スポンサードリンク

寝不足の方必見!知らなきゃ損するこんな食べ物も飲み物で超回復!!

睡眠不足を解消するには、疲れを取ることももちろん大切ですが

根本的な原因を改善することが大切ですよ。

睡眠不足による疲労を解消するのではなく、

効果的に睡眠をとることが出来るようになる体になる必要があります。

ようするに、睡眠の質を上げるのです。

睡眠の質をあげることは生活習慣を見直す必要がありますね。

生活習慣の見直しにおいてまずすべきなのは、食生活の改善。

睡眠の質を上げるために積極的に摂取したい食べ物とは、

・眠りを促す効果のある食物

・神経を鎮めてくれる効果のある食物

ズバリこのふたつ。

これらは睡眠の質を上げるだけでなく、代謝を上げ体内の循環を活発にします。

よって、寝不足による疲労の回復も十分に見込めるということなのです。

今回は、睡眠不足を解消すべく積極的に摂取したい食べ物のおはなし。

ひいては、あなたの健康にも影響するような大切なおはなしなので、

この機会にあなた自身の生活習慣を振り返りながら読んでみてくださいね。

スポンサードリンク

寝不足に効果的な食べ物3選!要チェック!

睡眠の質を上げて睡眠不足を解消するために

積極的に摂取したい食べ物とは、以下の3つ。

・カルシウムが多く含まれる食物

・ビタミンB1が多く含まれる食物

・バーブティー

これらの食べ物は、冒頭でもお伝えしたとおり眠りを促し、

高ぶった神経を鎮めてくれる効果があるのです。

ひとつずつ具体的な食べ物をご紹介していきますね。

カルシウムが多く含まれる食物

乳製品、小魚、干しエビ

ビタミンB1が多く含まれる食物

豚肉、昆布、うなぎ、大豆

バーブティー

ラベンダーティー、カモミールティー、ローズヒップティー

食材で摂取するのはなかなか大変…という方は、

市販のサプリメントを導入することもおススメです。

個人的に思うのは、

「食材+サプリメント」という方法がもっとも効率の良い改善方法です。

スポンサードリンク

寝不足は食べ物で回復出来るのか?その効果を検証!

それでは実際に、前の項でご紹介した食べ物を

摂取するとどのような効果があるのか?

カルシウムが多く含まれる食物【乳製品、小魚、干しエビ】

カルシウムには、高ぶった神経を鎮めてくれる効果があります。

昔からよく、イライラしている人に

「カルシウムが足りないんじゃない?」と聞くことがありますよね。

アレにはこのような意味合いが含まれていたのです。

オススメの摂取方法は、牛乳や豆乳

をホットミルクにして飲むという方法。

身体を芯から温める効果もあり、より効率よく眠りへいざないます。

ビタミンB1が多く含まれる食物【豚肉、昆布、うなぎ、大豆】

ビタミンB1には疲労回復効果があり、さらには精神を安定させる効果もあります。

またとくに豚肉やうなぎには滋養強壮の効果もありますので、

目覚めも良くなり身体へかかる過度な負担も軽減させることができるのです。

そして睡眠には意外と多くの体力を要します。

寝起きなのにドッと疲れてしまっている…という事態も改善されますよ。

バーブティー【ラベンダーティー、カモミールティー、ローズヒップティー】

バーブティーにも神経を鎮めて精神を安定させる効果があります。

とくにラベンダーの香りはリラックス効果が絶大で、質の良い睡眠にはとても効果的です。

またノンカフェインというもの魅力のひとつ。

牛乳や豆乳のように、やはり身体を温めるためにホットで飲むのがおススメですよ。

スポンサードリンク

食べ物はどのタイミングで摂ると最も効果的か?

良質な睡眠を促す食べ物を摂取するのに適した時間帯は、昼間がベストです。

つまり、朝食と昼食のときにしっかりと摂取することが大切なのですよ。

なぜなら、どれだけ睡眠不足に効果がある食べ物を積極的に摂取しても、

すぐには効果を発揮しないため。

睡眠にはメラトニンというホルモンの分泌が不可欠なのは有名なおはなし。

このメラトニンが夜の時間帯に効率よく分泌するために

昼間のうちからコンディションを整えておくというわけです。

睡眠は夜にとるものだから夕食時に、というわけではないのです。

むしろ夜の時間帯に過剰に摂取してしまうと、

完全に消化するまえに睡眠をとることになりかえって逆効果。

質の良い睡眠にはならないのです。

しかし逆に、ラベンダーやカモミールティー、

ホットミルクなどのいわゆる温かい飲み物は、

睡眠の1時間前くらいに飲むと眠気を誘発しやすくなります。

とくにハーブティーであるラベンダーティーとカモミールティーは、

その香りにも絶大なリラックス効果があるため

睡眠をとる少し前に飲むのがとてもおススメです。

これらのバーブティーはカフェインをふくまないため、睡眠の妨げにはなりません。

まとめると、食べるものは朝食と昼食時、

飲むものは睡眠前に摂取するのが効果的ということですね。

スポンサードリンク

まとめ

寝不足を解消するために大切なことは、良質な睡眠をとれる身体づくり。

ひと昔前までは、「休日に寝貯め」などというバカげた誤報がありましたが、

睡眠は闇雲に取ればよいというものではないということです。

ここまでお読みいただければもうお分かりかと思いますが、

良質な睡眠をとるための身体づくりとは、

ようするに体質や生活習慣の改善につながります。

寝不足を根本から改善することで、

ひいては健康体な身体をつくることにもつながるのです。

今まさに寝不足に悩んでいるそこのあなた、

いまこそ体質改善の絶好のチャンスですよ。

スポンサードリンク