スポンサードリンク

ママ友がいない人にはある共通点がある?!保育園での付き合い方を伝授!

4月は、進学や就職など身の回りの環境が大きく変わる時期です。

親にとっては、子どもの入園という一大イベントの時期だったりしますよね。

自分の子供がうまく環境になじめるかどうか不安にもなるでしょう。

そんな不安とともに1か月ほど経った頃、お母さんたちにはもう1つの悩みが生まれます。

ママ友ができないという悩みです。

子どもたちの人間関係もさることながら、

ママ友関係も、お母さんにとっては大きな1つの課題ですよね。

ママ友の作り方に悩んでる方に、

今回は保育園での上手なママ友の付き合い方をお教えします!

スポンサードリンク

ママ友がいない人の共通点は?

新しい保育園でママ友が作れないという方には、実は共通点があるんです。

無意識に緊張しすぎてしまっている

人見知りで、知らない人と話すことに緊張してしまうお母さんも多いと思います。

そういう方は、実は自分で思っている以上に顔がこわばってしまっている可能性があります。

険しい顔をしていると、なかなか周りのお母さんも話しかけにくいですよね。

周りのお母さんに話しかけてもらえないと悩んでいる方は、自分の顔がこわばってしまっていないか一度確認してみるとよいでしょう。

少し表情を意識しただけで印象は大きく変わります。

柔らかい雰囲気を意識して、話しかけやすい雰囲気を心がけてみましょう。

過去に自分が経験してきた上下関係を意識しすぎている

学生時代などの先輩後輩関係が根強く残っているという人は多くいると思います。

そういう人は、お母さんになっても、周りの人との上下関係や年齢を意識してしまいがちです。

そのため、ママ友という関係を気軽に作れないのです。

周りのお母さん同士はフランクな付き合い方をしているかもしれません。

そんな中で、自分だけ上下関係を意識しすぎて、固い敬語を使ってしまったりしていませんか?

そうすると、周りからは壁を作っているように感じられてしまいます。

なかなかママ友が作れない原因はそこにあるかもしれません。。

ママ友を作ろうと必死になりすぎている

こちらは、今までとは逆のパターンです。

ママ友を作ろうと意気込むのはよいですが、あまりにも必死になりすぎていませんか?

悪気はなくても、あまりにもがつがつと近寄ってこられると、

相手はどうしても一歩引いてしまいます。

積極的に話しかけているのにママ友がいない、そんな方もいるのではないでしょうか。

そんな方は、少し距離感を意識して、

相手の表情をしっかり見れるように心がけてみるとよいでしょう。

スポンサードリンク

どうやってママ友の輪を広げれば良いのか!?

ママ友はできてきたけど、どうやって広げていったらいいかわからない。

そんな悩みをお持ちの方に、ママ友の輪を広げるコツをご紹介します。

おすすめなのは、ハンドメイドのグッズに力を入れてみることです。

保育園では、子どもが使うお道具袋などを手作りするよう言われるところも多くあります。

最近では、裁縫が苦手な方でも簡単におしゃれなハンドメイドの保育園グッズが作れます。

生地など作りたいものに必要な材料がセットになって売られているものが

多く販売されているためです。

セットであれば、あとは説明書通りに縫っていくだけで完成してしまいます。

さらに一工夫などをしてみると、周りのお母さんが注目してくれます。

そこから会話が広がるなんてことも多くあるんですね。

保育園グッズの手作りは、園から要望され、やらなければいけない場合も多いです。

そのついでにママ友の輪を広げられるのであればうれしいですよね。

スポンサードリンク

保育園のママ友とはどの程度まで深入りすべきか?

ママ友ができると、また新しい課題が生まれてしまいます。

ママ友同士の距離感についての悩みです。

仲良くしたいけれど、どれくらいの距離感を保つべきなのかわからない。

そんなお母さん方も多いと思います。

結論になりますが、ママ友同士は深入りしすぎない距離感をおすすめします。

たとえば、年収や職業については非常にデリケートな部分です。

仮に、自分は聞かれてもいいと思っていても、相手は聞かれたくない内容かもしれません。

無理に聞き出そうとしてしまうと、相手に嫌な印象を与えかねません。

お金や仕事のことなど、プライベートな部分に関してはむやみに

深入りしないようにした方がよいでしょう。

もう1つ注意すべきなのが、他人の悪口についての話題です。

ママ友が誰かの悪口を言っていても、それに対して突っ込みすぎてしまうのは危険です。

その場にいたほかのママ友から、悪口に加担するという悪い印象を持たれかねないからです。

いくら仲のいいママ友が誰かの悪口を言っていても、

程よい距離感を持ってうまく聞き流すことが一番おすすめです。

まとめ

ママ友というと、ドラマなどで怖いイメージを植え付けられている方も多いかもしれません。

しかし、程よい距離感でうまく付き合うことができれば、

共通の話題で盛り上がったり楽しい関係が作れるはずです。

外でばったり会った時にも、気兼ねなく立ち話ができるママ友がいるとうれしいですよね。

しかし、手作りのグッズなどでお母さんたちの注目の的になったはいいものの、

作ってほしいとせがまれてそこからトラブルに発展するケースもあります。

あくまで程よい距離感を意識してママ友を作ることがいいかもしれませんね。

スポンサードリンク