スポンサードリンク

二日酔いや予防に効果的な食べ物飲み物をコンビニで探そう!社会人編

新入生歓迎会や送別会、忘年会に新年会。

社会人になると、避けることができない飲み会がたくさん出てきます。

あまりお酒が強くなくても、

上司に進められたら断るわけにもいきません。

明日も仕事があるのに・・・明日は大切なデートなのに・・・。

二日酔いになるのは困ると、頭を抱えている人も多いでしょう。

今やコンビニで簡単に、二日酔いに効果がある

食べ物や飲み物が手に入る時代になりました。

飲み会を夜に控えている朝、会社へ行く前にコンビニへ寄って、

先に手を打っておきませんか?

今回はコンビニで手に入れることができる

二日酔いに効く食べ物や飲み物をご紹介いたします!

スポンサードリンク

二日酔いの程度別効果のある食べ物飲み物一覧

二日酔いの症状とそれぞれに効果があると言われている

食べ物や飲み物を見ていきましょう。

頭痛・食欲不振

コーヒー・スープ・牛乳

アルコールに含まれるアデノシンという成分が血管を拡張し、

頭痛を起こします。

カフェインは血管を収縮させる作用があります。

またアルコールの刺激により、胃酸過多になっているためスープも効果的です。

頭痛・だるさ・吐き気

はちみつ

アルコールを分解する肝臓の働きを助けるはちみつがいいでしょう。

スプーン1杯、なめるだけでも効果があります。

脱水による頭痛、吐き気など

スポーツドリンク・お茶

ナトリウムやカリウムは、アルコールを飲むことによる

過度な排尿により失われています。

これらにより脱水症状を引き起こし、頭痛やだるさの原因となっているのです。

ナトリウムやカリウムを素早く補給できるのは、飲料がベストです。

低血糖が原因の頭痛、筋肉痛など

柿・果物・果汁100%ジュース

アルコール分解で肝臓が使われている間、

肝臓に貯められていた糖分を供給することができなくなります。

そのため低血糖になり、それが原因で頭痛や筋肉痛を起こしてしまいます。

糖分を素早く補えるのは果糖です。

100%グレープフルーツジュースやオレンジやレモンを絞ったジュースがよいでしょう。

スポンサードリンク

二日酔いに効く食べ物コンビニにも売っているものが意外な効果を発揮

二日酔いに効く食べ物をコンビニで探そうと思えば、いくらでもあるんです。

お味噌汁や柿はもう定番の食べ物ですが、

意外なものも二日酔いに効果があります。

例えばラムネ。

二日酔いにお菓子?と思われるかもしれませんがラムネの主な原料はブドウ糖です。

ブドウ糖は、脳や肝臓が働く際に、たくさん必要になります。

ブドウ糖を摂取すれば、それだけ回復が早くなるというわけです。

また、アロエヨーグルトも効果があります。

アロエの主成分のアロエチンは解毒作用があるので、

肝臓の解毒作用を活性化させます。

肝機能の回復を助け、二日酔いを改善するのにとても効果があるのです。

あと、温泉卵もいいですよ。ゆで卵ではダメなんです。

ゆで卵は消化をするのにとても長い時間が掛かります。

これでは二日酔いの胃腸に、さらに負担が掛かってしまいます。

温泉卵のように固まっていない卵だと、消化時間は約半分ほどで済みます。

卵にもアロエと同じく解毒効果があるので、

二日酔いを改善する食べ物としては、大変お手軽で便利なものになります。

スポンサードリンク

二日酔いにはコンビニで売っている「あれ」を摂ろう

二日酔いに効くものと言えば、今やどのコンビニでも見かけるウコンです。

二日酔いに効くと少し前に話題になり、

今ではどこのコンビニに行っても必ず見かけます。

ウコンには二日酔いに効く、クルクミンという成分が含まれています。

このクルクミンは肝臓機能を強め、胆汁の分泌を促し、胃の健康を保つ効果があります。

抗酸化作用もあるので、免疫機能を高めることにも効果があります。

肝臓の機能が高まると、アルコール分解力も強化され、

二日酔い改善に繋がるということです。

また、この抗酸化作用には、美肌を保つ効果も期待さてれいます。

老化の原因を引き起こす活性酸素を抗酸化作用で抑える力があるため、

その効果も期待されているのです。女性には嬉しいおまけですね。

スポンサードリンク

まとめ

二日酔いに効く食べ物や飲み物は、簡単にコンビニで手に入る時代になりました。

でもいつでも手に入るからといって、飲みすぎるのはいいことではありません。

ただ、会社のお付き合いやどうしても断れない飲み会など、

仕方がない場合もあります。

明日は二日酔いになるだろうな・・・と思った時は、

会社へ行く前にコンビニに寄って、二日酔いに効く食べ物や飲み物を

先に手に入れておきましょう。

今回は、二日酔いになってからのお話をお伝えしました。

できることなら上手く上司や先輩のお酌を交わし、

飲み会を穏やかに終わらせたいものです。

なるべくなら二日酔いにならないようなアルコールの飲み方を心掛けましょう。

スポンサードリンク