スポンサードリンク

職場で昼休みの電話は出たほうが・・・給料だけが仕事じゃない!!

プルルルル‥あなたが昼休みにオフィスでお弁当を

食べていたらなんと会社の電話がなりました。

こんな時あなたはどうしますか。

昼休みだけど、電話に出ますか?

昼休みなのに電話に出るのもすごい面倒くさいし、

電話に出ないと職場の人の評価が落ちそうで嫌ですよね。

今日は休み時間のかかってきた電話に出るべきか、出ないべきか

メリットとデメリットを検証していきましょう。

スポンサードリンク

給料だけを考えるならでなくてもいい!!

給料だけを考えるのなら、電話に出ても出なくても

変わりませんね。

と言うことは電話に出なくてもいいのです。

ただあなたは職場の人にどう思われるか心配ですよね。

でもあなたはそれだけで実際本当に評価が落ちると思いますか。

私の意見では評価は落ちません。

結論から言うと昼休みに電話に出る必要はありません。

なぜかと言うと昼休みは休みですから、その時間に

電話に出ていたらどう考えても数分間の引き継ぎや、

頼まれたことをしてしまって休めないですよね。

仕事と休みははっきりと区別しないとメリハリが

つきませんし、次に力を蓄えることができません。

ボランティアで仕事をしているわけではありませんので

電話を取りたくなければ、あなたの休み時間に電話に出る必要はないのです。

しかし例外はあります。

あなたが電話の近くのすぐ取れる位置に座っていて

周りの人が忙しそうなのに、あからさまに出ないのは

非難されるかもしれません。

電話に出る必要はありませんが、あからさまだと

感じが悪いので、電話から遠くに座る、寝る、外で休憩を取るなど

電話をとらなければいけないシュチュエーションを

意図的に避けるようにしましょう。

あなたが色々任される立場なら、電話がかかってきたものを

取る必要はありませんが、

最低限重要な自分向けの電話はいつでも取れるようにした方がいいでしょう。

しかし昼休みに電話を取るメリットがあるのです。

なぜあなたのメリットになるかをお話ししますね!

スポンサードリンク

会社や周りの評価をこっそり上げるなら率先することも!?

なぜ昼休みの電話を取るとメリットがあるか、

一般的に考えられるメリットは

周りの人からの評価が上がる、と言うことでしょうか。

しかしあなたの周りの人からは評価が上がっているのでしょうか。

それは都合よく使われているだけのような気がしますね。

あなたがどうせ電話を取るでしょと言うような雰囲気がしたら

その可能性大ですね。

電話を取ることは誰にでもできてあなたしかできないわけでないので

感謝もあまりされないのです。

電話を取らなきゃいけない、なんで昼休みなのに取らなきゃいけないの

と言うような被害者意識があるのなら電話を取る必要は全くないのです。

あなたに誰も頼んではいませんし、頼まれるのならそれは昼休みでは

ありませんね。

会社もその時間にもし電話を取る人がいないのなら、

それ相応の対策を取るべきでしょう。

しかし、会社で電話を取るのは実は別のメリットがあるのです。

スポンサードリンク

職場のためになることは自分にもかえってくる!!

あなたがあなたの会社のお客様、または取引先だとしましょう。

重要な用事で電話して出なかったらどう思うでしょうか。

すぐ電話が繋がる、レスポンスが早いと言うことは

今の時代すごく強みです。

それだけで、信用が上がるのです。

会社の信頼が上がれば、会社全体の利益にも繋がります。

会社の利益が上がれば、あなたにも必ずメリットがあるのです。

仕事もより楽しくなるでしょうし、給料とボーナスが上がることも

あるかもしれません。

大勢の中で働いていると、目の前の休み時間のことしか

考えられませんが、広く長い目で考えた場合あなたのメリットに

なるのは休みの数分で電話を取ることなのです。

大きな目で考えて目の前のことを少し犠牲にできる人は伸びるでしょう。

そんな考え方のできるあなたは会社からも絶対重宝されますよ!

一方でなんで私が電話取らなきゃなんないの、休みなのにと思ってる人は

そこまでなのです。

昼休みの数分を犠牲にすることを未来への自分への投資だと

考えてください。

スポンサードリンク

まとめ

今回はわかりやすく電話を取るか取らないかで話しましたが、

最も重要なのは、私がなんでやらなきゃいけないの、

やってあげてると言う雰囲気がないことです。

そう思ってると意識しなくてもそう言う雰囲気が出てしまい、

評価をあげようとしてるなとか、何か嫌な感じを出してしまいます。

そんな意識になるのだったらやらない方がマシです。

そしてもう一つ重要なのは、自分の今だけでなく大きな目線で

みてメリットがあることを選択することです。

将来稼げる、または稼いでる人かどうかを見分けるのに

今の自分の目の前の数分のことしか考えられないか、

それとも将来のメリットに向けて今の欲望を我慢できるか

と言う心理テストがあります。

例えば、子供にマシュマロをあげて今食べないで我慢したら

もう一つあげるよ、と言う有名な実験がありますが

それも同じですね。

未来をみた考え方を日頃から取り入れていくことが

あなたのためになるのです。

さて今のあなたは昼休みの数分間を自分のために

会社の電話を取ろうと思うことができますか。

スポンサードリンク