スポンサードリンク

キックバイクで人気のスパーキー!なぜここまで人気なの!?

2歳になって自分で歩けるようになってくると、

なんだか次のことにチャレンジさせたくなりますよね。

最近、キックバイクが流行しているの、知っていましたか?

キックバイクは自分で歩けるようになった2歳ごろから、

自転車に乗る世になる5歳から6歳ごろまでの子が乗るおもちゃです。

キックバイクにも自転車のように多くのメーカーがあります。

最近はスパーキーというメーカーのものに人気が出てきています。

今回はキックバイクとスパーキーのキックバイクについてご紹介していきます!

スポンサードリンク

そもそもキックバイクって!?

キックバイクは自転車のような乗車おもちゃです。

対象年齢は製品によっても異なりますが、だいたい2歳からになっています。

自転車のようにタイヤがふたつあります。

が、自転車と違うのは、ペダルがないことです。

キックバイクにまたがって、両足で地面をけって進みます。

自転車のように二輪しかないので、

バランス感覚を身につけるのにもってこいのおもちゃです。

2歳ごろからキックバイクを使って、

6歳ごろから自転車に移行する、という人が最近多いようです。

キックバイクで身体のバランス感覚をしっかり養っておけば、

自転車への移行もスムーズです。

大型のおもちゃ屋さんや自転車屋さんに置いてあることが多いです。

実際に試してみてから購入してくださいね。

ひとつ注意しておきたいことがあります。

キックバイクはあくまでおもちゃです。

公道では走ることができません。

お庭や公園などで楽しんでくださいね。

スポンサードリンク

キックバイクは2歳からがちょうどいい!

2歳というのはちょうど自分で歩くことができるようになったころですよね。

この歩けるようになった時期に、

身体のバランスを取る練習をするのがとてもおすすめです。

自転車と同じようなバランス感覚でキックバイクに乗ることができるので、

自転車の練習時の転倒が大きく減り、

練習時間も大きく抑えることができます。

また、自転車に乗る上で大切な、

ハンドルの操作と曲がるときなどの身体の重心の移動を自然と身につけることができます。

キックバイクは足でけって乗るおもちゃです。

足でけるということが必然と多くなり、

足の筋肉がよくつきます。

そのおかげで早く走ることができるようになります。

スポンサードリンク

スパーキーのキックバイクはここがいい!

キックバイクのメーカーはたくさんあり、日本国内でも多く販売されています。

数あるメーカーのもののうち、おすすめしたいのがスパーキー(SPARKY)です。

スパーキーのキックバイクの大きな特徴は、

ブレーキがついている、ということです。

スピードが出てくると、足で止まるのはなかなか大変です。

そして、何より、靴がすぐにボロボロになってしまいます。

スパーキーのものにはブレーキがついているので、

そんなことにはなりません。

そして、自転車に移行するときもキックバイクでブレーキの練習をしているので、

移行しやすくなります。

また、タイヤは樹脂製で、自転車と同じようにタイヤの交換や修理をすることができます。

サドルの調整も、工具などを使わずにできるので、

とってもらくちんです。

子どもの成長に合わせてサイズを調整できるのは、

使っていく上でも安心ですよね。

そして、スタンドがついています。

家のお庭や車庫などで保管しておく時に場所をあまり選ばないのも嬉しいポイントです。

また、お出かけした先で、休憩を取るときも

横に倒さなくていいので汚れなくてすみます。

スポンサードリンク

まとめ

キックバイクについてご紹介してきました。

キックバイクは自分で歩けるようになってから、

身体のバランス感覚を身につけたり脚力をつけたりするのにおすすめです。

それぞれのメーカーに特徴がありますが、

今のおすすめはスパーキーのものです。

ブレーキがついていたりタイヤの素材やスタンドがついていたりするのがポイントです。

おもちゃ屋さんや自転車屋さんにあるので、

いろいろ試してみてくださいね!

スポンサードリンク