スポンサードリンク

降水確率50%は雨が降る!ディズニーに行く人は雨具が必要!

ディズニーリゾートに行くときに誰もが参考にするであろう降水確率。

遊びに行くなら雨具は持って行った方がいいのか?などを考えますよね。

では降水確率50%の日には雨具を持参した方がよいのか?

結論から申し上げると、ぜったいに持って行った方がいいですよ。

なぜなら降水確率50%とは、

五分五分の確率で雨が降るというようなものではなく、

ごく簡単に分かりやすくいうと、

「降水確率50%の日が100日あったら、そのうちの50日は雨が降る」

という統計的な予報だからです。

もっと分かりやすく解釈すると「2日に一回」ということ。

これ、けっこうな高い確率だと思いませんか??

今回は、降水確率50%の日の

ディズニーリゾートでの雨対策をくまなくご紹介。

スポンサードリンク

降水確率50%の時は雨具を用意すべきか?皆の口コミは?

降水確率が50%の予報の日は、みなさんどうされているのでしょう?

色々なインターネットサイトやガイドブックの口コミを参考に実際調べてみると、

大体以下のような回答が大半を占めているようです。

・長傘を持参していく

・折りたたみ傘を持参していく

・レインコートを持参していく

・最初からレインブーツを履いていく

・上記のすべてを持参していく

その日の天気予報が晴れの場合でも雨の場合でも関係なく、

以上のような口コミがあるようですよ。

しいて言えば、天気予報が晴れの予報だと長傘を持参する人より

折りたたみ傘を持参していく人の方が若干多いといったところでしょうか。

「雨具は用意していかない」という回答はやはり少なく、

少ないながらも用意していかない理由としては

「現地で調達すればいいから」。

やはり雨が降ること自体は想定しているような回答ですね。

いずれにしても、降水確率50%という数字は、

ディズニーリゾートに行く人たちにとっては

けっこう高い確率だということですね。

5割の確率だと雨具を用意するに値するということでしょう。

ちなみに降水確率50%で雨の予報が出ている日は、

そもそも行くのを中止するという口コミも少なくありませんでした。

これは旅行者ではなく、どちらかというと自宅から日帰りできる人たちの意見。

そのなかでも年間パスポートや無料チケットをお持ちの人たちは

行くのを中止する場合もあるのだそうです。

降水確率50%だとやはり多くの人があらかじめ雨が降ることを

前提として準備をしていくみたいですよ。

スポンサードリンク

降水確率50%でもディズニーに行く人はどれくらいいるのか?混雑状況は?

結論から申し上げると、降水確率50%の日は通常時よりは

比較的すいていることが多いようです。

雨が降る恐れがあったり、実際に雨の日にも

ディズニーリゾートに行くという人たちのなかで最も多いのは、

やはり旅行者でしょう。

旅行の日程にディズニーリゾートに行く予定があらかじめ組み込まれており、

日にちが限定されてしまっている場合には雨天でも

行く人たちのほうが圧倒的に多いでしょう。

その日を逃せばしばらく行けなくなってしまいますし、

チケット料金の払い戻しなども旅行のパックに組み込まれていては

不可能になってしまいますしね。

打って変わって、では旅行者でない場合はどうなのか?

前の項でも少し触れましたが、日帰りのできる地元の人たちが

ディズニーリゾートにいくのを断念する傾向があります。

なぜなら雨の日にはパレードや野外イベントなど、

屋外で催されるイベントが中止になってしまう場合があります。

これが結構高い確率で中止になる場合が多いため、

最初から行くのを断念するというパターン。

あとは、お子様連れの人たちが行くのを見合わせるというケース。

小さなお子さんは雨にあたると風邪をひいてしまう恐れがありますよね。

それに、お子様連れの場合だとただでさえ

荷物が多くなってしまうところにつけて、

雨具を用意して持っていくのは結構大変です。

また、もし雨が降ってしまうと小さなお子さんを連れていては

どうしても身動きがとりにくくなってしまうのも

断念する要因の一つでしょう。

以上のことをふまえると、やはり雨が降る確率が高い日あるいは

実際に雨が降っている日は比較的すいているということになりますね。

雨に降られると少し勝手が悪くなりますが、混雑を避けるという意味では、

降水確率が高い日や雨降りの日はけっこう穴場かもしれませんね。

普段より多くのアトラクションを楽しめるかもしれませんよ。

スポンサードリンク

降水確率50%の時にディズニーに行く人が雨具を持参する理由は?

降水確率が50%のときに雨具を持参する理由としては、次のような理由が挙げられます。

・ディズニーリゾートはお天気が変わりやすい地域だから

・アトラクションの順番待ちのさい屋外で並ぶ場合があるから

・目的地への移動のさいは屋外を歩くことになるから

・雨の日用の野外パレードが開催されるかもしれないから

・ディズニーリゾートでの滞在時間は一日中など長丁場になるから

降水確率50%といっても、

どの時間帯にどれくらいの量の雨が降るかも定かではありません。

ディズニーリゾートに遊びに行くさいは、

その日一日をリゾート内で過ごすという方がほとんどでしょう。

屋内のショップやアトラクションはたくさんありますが、

なにもそこで何時間も滞在するわけではありませんしね。

ディズニーリゾートでの滞在時間の半分以上は

屋外で過ごすといっても過言ではありません。

もし雨が降ったら現地で調達するという手もありますが、

リゾート内での雨具はやはりグッズ扱いになり、

お値段がけっこうはってしまいます。

無駄な出費になってしまってはもったいないですよね。

以上の理由から、降水確率が50%ともなると

雨具を持参したほうが良いということなのです。

スポンサードリンク

まとめ

降水確率が50%の予報が出ている日には、

やはり雨具を持って行くのが無難ということですね。

ディズニーリゾートがある舞浜は海沿いで、

比較的お天気が変わりやすくもありますので持参していくべきでしょう。

個人的には、傘よりも重要な雨具はレインコートだと思いますよ。

なぜならディズニーリゾート内のアトラクションは

「傘をさしての乗車は不可」というものが多いからです。

そのようなアトラクションに乗車する際には

必ず傘は足元に置くことになっています。

またお土産などの荷物がどんどん増えてしまうのも事実。

傘をもっていては余計に身動きがとりにくくなってしまいますよね。

おまけにディズニーリゾートがある舞浜はお天気が変わりやすく、

比較的つねに風があるのも特徴。

傘をさしていても風が吹いていて結局びしょ濡れになってしまった…

なんてこともよくあることです。

「備えあれば患いなし」で、もし雨に降られても

慌ててしまわないようにすることを強くおススメいたします。

スポンサードリンク