スポンサードリンク

子育てのストレス発散は食べること!過食と上手に付き合う方法

子育て中っていろいろなことがストレスになったりしませんか?

子どもがまだ保育園や幼稚園に行ってないとなると、

日中のお世話は当然ママですよね。

ずっといると知らず知らずでストレスがたまっていったりすんですよ。

それを少しでも軽減しよう!と、

気分転換にお菓子をパクリ。

寝てるときや機嫌がいいときじゃないと食べれないから、

またしてもパクリ。

気付けばストレス発散法が過食になってたりしているママさんもいるのでは?

私は、実際に過食しちゃっています。

夜中の夜泣きで起きるストレス、

ぐずりちゃんDayでかまってちゃんのとき、

いろんな疲労をお菓子で発散しちゃってます。

いけないとは思いつつ手が伸びる…

体重もそこまで増えてるわけじゃないからいっかと思って

食べちゃうんですよね。

子どもが生まれる前は、夜の炭水化物を控えたりしてたのに

生まれてからはガッツリめなごはん…

子育てのストレス威力おそるべしです。

私と同じようなママさんきっと多いはず。

今回はそんな過食についてまとめてみました!

ぜひ、参考にしてください!

スポンサードリンク

食べることでストレスが軽減されるなら我慢しないでという意見がある

食べたいときって食べたいし、それを止めるなんて無理ですよね。

そういうときは食べちゃいましょう!

それで少しはストレスが軽減するのなら、尚更食べていいと思います。

私自身、このままじゃいけないと思って過食をやめようとしました。

ですが、残ったのは食べれないストレス。

子育てのストレスにプラスして食べれないストレスが増えました。

そうしたら、イライラしたくなくてもイライラしてきたり、

余計に疲れを感じたりとするようになりました。

そのときに我慢はよくないんだなぁと実感。

どうしても我慢できないときは食べちゃいましょう!

子育てって体力も使うし神経も使うもの。

それにプラス@で家事までついてくる。

こんだけこなしてるんです。

我慢してストレスがたまって結果どか食いするより、

食べちゃえ!の方が気持ちも楽ですよ!

我慢は禁物!食べたいときに食べましょう!

スポンサードリンク

子どもが寝た後のカップ麺がものすごくおいしく感じた理由

子どもが寝た後のカップ麺って一段とおいしく感じることってありません?

ズバリそれは疲労度が関係してるでしょう。

よく疲れて帰ってきたときに食べるものって

いつも以上においしく感じますよね?

疲れてるからこそ、体が食べ物からエネルギーを摂ろうとしているので

おいしく感じるのではないかと自分自身感じています。

子育てって本当に体力勝負!

常に動き回ってるし、目が離せないし全部の神経を育児って使うんですよね。

子どもが寝たあとはホッとひと息つきたい。

思わず、ハァ〜とため息出ちゃいますよね。

そのあとに食べるカップ麺はご褒美に近い!

よし、育児頑張ったぞ〜!って思いながら食べると、

たかがカップ麺だとしてもすごく美味しく感じるんですよ。

カップ麺がラーメン屋さんの味に変わるくらい美味しく感じるんです。

疲れってある意味すごい…

至福のひとときを子どもが寝たあとに感じることができるのは

ママさんだからの特権なんです。

ぜひ、寝たあとにカップ麺食べてみてください!

スポンサードリンク

注意したいことは食べたあとに罪悪感を持ってしまうこと

普段より美味しく感じるカップ麺、その理由わかりましたよね?

ホッとひと息つきながらのカップ麺の味は普段食べるより格別!

でも、食べたあとついつい罪悪感が…

なんてママさんもいるのでは?

罪悪感はポイっと捨てちゃいましょう!

うわ、食べちゃった。って思っちゃいますよね?

でも、育児は体力勝負!

唯一自分の時間として使えるのが、子どもが寝たあとです。

その時間に好きなものを食べるのもストレス発散としてはいいことです。

そこで、罪悪感感じながら食べたら

美味しいものも美味しく感じなくなっちゃう…

それに、罪悪感が余計にストレスに感じちゃいますよ。

ホッとひと息つけるときこそ、自分へのご褒美にいいじゃないですか!

私も罪悪感感じず食べちゃってますよ!

その方がスッキリしますし、ブレイクタイムにちょうどいいんです。

できる限り罪悪感を感じないように食べてみてくださいね!

スポンサードリンク

まとめ

子育てからくる過食、ママさんには多い悩みのはず。

でも、食べたいときに好きなものを食べてもいいんじゃないですか?

子どもの面倒をみて、自分の食べる時間を割いて子どもにご飯あげて…

ママさんは犠牲にするものが多いんです。

だからこそ、ストレスも溜まる。

ストレス発散のはけ口が食べることであってもいいんじゃないですかね。

落ち着いて食べることができるのは、子どもが寝たあとばっかり。

だからこそ、ブレイクタイムを満喫しちゃいましょうよ!

ママさんにはホッとひと息つくことも大切です。

無理に制限せず、食べたいときに食べるのも

ストレス溜めないことにいいこと。

気にせずに食べちゃいましょう!

罪悪感なんて感じる必要なし!

食べるときは食べてみてください!

気持ち吹っ切っちゃった方が、ストレスも溜まりにくくなりますよ!

スポンサードリンク