スポンサードリンク

アイスに賞味期限が無いってホント?10年前でも問題ないの?

冷凍ものの食品って、賞味期限に困りがちですよね。

冷凍庫では、奥底に眠っていた食品が出てくることが

ある人もいるのではないでしょうか。

賞味期限が記載されている冷凍食品ももちろんたくさんありますが、

冷凍保存しておけば、長く保管しても

使うことができると言われる食材も多いですよね。

いつ買ったかわからないアイスであれば、溶けていなければ大丈夫なのか、

やっぱり食べると体を壊してしまうのか、悩みますよね。

買ってから10年も経ってしまったアイスは、

果たして食べることができるのでしょうか。

意外に知らないアイスの賞味期限についての情報をご紹介します!

スポンサードリンク

アイスには賞味期限表示がない!?

コンビニやスーパーで気軽に買えるアイスクリームですが、

実はそれらの市販のアイスには賞味期限が記載されていないのをご存知ですか?

一部の商品には賞味期限が記載されているものもありますが、

ほとんどのアイスには賞味期限の記載がされていないのです。

アイスは、法律によって賞味期限の記載の省略が許可されている食品なのです。

これは、厚生労働省の「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」や、

農林水産省の「加工食品品質表示基準」の規定によるものです。

アイスは、マイナス18度の温度を保っていれば、菌が増殖することはありません。

そのため、品質の劣化が非常に少ない食品なのです。

賞味期限の記載をしなくてもいいとされているのは、そのためなんですね。

ちなみに、シャーベットの場合でも基本はアイスと同じです。

アイスとシャーベットでは原料が少し違いますが、

しっかり保存方法を守れば、アイスと同じように品質を落とさずに食べることができます。

しかし、シャーベットも商品によっては賞味期限が記載されているものがあります。

アイスもシャーベットも、賞味期限が記載されているときは

なるべく従って食べることをおすすめします。

スポンサードリンク

こんなアイスはキケン!賞味期限が切れてなくても気をつけること

アイスの主な原料は、牛乳、たまご、砂糖です。

アイスが冷凍庫で保管していれば傷まないのは、この原材料の少なさにもあります。

しかし、乳製品が含まれるため、

常温で放置すればもちろん乳製品の部分から腐っていってしまいます。

もう一度冷凍しなおしても、

一度常温で溶け切ってしまったアイスは傷んでしまっている可能性があります。

溶けてしまったアイスには注意しましょう。

また、見た目の色が変なものにも注意が必要です。

アイスの賞味期限の記載がないもう1つの理由として、

見た目で傷んでいることがわかりやすいということが挙げられます。

アイスは変色しやすく、傷んでいるかどうかが目視で判断しやすいのです。

凍っていても、色が変になってしまっているアイスには注意してください。

スポンサードリンク

10年前のアイスを美味しく食べる方法

アイスは、10年経ったものも食べることができます。

しかし、どうしても風味は落ちてしまうものです。

そんなアイスをおいしく食べるコツをご紹介します!

長年冷凍庫の中で眠っていたアイスは、一度溶けた表面が再凍結して、

シャリシャリとした食感になっている場合が多いです。

なめらかな食感がなくなってしまったアイスを、

もう一度おいしく食べる方法があります。

アイスのなめらかな食感は、空気を含ませながら

冷凍させることで実現しているそうです。

つまり、一度アイスを溶かして、かきまぜながら凍らせると、

なめらかにアイスを固めることができます。

ゆっくり時間をかけて、定期的にかきまぜながら凍らせるのがポイントです。

しかし、この方法はどうしても時間と手間がかかってしまいます。

すぐに簡単においしく食べたいという方には、

今話題のちょい足しレシピがおすすめです。

アイスにはさまざまなトッピングを組み合わせることができます。

トッピングによって落ちた風味をカバーしてみてはいかがでしょうか。

たとえばアイスには、お酒やリキュールも合わせるとおいしいです。

コクが出て、少し大人の風味を味わえますね。

リキュールでしたら甘さもありますので、女性にもおすすめの組み合わせです。

お酒が苦手な方は、フルーツソースもおすすめです。

濃い目のソースの味が、落ちた風味をカバーしてくれます。

コーヒーなどもおすすめです。

鉄板の組み合わせですが、苦みとアイスの甘みの組み合わせがいいですよね。

コーヒーも濃い目のものをかければ、

落ちた風味をしっかりカバーしてくれるでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

アイスの保存は、温度管理が非常に重要です。

マイナス18度以下を保つことが重要なポイントですので、

アイスを保存するときは温度管理に注意しましょう。

冷凍庫の開け閉めでも温度は上がってしまいます。

長めに保存したい場合は、冷凍庫の底の方や、奥に保管するとよいでしょう。

また、市販のものと違って手作りのアイスでは、

調理の際に菌が入ってしまうこともあり、保存期間は短くなることが多いです。

手作りの場合は、特に保管方法には気をつけましょう。

10年経っても食べることができるアイスですが、

風味が落ちてしまってはやはりもったいないですよね。

おいしく食べるためには、やはり購入後は早めに食べることをおすすめします。

スポンサードリンク