スポンサードリンク

子連れ再婚で失敗しない方法3選を伝授!お願いこれだけは守ろうよ!

再婚者が離婚する割合は50%だと言われています。再婚は初婚よりも難しいようですね。

特に子連れ再婚となると、なお難しいものがあります。

子供が相手の方と馴染まなかったり、お互いに子供がいる者同士の結婚だと、

子供同士の仲も気になりますね。

また、互いに自分の子供ばかりを可愛がっているのではないかと、

疑心暗鬼になったりと人間関係もかなり複雑になっています。

そのなかで上手に結婚生活を過ごしていくためには、

どんなことに気をつけなければいけないのでしょうか。

新しいパートナーと幸せな生活を送るための方法を考えていこうと思います。

スポンサードリンク

同じ過ちは起こさない!子連れ再婚で失敗しない方法を伝授!

シングルマザーで頑張ってきた人は、お金に余裕のない人が多いと思います。

そのため、新しくパートナーとなる人が現れた場合、

焦って結婚しようという気持ちが心のどこかに生まれているのではないでしょうか。

結婚で相手の方に少しでもそんな打算が生まれていたら、

その結婚は少し待った方が良いでしょう。

新しいパートナーも子連れの場合はなお複雑ですね。

自分の子と相手の子と、同等に愛せる自信があるのかどうかを、

お互いに確認する必要があります。

相手の子も同じように愛せる自信があったとしても、人間の心は複雑です。

誤解が生まれないように日頃から

新しい家族で心の触れ合いを強くしておく必要がありますね。

再婚で新しいパートナーとの間に子供が生まれた場合に、

連れ子の心のケアも必要です。

夫婦二人で新しい子供にばかり目がいっていると、

連れ子は悲しい思いをするでしょう。

そんなつもりがなくても、赤ちゃんの話をしているだけでも、

連れ子の心は揺れ動いています。

赤ちゃんよりも連れ子の方を抱きしめる回数を増やす方が

大切なのではないでしょうか。

子連れの再婚は、やはり子供優先で行くべきではないでしょうか。

連れ子がさみしい思いをしたり、連れ子同士で喧嘩が絶えなかったりすると、

新しい生活は暗礁に乗り上げてしまします。

うまく舵をとりながら幸せな航海を続けて行くには、

子供が鍵となることを忘れないようにすることが大切だと思います。

スポンサードリンク

ためになる子連れ再婚の実体験特集

実際の子連れ結婚の体験談をご紹介します。

まず互いに子供を持つ人同士の再婚の例です。

新しいパートナーの実家にも暖かかく迎え入れてもらい、

シングルマザーの椅子を返上した方のお話です。

パートナーの両親とも仲良くして、パートナーの子供とも

うまくいっていたと思っていました。

事実、パートナーの子供は彼女に甘えてきました。

思い描いていた幸せな生活が始まったと思っていました。

しかし、実の子の様子がだんだんおかしくなってきたのです。

彼女に甘えてこなくなりました。パートナーの連れ子は甘えてくるのに、

変だと思っていたところへ重い事実が判明しました。

夫の連れ子が自分の子をいじめていたのです。

「ママに甘えたらいじめるぞ」と脅されていたので、

実の子が彼女に甘えてこなくなったのでした。

結局この夫婦は離婚しました。

もう一人の方をご紹介します。

息子さんが新しいパートナーの方にとても懐いてくれました。

まるで本当の親子のように仲が良く、育児は大変だけど、

再婚して良かったと思っています。

新しい命が誕生しても息子と分け隔てなく愛してくれると思います。

今は、再婚して良かったと心から思っています。

このお二人の実体験を考えると、やはり連れ子との相性ではないでしょうか。

パートナーのことも大切ですが、それ以上に大切なのは、子供の心のようですね。

スポンサードリンク

これだけは絶対に譲れない条件は?


自分の子が本当に幸せなのかということですね。

ご夫婦仲がいかに良くても、連れてきた子供が不幸せな環境にいれば、

その結婚は失敗ではないでしょうか。

初婚と大きく違うところは、子連れ再婚は子供の存在を抜きにしては

考えられないということですね。

子供の幸せを第一に考える・・・。これは絶対に譲れない条件なのです。

また、パートナーの方に子供がいる場合も、

自分の子と分け隔てなく愛さなければいけません。

お互いに相手の連れ子を自分の子と同じように愛することも

決して譲ってはいけない条件なのでしょうね。

スポンサードリンク

まとめ

子連れ再婚では、まず第一に子供のことを考えることでしょう。

初婚とは違うのですから、ただ好きという感情だけで結婚すると失敗します。

再婚者の離婚の割合が高いのもその辺のところが原因だと思われます。

また、シングルマザーに多いことですが、

結婚すれば生活が楽になるという打算で再婚しても良い結果は生まれないでしょう。

少しでもそんな打算が顔を出したら、その結婚は少し待った方が良いですね。

本当に結婚して悔いがないかを確認する冷静さが欲しいところです。

相手にも子供がいる場合や、新しい夫婦に子供が誕生した場合は、

その子どもたちを同じように愛せる自信があるのかを

自分自身に問わなけれなければいけません。

子供同士も仲良くなれるように人一倍の努力が必要です。

再婚者の離婚率が高いのもそうした子供の問題が解決しないせいなのです。

再び離婚の危機に陥らないためにも、子供本位に考えるべきですね。

スポンサードリンク