飲めるの⁉まずいのには理由があった‼

スポンサードリンク

ゆったり観光におすすめ厳選スポット‼

ゆったり観光がしたい、別に観光っぽい観光ではなく
ゆったり癒されたいといった方は、離島がオススメです。

中でもおすすめの離島は、竹富島と黒島!
竹富島は石垣島から船で10分ぐらいです。

周囲9.2kmでレンタカーが無く、水牛が牛車をひいています。
牛が怖くなければ牛車に乗ってみましょう。

島の観光名所を案内してくれます。
三味線も弾いて歌ってくれます。

途中気分屋さんの牛が立ち止まることもありますが
運転手のおじさんは牛を怒ることもせずに、
ゆったりしています。

こんな端々に沖縄時間を感じる事が出来ます。

道はコンクリートではなく白いサンゴが引き詰められた小道で、
道の両側には石垣があります。

家は赤レンガの昔からある沖縄の
古民家が立ち並んでいます。

ショッピングピンクのブーゲンビリヤやハイビスカスが

いたるところに咲いていてとても美しいです。

レンタサイクルを借りて島をまわれます。
自転車を借りる際は、自転車をよく吟味して選んでくださいね。
壊れていることがあります。

またサンゴの道ですので自転車をこぐのに体力が必要です。

竹富島は沖縄ならではのゆったりした時間を過ごすことが出来るでしょう。

黒島は石垣島から船で30分です。
なんと黒牛2000頭に対して、人口20人位しかいない島です。

周囲12.6㎞でここもレンタカーはありません。

島がハート形に見える事からハートアイランドと呼ばれています。

とてもロマンティックだと思いませんか?

黒島は各地のブランド牛になる牛が育てられるので、
牛を味わうのも良いでしょう。

黒島はとにかく海がめちゃくちゃきれいです!!
ケラマブルーといわれる抜群の透明度。

サンゴも多く沖縄ならではの色とりどりの熱帯魚、
カメ、マンタなどが見られます。

ダイビングのライセンスを持っていたら是非潜りましょう。
持ってなければこれを機会にトライしてみましょう!!

ライセンスは二日で取れるし、
なくても体験できるのでGo DIVE!!ですよ!

(ちなみに私はダイビングショップの回し者です)

とにかく本当にきれいで、世界中からダイバーが集まるところでもあります。
行ったのに潜らなかったら損ですよ。

夜は街灯が無いので真っ暗ですが夜空がとてもきれいです。

【関連記事】

沖縄のゲテモノ料理はこんなものがある!?お勧めの沖縄料理3選!!

スポンサードリンク

 
アクティブに過ごすなら送迎付きのものを選ぶのがベスト

さてアクティブな車無しガールにお勧めしたいのが、
送迎付きの施設又はツアーです。

送迎付きならそれほど疲れないで沖縄を満喫できるに間違いありません!

たとえば、ダイビング、シュノーケリングは
ほとんどのショップがホテルまでお迎えに来てくれて
帰りも送ってくれます。

しかもほとんどが14:00ぐらいまでなので午後も買い物や、
観光と時間を有効に使うことが出来ます。

沖縄はマリンスポーツが絶対おすすめです!

1月から4月は船に乗ってクジラに会いに行くことも出来ます。
船はスピードが速くて顔に海風と潮が当たり、見渡す限り海が広がっています。
爽快です!!!

たまに大きな波が来たりすると少し怖いですが。

もちろんクジラは動物なので見られない事もあります。
クジラが見られないと、返金してくれるところがいいですよ。

後は北部の観光スポットをまとめて案内してくれるバスツアーもありますよ!!

【関連記事】

沖縄旅行‼行くなら本島と離島どっちを観光する?迷ってるアナタ必見

スポンサードリンク

まとめ

沖縄にはいい所がたくさんあって迷っちゃいますね。
色々おすすめしてからいうのもなんですが、
大切なのは欲張らない事です。

私も一人旅だと欲張って沢山行きたいところを詰め込んでしまうのですが、
そうするとその場の空気を感じ、楽しむのではなく、
その場所に行くのが目的になってしまうのです。

特に公共の交通機関を使うと時間に縛られやすいです。

一人旅ですから、まったく計画なしで沖縄いって気の向くままにバスに乗って、
綺麗な海を見てぼっとしているだけでもいいのです。

そういう時間の使い方、とってもラグジュアリーだと思いませんか。

【関連記事】

さとうきびの剥き方は?沖縄ですぐ食べられる場所もご紹介!

スポンサードリンク