スポンサードリンク

赤ちゃんから英語の歌で勉強のススメ!メリット・デメリットの事例

私は小さい時に当時流行っていた「セサミーストリート」をみたりしていました。

といっても、全然意味はわかってなかったのですけどね。

学生時代のときに借りていた部屋の下が英会話教室で

最後の授業を終えて帰ってくると小さな子が母親らしき人と一緒に帰っていました。

今、住んでいる所の近くにも小さい子専用の英会話教室があります。

私たちの世代は中学で習いましたが最近は小学生から習っているそうですね。

赤ちゃんからやっている方が英語にはなじめるのでしょうか?

今回は赤ちゃんからする英会話をするメリット・デメリットなどを紹介したいと思います。

スポンサードリンク

赤ちゃんの頃から英語に親しませるメリットとは!

赤ちゃんの頃に英語を習うメリットとは何でしょうか?

聞いた音をそのまま吸収

生まれて2~3歳までの幼児期は言葉に関する興味がぐんと伸びるときです。

まだ日本語や英語の区別なく耳にした音を

そのままとらえることができる年齢なので

英語特有の音やリズム感を聞いたまま取り入れることができます。

生活の中で自然と学べ

生活の中で自然に学んでいく時期は英語も自然と身につけることができる時期です。

赤ちゃんお母さんのかかわりの中で自然と

「おいしい」や「かわいい」という言葉を身につけるのと同じように、

日常生活の中に「yummy」や「cute」という言葉に

触れる機会があればこれらの言葉を自然と身につけるのです。

英語へ興味を持つ機会になる

早いうちから英語に慣れ親しむことで英語への関心が高まり、

英語への興味をもついい機会になります。

小さいころから英語は楽しい、

英吾はおもしろいというイメージをもつことができます。

そして、本格的に英語を学ぶときにも前向きに取り組むことができます。

スポンサードリンク

オススメの英語の歌3選

どんなオススメの歌があるのでしょうか?

ABCの歌

これは私も聞いたことありますし、歌ったこともあります。

日本でいう「あいうえの歌」みたいなものでしょう。

きらきら星の歌

「Twinkle,Twinkle,Little star」

っていうやつですね。

これも歌ったことがあります。

私の幼稚園はプリスクールではありませんでしたが

キリスト教系だったのでよくキリスト教の歌を

英語でうたっていた記憶があります。

虹の彼方に「Over The Rainbow」

私の実家の電話の人をまたせるときに鳴る音楽が

「Over The Rainbow」です。

「オズの魔法使い」も映画で見て歌もしっています。

ゆっくり歌うので幼児にもわかりやすいですよね。

スポンサードリンク

英語を幼少期からやることのデメリット

英語を幼少期にからやることによってのデメリットとはなんでしょう?

日本語をおろそかにしてしまう

言語というのは論理的に思考する上での大切な基盤ともなるため、

2つの言語が中途半端だとせっかく2ヶ国語で

コミ二ケーションがとれても今後の人生において

論理的思考が耳発達のままになります。

これは無計画にただ単に英語学習の時間を増やしたり子供に、

混乱を招くような英語への触れかた、

日本学習を疎かにすることがあるのでそこが問題になっていきます。

日本人としてのアイデンティティを失う

これはデメリットかどうか人それぞれだとおもいますが

日本人としての文化や習慣を大事にしない、理解しない、というのであれば

日本の文化・慣習も理解尊重しその上で、

自分らしいアイデンティティが育てば、問題はないです。

国境のない、一世界人としては特に否定されるものはないでしょうか。

日本人としての常識がを持ち合わせない

インターナショナルスクール、プリスクール(幼稚園の英語版)等、

英語だけの環境、で育った子供が一般の公立小学校や中学に入学した際に、

日本の習慣や慣習、そして常識が理解できず、

浮いてしまうことがしばしばあります。

中にはいじめに発展することもあります。

子供への英語学習の強要

親が子供にどうなってほしいか、というその思いだけで結果的に子

供自身が望まない環境に置かれてしまうとい懸念点としてあります。

英語嫌いになったら元も子もありません。

小さなお子さんに過度なプレッシャーや負荷をかけないことです。

まとめ

英語をならわせるにもデメリットがあるのですね。

小さいころから英語を習うといいとはきいていまし、

私自身、英会話は小さいころから習いたかったです。

でも近くにスクールがなくてあきらめました。

中学で英語につまずいてしまい、苦手意識を持つようになりました。

今は「大人からもう一度はじめる英語をすこしずつ進めています。

スポンサードリンク