スポンサードリンク

子育てと仕事の両立ができないママ必見! 両立するための技3選

今のご時世、子どもがいても共働きが当たり前な

世の中になってきていますね。

女性も男性同様にフルタイムで働く人が増えて

きています。

私のまわりでも産休・育休を取ってまた仕事復帰を

しているママがたくさんいます。

ただでさえ、育児も家事も大変なのにそれに加えて

仕事まで…本当に尊敬してしまいます。

ただ、両立と言っても簡単にできるものではない

ですよね。

育児なんて教科書通りにいくものではないし、

予想外なことだらけなのが育児なので

仕事と両立するのは至難の技です。

両立するのに悩んでるママさんは多いと思うので、

今回はそんな働くママさんのため!

うまく両立する方法についてまとめてみました。

両立がうまくできるようにするためにも、

ぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサードリンク

子育てと仕事の両立にはスケジュール管理が大切!

私自身、育児をしている中である程度スケジュールを

決めていないとなかなか家事が進まなかったりします。

自分のことをできなかったりするので、

午前中にはある程度の家事を終わらせられるように、

タイムスケジュールを組んで日々の育児をこなしています。

常に家にいるのであれば、ひとつできなかったとしても

明日に持ち越しすることができますが、

仕事をしているとそうもいきません。

いつ何をするのかを決めておかないと、

後回しになってしまい結局出来ずじまいになってしまいます。

仕事がある場合は、家にいる時間が限られます。

なので、まずは何を最低限すればいいのか・どの時間帯に行うのか

をメモをしてスケジュールを組んでいくといいでしょう。

例えば、仕事行く前の時間に

・お風呂を洗っておく

・洗濯を干す

・仕事から帰ってから洗濯を畳む

・明日の準備など

としておくと最低限のことはやれるので、

次の日に持ち越すこともなく

育児や家事をすることができます。

ただ、全部をスケジュールに組んでしまうと、

イレギュラーなことがあった場合に

できなくなってしまうので、

あくまで最低限することだけを

スケジュールに入れてください。

限られた時間の中で育児をすることは大変ですが、

限られた時間だからこそ

スケジュール管理することをおすすめします!

スポンサードリンク

子育てに手が回らないときはしっかり遠慮せず手伝ってもらう

予想だにしないことが起こるのが育児。

日によっては、そんなことばかりが

起こる日もあるくらい育児は大変です。

ましてや、仕事をしながらだと全部ひとりで

こなすなんて負担が大きいですし大変です。

仕事は自分で選んだことだから、

育児と仕事もひとりでこなさなきゃと

頑張るママさんも中にはいるはずです。

育児だけでも大変なのに仕事までしてるんだから、

十分ママさんは頑張ってますよ!

だから、遠慮せずにまわりに手伝ってもらっていいんです。

そこで頑張りすぎてしまったら、ママさんの身体が持ちません。

母親は強いと言いますが、強いと言ったって限界はあります。

手が回らないときは、誰かに頼っていいんですよ。

旦那さんでもいいですし、実家に頼るのでもいいんです。

育児は体力仕事でもあるので、

全部ひとりでやるなんて大変です。

場合によって旦那さんが育児は母親の仕事

と言う人もいると思いますが、

その時はしっかり相手に伝えましょう。

頑張りすぎず、ほどほどにやって手が回らないなら

素直にまわりに甘えてみましょう!

スポンサードリンク

子育てのサービスを積極的に活用

働くママさんのために子育てサービスがあるのはご存知ですか?

働くママさんが増えたからこそ、

子育てサービスも充実してきています。

例えば、ベビーシッター

少し見てもらいたい時などにおすすめです。

急な仕事が入ってしまったり、手が回らない時に

1時間だけでも利用するだけでママさんの負担も違いますよね。

1時間毎に料金がかかるシステムなので、利用してみてくださいね。

ベビーシッターに限らず、家事代行も便利です。

仕事もあって子どもも見なきゃいけない・・・

家事がなかなか進まず悩んでるママさんも

多いのではないでしょうか?

そんな時は、家事代行サービスを利用してみましょう!

ごはんを作ってもらうだけでも、家事がだいぶ楽になりますよね。

住んでる地域でも子育てサービスがあったりするので、

ホームページでチェックしてみてもいいでしょう。

ぜひ、積極的に利用してみてくださいね!

スポンサードリンク

まとめ

仕事もやって育児もやって全て完璧にやるなんて

すごい労力を使います。

仮に完璧にやったとしても、いつか身体が

悲鳴をあげてしまいます。

時にはまわりに頼って、公共のサービスも利用してみてください。

これは手を抜くのではなく、より両立をしやすくするために

必要なことなんです。

スケジュール管理も重要ですね!

仕事も育児を楽しむために、時に甘えてみましょう!

スポンサードリンク