スポンサードリンク

砂浜は車がはまる!?タイヤがはまって動けなくなった時の対処法

砂浜を車でかっこよく走ろうかなと思っていたところ、

なんと!タイヤが砂浜にはまってしまい、緊急事態が発生!

砂浜でタイヤがはまった場合は、通常の道路と対処方法は違うの?

そんな砂浜での、緊急時の対処方法をお伝えします。

スポンサードリンク

砂浜は危険!?うっかり車で入ると悲惨なことに!

日本には車で走れる砂浜もわずかにありますが、

そのわずかな砂浜以外では、車で走ることも車での砂浜への侵入も、

正直に言うと、やめた方がいいでしょう。

颯爽と砂浜を走る車のCMのようなイメージとは程遠い、

タイヤが砂にはまって、立ち往生してしまうという悲惨なことになります。

4WDの車だから大丈夫!

そんなことも「絶対大丈夫!」とは言えません。

4WDの車でもはまる時にははまります。

また、海面に近い場所ではまってしまうと、

満ち潮により車が水没!!

という、タイヤがはまったうえ、更に重ねて悲惨な状態にもなります。

うっかり車で入ることは本当に悲惨な状況を招いてしまいます。

スポンサードリンク

 車がはまるのはなぜ?道路と違うタイヤと砂浜の関係性!

人間でも道路で走る時と、砂浜で走る時は違いますよね。

それと同じで車にも、もちろん違いがあります。

綺麗に舗装された道路では、人間も走りやすいです。

しかし、砂浜だと地面が硬くないが為に砂が動いて走りにくかったり、

時には、足が砂に埋まってしまい走りにくかったりします。

車で砂浜を走る時にも、同じで、タイヤが通るルートにある砂が動いてしまい、

タイヤの回転により砂がまきあがってしまいます。

その結果、次に進む方向の直前の道路が無い!!という状態に陥ります。

車は人間と違ってタイヤを転がして移動するので、

道路がない状態だと、タイヤが空回りし進めなくなります。

この様な状態を、専門用語を使って表現すると…

砂浜は路面のミュー(摩擦係数)が低いので、

タイヤのトレッド面(地面と接触する部分)と

グリップ力(路面の摩擦力)が極端に落ちることで、

トラクション(駆動力)が伝わらなくなる為、タイヤが空転します。

専門用語だと、難しくてちょっとわかりにくいですね。

覚えておこう!車がはまった時の対処法!自力で脱出する方法を伝授!

では、実際に車がはまってしまったらどうしたらいいのでしょうか。

手順は以下の4つです。

・状況を確認する!

・車のギアをバックに入れて、静かにゆ〜っくりとアクセルを踏む!

・敷くものを探す!

・プロにお願いする!

詳しく説明すると、

状況を確認する

まずは、どこのタイヤがはまってしまったのかの確認をしましょう。

さらに、抜け出す時にタイヤが車両と平行になっていないと抜け出せません。

その為、タイヤの向きが車両と平行になっているかも確認しましょう。

また、抜け出す際にはまっているところと、脱出するところの落差を少なくする為、

砂が崩れないようであれば、

斜面をなだらかにしたり、深みを浅くしたりする必要があります。

砂が乾いている場合は、周りの砂を触ってしまうことで、

周りの砂が崩れて、更にタイヤを埋めてしまったり、

ホイルに砂が入ってしまったりするので、そのままにしておきましょう。

車のギアをバックに入れて、静かにゆ〜っくりとアクセルを踏む!

ゆっくりとアクセルを踏んで登っている感じがあれば、ブレーキを踏みます。

何度か繰り返し前後することで、車の重さで反動が大きくなってくるので、

強引にアクセルを踏まなくても、簡単に脱出できます。

ただ、アクセルを強く踏みすぎると、さらに砂を深く削ってしまいます。

その為、ゆっくりと軽めにアクセルを踏みましょう。

また、できるだけハンドルは切らないこともポイントです。

ハンドルを切ることで、周りの砂が入り込みやすくなる為、

基本的にハンドルは動かさないようにしましょう。

そして、もう一つは、

同乗者や周りに人がいる場合は、

テレビなどでよく見るようなあのイメージで、

アクセルを踏んだ時に車を進行方向に押してもらいましょう。

すると車に勢いがついて簡単に脱出できます。

敷くものを探す!

タイヤと接触面の摩擦係数を上げる為に、

ダンボールや布、板などタイヤと砂の間敷けるものを探しましょう。

この時に、車の真下ではなく、

タイヤの直前、車の進行方向側に敷きます。

車がちょっとでも動いた時に、敷いたものにタイヤが乗るので、

摩擦ができすぐに脱出できます。

ここで、一つ気を付けたいポイントですが、

タイヤの真下に敷物を敷くと、アクセルを踏んだ時に

敷物が吹っ飛ぶこともあり危険ですので気を付けましょう。

プロに頼む

この方法を何回か繰り返しても、脱出できる兆しがない場合は、最終手段として、

速やかにプロにお願いしましょう。

JAFや保険会社にお願いすると、簡単に脱出できます。

さらに、車を必要以上に、傷つけたり痛めなくてすみます。

スポンサードリンク

まとめ

車で砂浜を颯爽と走る。とても素敵ですよね。

しかし、実際に走ってしまうと、とんでもない悲惨な結果を招いてしまいます。

砂浜で車がはまってしまった際には、誰もが焦ってしまいます。

焦っている状態で脱出を試みても、更に悪化してしまう場合もありますので、

まずは心を落ち着かせて、冷静に対処してみてくださいね。

スポンサードリンク