スポンサードリンク

産後痩せたい人におすすめ!母乳でダイエットが出来るのは本当か!

無事に出産を終えると、気になるのが、自分のカラダ。

妊娠前よりも体重が増えて、体型が変わるなんてこと、とても多いんです。

ダイエットしよう、と思っても、

これから育児があるし赤ちゃんに母乳をあげないといけないし……。

なにかいい方法はないのか気になりますよね。

そう思って調べていたら出てきた母乳ダイエット。

母乳で痩せるってどうしてなのか気になります。

ということで!今回は産後に安全に痩せる方法と

母乳ダイエットについてご紹介していきます。

これを読んで、安全にダイエットしていきましょうね!

スポンサードリンク

産後安全に痩せる方法は?

産後に安全に痩せるためには、骨盤矯正や食生活の改善が有効です。

骨盤矯正では、

妊娠出産で大きく開いた骨盤をもとに位置に戻す効果があります。

骨盤スクワットでは骨盤の開きや位置を戻すだけでなく

代謝を上げる効果もあるので、ダイエットに効果的です。

スクワットなどをしなくても、産後用の補正下着をつけるだけでも効果があります。

産後の腰痛などを防ぐために、出産直後から補正下着をつける産院もあるくらいです。

また、和食中心の食生活にするのも効果的です。

和食は養殖に比べて摂取カロリーが低くなりますが、

必要な栄養や食物繊維を十分に取ることができます。

血液もサラサラになるので、母乳の出もよくなります。

最後は適度な運動です。

身体の負担にならない程度に行える、

スクワットや軽いウォーキングなどが有効です。

妊娠出産で慢性的な運動不足になり、筋肉が落ちてしまっています。

代謝をあげて痩せやすい身体をつくるためにも、

身体の負担にならない程度に有酸素運土をしていきましょう。

逆に産後に痩せにくくなる原因にはストレスや過度の食事制限が挙げられます。

ストレスが過度に溜まることによって全身に力が入ってしまいます。

そうすると、身体がこわばり、血流が悪くなってしまい、代謝も落ちてしまいます。

過度な食事制限をしないようにしましょう。

痩せたいから食事量を制限しないといけない、

と思う気持ちもわかりますが、

生きていく上で必要なカロリー(授乳中は1日に1850kcal)

から食べる量を決めましょう。

最低限、活動するためのカロリーは摂取するようにしましょう。

母乳をあげるだけでも痩せていくことを知っていますか?

次は母乳で痩せていくメカニズムについてご紹介していきます。

スポンサードリンク

母乳で痩せるメカニズムをご紹介!

母乳で痩せていくのは、母乳の分泌でカロリーが消費されるからなんです。

800mlの分泌で600kcalほど消費されると言われています。

これは、プロラクチンというホルモンが母乳をつくるために分泌されるためです。

このホルモンによって母乳をつくり蓄えておくのにもエネルギーを消費します。

また、オキシトンというホルモンが赤ちゃんが母乳を吸う刺激で分泌されます。

これによって子宮を収縮させ、妊娠前の身体に戻そうとする働きが起こります。

これらのホルモンの働きを良くしてあげると、より痩せやすくなります。

この働きをよくするには次のことをするのがおすすめです。

まず1つ目は水分摂取を積極的に行うことです。

血液の流れがスムーズになって、母乳の分泌が進みます。

母乳はその成分のほとんどが水分です。

水分をしっかりととって母乳の分泌を盛んにしてあげましょう。

また、授乳回数を増やすのも効果があります。

赤ちゃんが刺激を与えることでオキシトンの分泌が盛んになります。

最後はマッサージです。

妊娠中に、母乳の出をよくするためにマッサージをしますよね。

そのマッサージを出産後も続けることで、母乳の出がよくなり、

結果的に痩せることにつながります。

母乳で痩せるのは本当か?口コミを特集!

産後に母乳で本当に痩せるのか知り合いに聞いてみました!

「完全母乳で育てました。離乳食が始まるまでの期間は、

1週間に1キロのペースで体重が落ちていきました。

が、卒乳するとあっという間に体重が増えていきました……

授乳中とは卒乳後の摂取カロリーが違うので気を付けないといけないですね」

この人はその後また妊娠して、子どもを産みました。

2人目のときは1人目のこの教訓を生かして、

産後のダイエットを成功させて1人目の妊娠前と変わらない体型をキープしています。

「母乳が多めの混合で育てましたが、授乳中は痩せました。

卒乳しても、授乳中と同じくらいの量を食べていたので

結果的に妊娠前より体重が増えてしまいました……。

授乳中は体重がドンドン減っていって

知り合いに驚かれてしまうくらい痩せていったのに……」

こう語ってくれた彼女は以前よりも少しふっくらしていました。

母乳をあげている間あげなくなってからでは、

必要なカロリーが変わりますよね。

母乳をあげていても摂取カロリーが多すぎて

結果的に体重が増えてしまった例もあります。

いくら母乳をあげているからと言って、食べすぎには注意してくださいね!

スポンサードリンク

まとめ

産後に安全に痩せる方法と母乳によるダイエットについてご紹介してきました!

母乳をつくり赤ちゃんにあげるだけでも

カロリーを消費しているなんて驚きますよね。

でも、母乳をあげているから、といって食べすぎるのは禁物です。

摂取カロリー量が必要なカロリー量を上回ってしまうと

結果的に体重は増えてしまい、ダイエットに失敗してしまいます。

でも、だからといって過度な食事制限をしてしまい、

ママの身体の回復に影響が出てしまっては本末転倒です。

和食中心の食生活にして、摂取カロリーを抑えつつ

必要な栄養はしっかり摂れるようにしましょう。

スポンサードリンク