スポンサードリンク

林間学校の持ち物一覧!必須アイテムから便利グッズまで!女子編

林間学校が近づくと、普段の生活とは違う環境で、

我が子が困らないようにと心配になるお母さんは多いものです。

そこで、今回は、実際にもたせて正解だった、

この一覧さえ抑えておけば、ひとまず安心の

林間学校の持ち物一覧(女子編)をご紹介します。

 

スポンサードリンク

林間学校の必須アイテム(女子編)

林間学校ではどんな持ち物が必要なのでしょうか?

実際にお母さんやお父さんが子供の頃に林間学校に行った時から、

数十年の月日が流れていますよね。

おそらく、出発前に学校からも資料などがもらえるはずですが、

まずは、基本的に林間学校にいく際に、

子供にもたせるべき、必須アイテムからご紹介しましょう。

・タオル(バスタオル・フェイスタオル・ハンドタオルなど)

・野外授業があれば軍手

・着替え(長袖・半袖数枚ずつ)

・パジャマ

・靴下

・下着

・上着(ウィンドブレーカーや季節によってはパーカーなど)

・歯ブラシなどの洗面用具

・レインコート

・移動用のバッグ

・虫除けスプレー、薬

・その他学校から指定があったもの

以上が基本的に必要な持ち物です。

林間学校の時期や、行き先にもよりますが、

山の場合は気温が読めないことが多いです。

その為、暑かった時や逆に寒すぎる時に

対応ができるよう、長袖も半袖ももたせた方が良いでしょう。

また、長袖の良いところは、

虫に刺されることも予防ができること。

私の実体験ですが、林間学校の際に、草むらを歩いていて、

よく分からない虫に刺された結果、

翌朝、パンパンに腫れ上がっていたという経験があります。

普段の生活ではなかなか無い経験だったので、

とても驚いたという記憶があります。

そうならない為にも、長袖を準備しておいた方が良いでしょう。

また、万が一虫などに刺されてしまった際に、

虫刺され以外でもそうなのですが、

普段使っている薬も少量もたせておいた方が安心です。

 

スポンサードリンク

林間学校を楽しむための便利グッズ!

林間学校が、親元や家族を離れて子供がひとりで泊まる、

初めての経験だったりなんて子供は多いです。

そんな普段とは違う環境でも、楽しんですごせるようにするための、

便利グッズをご紹介します。

例えば、初めてひとりでのお泊まりの場合は、

親元を離れて過ごすということは、

大好きな友達と一緒でも不安が生まれます。

そこで、持ち物の何かに好きなキャラクターや

子供が好きな色で持ち物を揃えることで、

安心感が生まれます。

また、特に女の子は、友達に憧れられるものを持っていたりすると、

それだけで話が弾んだりするので、

話題作りも兼ねて、子供が好きなものを何か用意すると良いでしょう。

 女子ならではの林間学校グッズ!

女子ならではの林間学校グッズをご紹介します。

それは、移動用にトートバッグを持っていくことです。

林間学校に持っていく持ち物全部を入れる大きなバッグの他に、

お風呂道具を入れたり、夜のミーティング時などのちょっとした移動時に、

荷物を入れて使用できるトートバッグはおすすめです。

女の子であれば、特に気をつけたいのは、お風呂への移動時です。

下着などが丸見え状態持って歩くのは、子供でも恥ずかしいはずです。

そしてもう一つが、ドライヤーです。

宿泊する場所にもよりますが、

電気がある場所であれば使用できます。

特に女の子は髪の長い子が多いですよね。

意外とドライヤーってある場所と無い施設があります。

事前に確認ができれば良いのですが、できない場合もあります。

そんな時のために自宅から持って行ったドライヤーがあると、

しっかり髪も乾かすことができるのでおすすめです。

髪をかわかさずに寝て、風邪をひいてしまった!なんてことも防げるでしょう。

ドライヤーともう一つ女子ならではのグッズは、クシです。

最近の女の子って、子供の頃から本当に美意識が高いというか、

ちょっとませているというか…おしゃれな子が多いですよね。

そんなおしゃれな女の子におすすめなのがクシです。

寝癖をとかしたり、自分で髪を結べるような女の子には、

必須アイテムともいえるでしょう。

この女子ならではのアイテムは、

実際に持って行ってよかったよ!という子供の声もありますので、

バッグの中に忍ばせておくのも良いでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

林間学校が近づいてくると、子供はとても喜びますよね。

その反面、お母さんは少し心配なんてこともありますが。

実際に林間学校の持ち物と、必須アイテムをご紹介させていただきました。

学校によっては、禁止されている持ち物などもあるはずです。

事前に持ち物などをよく確認をして、準備の時間から、

子供と一緒に林間学校というイベントを楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク