スポンサードリンク

アイスコーヒー用の豆に違いはあるの?コーヒー豆の豆知識!

暑くなるとついついすすんで飲んじゃうコーヒー。

コーヒー好きなら夏はアイスを好みますよね。

私自身コーヒー大好き人間。

ブラックも飲むし、ミルク有りの砂糖なしで飲むこともあります。

朝は大体ブラックですかね。

甘みがない分、コーヒーの味を堪能できるので落ち着きます。

日中は割とミルクのみ入れて飲んでますね。

コーヒーってブラックはブラックの味を、ミルクはミルクの味を、

砂糖は砂糖の味を、それぞれ味が変わるのが楽しいです。

コーヒー屋さんに行くと、

扉を開けた瞬間コーヒー豆の匂いがしてたまらない香りです。

ミルの機械を持ってないので、コーヒー豆からやったことはないのですが、

見てみると種類がたくさん!

飲み比べをしたいくらい豊富です。

豆によって酸味とかも違ってくるのでしょう。

子育てが落ち着いたらミルを買って豆からやったみたいです。

そんなコーヒー豆、アイスコーヒー用のものも

あるのはご存知ですか?

どんな違いがあるのかまとめてみたので、

ぜひチェックしてくださいね。

スポンサードリンク

アイスコーヒーとホットコーヒーで使う豆に違いはあるのか検証!

コーヒーを飲んでて気になるのが、

アイスとホットで豆の違いがあるのかということ。

検証してみると豆自体が特別ではなく、

焙煎度合いで変わってくるそうです。

アイスはより深みがでるよう焙煎しているものを使用しています。

なんで、深みがでるように焙煎するのか。

それは、温度の違い。

アイスだと温度が下がるので、深みが深い方が

入れたときにちょうどいい味になるということなんですね。

ちなみにアイス用の種類は2つ。

フレンチローストとイタリアンロースト。

フレンチローストは苦味とコクがあるもの。

イタリアンローストは豆の色自体濃い色で表面にオイルが浮くもの。

この違いがあるんですね。

どっちがいいかは好み次第ですね。

アイス用は深みがより深くなるよう

焙煎されているものと覚えておきましょう。

スポンサードリンク

アイスコーヒー用の豆をホットで飲むとおいしくないの!?

アイス用は焙煎度合いが違うというのはわかりましたよね。

より濃くなってるんだと私自身勉強になりました。

温度でも味の違いがあるなんて、

コーヒーも繊細なんですね。

じゃあ、アイス用の豆をホットで飲むとどうなるのか。

飲めはしますが、味にパンチがなくなってしまうでしょう。

アイスは深みがでるよう焙煎されていますが、

ホットの場合は酸味が強く焙煎されているんですね。

温かいか冷たいかでそれぞれの豆の味がいい働きをしてくれます。

なので、深みのあるアイス用はできるなら

いい味がでるアイスで飲んでほしいです。

ただ、どんな味の変化があるのか試してみるのもありですよ!

飲み比べてみて、こういう風に違うのかと

感じてみてもいいと思います。

私も飲み比べしようと思います。

スポンサードリンク

おいしいアイスコーヒーの淹れ方!おすすめコーヒー豆も教えます!

ホットはホット用の豆、アイスはアイス用の豆

を使うのがいいというのはわかりましたね。

では、おいしいアイスコーヒーの淹れ方!

これもマスターしちゃいましょう。

基本はホットの淹れ方とそこまで変わりないです。

大事なのは分量ですね。

早速みていきましょう。

フィルターにコーヒーを入れる

まずは、ドリッパーにフィルターをセットし

コーヒーを大体12〜15g入れましょう。

お湯を入れる

コーヒーを入れ終えたらお湯を注ぎます。

大体140ccを目安に注いでください。

グラスに移しかえる

入れ終えたら、冷たい氷が入ったコップに

入れ替えます。

できる限り素早く入れ替えましょう。

以上がおいしいアイスコーヒーの淹れ方です。

ちなみにおすすめのコーヒー豆についても、

3種類ほど紹介します!

信州珈琲 カフェインレスコーヒー

カフェインレスなのに味がしっかりしてて、

美味しいです。

カフェインがだめな妊婦さんでも抵抗なく

飲めます。

KEY COFFEE FPグランドテイスト

コーヒーの中で最も男らしいコーヒー。

香りも強めで味もガツンとくるおいしさ。

男女人気の高いコーヒーですね。

UCC ゴールドスペシャル

苦みや酸味がちょうどよく口の中で

広がります。

コスパも素晴らしいし飲みやすい!

コーヒー初心者にはおすすめですね。

気になったコーヒー豆はありましたか?

ちなみに私はUCCを飲んでいます。

飲みやすさがいいんですよね。

みなさんも、お気に入りのコーヒーを探してみてくださいね。

スポンサードリンク

まとめ

コーヒー豆がアイスとホットで違うなんてはじめて知った人が多いはず。

私も一緒だと思ってたので、今回あらたな発見でした。

たしかに言われてみれば、アイスとホットで

味が少し違う気もしますね。

ぜひ、飲み比べてみて自分自身違いを体験してみてはどうでしょうか。

違いを体験してみると、ますますコーヒーについて

知りたくなるかもしれませんよ。

私も早速、飲み比べをしたいと思います。

そしてお気に入りのコーヒー豆も見つけてみたいと思います。

スポンサードリンク