スポンサードリンク

雨の日には洗車!ふき取りいらずでいつもより楽に愛車がピカピカに!

みなさん、洗車をするのは晴れている日にするのが、

当たり前だと思っていませんか?

洗車をしたいときに限って雨が降っている。

ということありますよね。

実は、洗車は晴れの日だけにしなきゃいけない限らないのですよ。

「いやいや、洗車をしても雨が降っていたら汚れるでしょ」

と思いますよね。

そう思ったあなた!

実は、晴れの日より、雨の日の洗車のほうが簡単にできるのですよ!

手間と時間を省きたいときも雨の日の洗車はオススメなのですよ。

今回は、そんな雨の日の洗車がオススメな理由をお伝えいたします。

スポンサードリンク

雨の日に洗車?意外とオススメな雨の日洗車!

晴れの日に洗車をするとワックスやコーティング剤をかけれて洗車後、

きれいにしたボディがコーティングされて汚れにくくなるというメリットがあります。

実際にそうなのですが、晴れの日の炎天下では車が高温になってしまい、

洗うためにかけた水がすぐに乾いてしまい拭き残しがあるとシミになってしまいます。

しかも日光によって塗装面の温度が高くなると、

毛穴のようなミクロ単位の穴が開いてしまうそうです。

そうなると、洗車をしても穴のなかに水や洗剤が入り、ムラやくすみの原因になります。

車も人間みたいですね。

洗車前に雨で汚れが落ちている!晴れの日よりも簡単!

食器洗いと同じ要領で、お皿に水をつけて汚れを浮かせてから洗うと、

汚れも落ちやすくなりますよね。

そのため車も、雨に濡れていたほうが強くこすらなくても簡単に汚れが落ちるのです。

黄砂や花粉シーズンは、雨が降るとボディに付いているホコリと雨粒が混ざって、

固着してしまいます。

雨が降り始めてからしばらくは空気中にあるホコリと雨粒が混じって落ちてきますが、

一時すると空気中のホコリもなくなるので、

そのタイミングで洗車をすれば晴れている日に洗車をするよりも、

汚れが浮いて落ちやすくなるということです。

ただ、濡れているからといってボディを洗う前に水で流さず、

洗い始めるのはやめてください。

もともと汚れが付いている状態でこすってしまうとキズがつく原因になります。

雨で濡れているとはいえ、水をかけながらシャンプー剤などを使って、

最初はボディに付いた汚れを落とすようにしてください。

それと夜に車を走らせていたり、

高速道路などで大量の虫の跡がつくことがありますよね。

跡になるとなかなかとれにくく洗車に苦労することがありますが、

そんな時にも雨の日の洗車のほうが楽なのです。

虫の跡も雨で浮かして落とすと簡単に落ちてくれるということです。

これも食器洗いと同じ理屈ですね。

スポンサードリンク

洗車は雨の日に限る!ふき取りいらずで楽ちん!

晴れの日の洗車では、洗車後は必ずふき取りが必要になってきます。

上記でも説明したとおり水道水に含まれるカルキという成分の拭き残しがあると、

白い跡になります。そのシミのことをカルキシミといいます。

カルキシミは、放置すると消えないシミとなって修復不可能となってしまいます。

そのため、雨の日に洗車をすると雨自体が水道水を洗い流し、

空気中に舞うホコリの数も少ないため、

洗っている最中にゴミやホコリがつく可能性が低くなります。

なので、わざわざ水をふき取る必要がないということです。

晴れの日に拭き残しがあるとシミになるため、

十分に注意して拭き上げないといけないですが、

雨の日だとその手間が省けるため楽になりますよね。

ですが、屋内の駐車場に車を止めているのであれば、

洗車後ふき取りが必要となってきます。

まとめ

雨の日の洗車が実はメリットがあるということをお分かりいただけたでしょうか。

いままで晴れの日にしかできなかった洗車を、

天候に左右されずできるようになると、うれしいですね。

しかも、雨が降っていることで汚れは浮かせて落とすことができて、

拭き上げは不要なのでかなりの手間と時間が省けます。

晴れの日にする洗車のメリットは、ワックスがけまでできますけど、

めんどうな時には雨の日の洗車が向いているでしょうね。

休日だと晴れの日の洗車は、混んでいることも多いので、

この機会にぜひ雨の日に洗車をしてみてはいかがでしょうか。

そうすることで、次の晴れた日には、洗い立てのピカピカした愛車に乗って

気分よくお出かけできるとおもいますよ。

洗車をすることは気持ちのいいことだけではなく、

寿命を延ばすことにも繋がってきますので、

定期的に汚れを落として正しく洗車をすることをオススメします。

スポンサードリンク