スポンサードリンク

着替え用のテントにピッタリなおすすめのたたみ方はこれ!

春の気配が感じられ、行楽シーズンが楽しみになってくるこの時期。

アウトドアは好きだけど、テントの設営が苦手という方、必見!

最近は、面倒で大掛かりな組み立てが不要な

ワンタッチのポップアップテントがたくさん市場に出ています。

その名の通り、ワンアクションでテントが立ち上がり、

仕舞う時もワンアクションという優れもの。

今回はそんなポップアップテントについてと、

少しコツがいるたたみ方についてご紹介いたします。

スポンサードリンク

着替え用のテントにはやっぱりポップアップテント!

アウトドアレジャーをよりカジュアルで身近なものに。

宿泊用のテントを張るまでではないけれど、

アウトドアでもちょっとした着替えスペースがあると便利ですよね。

ここでいうポップアップテントとは、

更衣室代わりの一人サイズのテントのこと。

骨組みを組み立てるなどの手間がなく、

専用の収納袋から取り出すとすぐさまパッと開くワイヤー設計になっており、

いわゆるタープのようなものです。

収納袋から取り出し、ポンと置くだけの手軽さです。

収納時は直径約60センチ程度の円形になり、

持ち運びもスムーズな優れもの。

最近ではアウトドアブランドからだけでなく、

インテリアやファッションブランドからも出品しており、

デザイン、機能などバラエティーに富んでいます。

安いもので約2,000円台から選べ、お値段もお手軽です。

スポンサードリンク

ポップアップテントにも種類がいろいろある?

用途もバラエティに富んでおり、

・海(サーフィンや海水浴)、山や川(キャンプ)などのアウトドアレジャー

・屋外プール

・フリーマーケットの出店

・運動会

・災害時

そのほかにもスタイルに合わせて多種多様な場面でお使いいただけます。

使用人数から大きさも選べますし、完全に個室化できるフルクローズタイプや、

メッシュ素材を使用するなどパテーション感覚で使えるオープンタイプなど、

さらに機能面ではUVカット加工に長けているもの、

水圧に強いもの、簡易シャワーなどを吊るせるループがついているものなど、

やはり商品によって様々。

使用目的により様々なタイプから一番合う商品を見つけてみてください。

スポンサードリンク

テントのたたみ方のコツとは??

お手軽、便利なポップアップテントですが、たたみ方に少しコツがいります。

ポップアップの名前の通り、

取り出したらすぐにテントの形状に立ち上がるように

ワイヤーを設計しているので、コツをつかめなければ

ポンっと元のテントの形に戻ってしまうという難点があります。

そこで、簡単なコツをご紹介します。

・テントを二つ折りにするように、平らに折りたたむ。

・この時、上になっているほうの持ち手を逆手に持ち替える。(最重要!)

・下になっているほうの持ち手の位置は固定する。

・逆手に持ち直した持ち手だけを内側に押し込む。

・ここまでくると、左右両方のワイヤーが円形を描く。

・上になっているほうの持ち手だけをどんどん押し込むと、

   両側のワイヤーがきれいにくるっとまとまってくる。

・限界までワイヤーが円形にまとまったら、

 両方の円形のワイヤーを折り重ねるようにたたむ。

・折り重ねて形が安定したところで、

 はみ出したテント生地を中側に押し込む。

・専用の収納袋に収納する。

慣れるまで少々時間がかかるようですが、コツをつかめば簡単に収納することができます。

スポンサードリンク

まとめ

アウトドアレジャーが趣味の方や、ご家族をお持ちの方。

簡単お手軽なポップアップテントを一つ持っていると、

いざという時とても便利ですね。

最近では、上記のようなたたみ方のコツなど、

ポップアップテントに関する動画が数多くアップされているので、

もし扱いが分からなくなっても安心。

お手軽の要素の一つかもしれませんね。

この機会に是非トライしてみては??

スポンサードリンク