スポンサードリンク

沖縄旅行‼行くなら本島と離島どっちを観光する?迷ってるアナタ必見

沖縄旅行を考えている人にとって特に初めて沖縄に行く方にとっては

離島にするか本当にするか悩みどころですよね。

そういう方はまず旅で何をしたいのかどんな旅行をしたいのか、

沖縄に対してどのようなイメージを持っているか

はっきりさせてみましょう。

例えば、一人旅で自分と向き合う旅なのか、

家族旅行なのか、友達と遊びまくるたびなのか。

ザ・観光を求めるのか、少しマイナーな部分を求めるのか。

それをはっきりさせるとおのずと行く場所はきまってきます。

自分の求める旅のイメージを考えながら読み進めていってくださいね。

スポンサードリンク

アウトドアもショッピングも…欲張りなあなたは本島へ

マリンスポーツもしたいし、ショッピングもしたい、

スパも行きたい、綺麗なホテルに泊まりたいといった方には迷わず、

本島をお勧めします。

何故なら離島は本島に比べ、観光場所が少なく、

リゾートホテルも少ないからです。

中にはコンビニも数少ないというところも少なくありません。

ショッピングに至っては、離島は少し物価が高く

物も少ないのでお勧めできません。

本島は離島に比べ飛行機や船での移動もありませんので、

コストもかからず行くことが出来ます。

「昔ながらの沖縄」をゆったり楽しみたいなら離島がおすすめといわれるけれど?

赤レンガに石積みの石垣、狭い道、

それを「昔ながらの沖縄」と思う人もいるかもしれないけれど、

正確に言うとそれは今の沖縄。

例えば沖縄のフクキ並木、

沖縄の昔の街並みが残る竹富島は、いまはそれを観光として保護していて、

それも人々の生活をささえています。

民宿や農業体験が出来るプログラムをつくっているところもあります。

そういうのを体験するのもいいかもしれません。

しかし離島の魅力は観光客が来ない分飾らない素朴な沖縄があるところにあります。

商業施設はほとんどなくて、海と森。

そういった何もない贅沢を味わえるところだと思います。

自分を見つめなおす、自然が大好きな人にはぴったりかもしれません。

本島の観光に飽きた人にもいいでしょう。

スポンサードリンク

こんな時は本島にしておくのがおすすめ‼

沖縄初めての人、付き合いたてのカップル

(沈黙がながくつづくと気にしてしまう関係)、

虫が大嫌いな人、小さな子供がいる家族(長時間移動の為)、

買い物をしたい人、昔の琉球文化をみたい人、

ラグジュアリーな体験をしたい人は本島をお勧めします。

どっちも味わっちゃえばいいじゃん!おすすめモデルコース妄想してみる!

これから沖縄在住の私が選んだお気に入りの場所をめぐるコースを想像してみましょう。

離島だって橋で渡れるところもあるので十分離島気分を味わえます。

1日目

昼頃空港到着、なんかあったかいし湿度高いねー。

ゆいレール(沖縄のモノレール)に乗って「県庁前」で降りる

とりあえず国際通りへ、沖縄のお土産とか見る、

ここは日本なのかと思うほど出店が並びごった返した公設市場にいく、

沖縄民謡をきける居酒屋で沖縄の夜を味わう。

那覇に泊まる。

2日目

朝から初めてのダイビング。

沖縄の綺麗な海に癒される。

午後からはレンタカー借りて北部に移動。

美ら海水族館ででっかいジンベエザメを見る。

初めての事にテンションあがる。

今あつくなってきている今帰仁のオシャレCaféを探索。

橋で渡れる離島、絶景の古宇利島へ

ロハスな古宇利島のヴィラにとまる。

夕日はめちゃくちゃきれい。

晴れていればビーチで星空観察。

3日目

島の東側で日の出をみる。

ハート形の石と綺麗なビーチを散策。

ビーチで遊ぶ。

那覇へ移動、飛行機まで時間があるので

アウトレットモールあしびなーでブランド物を格安でゲット。

那覇空港へ。

スポンサードリンク

まとめ

本島旅行ならポイントはホテルを北部と南部で移動すること、

それによって無駄な移動時間が短縮されます。

離島旅行なら多少の不便は覚悟していくこと。

あと離島旅行なら本島から渡らず、石垣島へ飛行機で直接行けば、

各島へのアクセスもよく、いろいろ見て回ることが出来ます。

沖縄初心者はまずは本島&橋で行ける離島も試してみてくださいね。

スポンサードリンク