スポンサードリンク

タケノコのめんどくさいアク抜きは簡単!お米のとぎ汁で手軽に処理

春の味覚であるタケノコのあく抜きって本当にめんどくさい!

と思っている方も多いはず。

面倒だから、あく抜きのすんでいる水煮の

パックになっているものを選んじゃおう!

ということありますよね。

でも、水煮のものだとなんだか物足りないような気もします。

だからと言って、自分であく抜きするのはちょっと…

とお思いのあなたに朗報です!

あのめんどくさいあく抜きがなんと、

お米のとぎ汁で簡単にすることができちゃいます!

今回はタケノコの簡単なあく抜きの方法をご紹介していきます!

スポンサードリンク

意外と大変なタケノコのあく抜き

タケノコは春先に出回り始めるようになりますよね。

スーパーで見かけたり、ご近所さんからいただいたりすると

なんだか「春が来たなあ」という気持ちになりますよね。

炊き込みご飯に入れてみたり、煮物にしてみたり、お吸い物に入れてみたり、

といろいろな食べ方で楽しむことができますよね。

でも、このタケノコ、掘り出してから時間がたってくると、

あくが強くなってきてしまいます。

あく抜きをせずに調理してしまうと、

せっかくできた料理もあくのせいでおいしさが半減してしまいます。

そうならないためにあく抜きをする必要があるのですが、

このあく抜きがやっかいです。

あく抜きをするには、大きなお鍋に、皮がついたままのタケノコ、

生ぬか、赤唐辛子と水を入れて一時間ほど煮ます。

生ぬかを使うのがハードルが高いですよね。

なかなか普段使うものではないし、使った後の片づけが大変で、

敬遠してしまう方も多いはず。

もっともっと簡単にできないのでしょうか?

スポンサードリンク

米のとぎ汁にはどんな効果が!

タケノコのあく抜きにはお米のとぎ汁が有効です!

まずは、なぜお米のとぎ汁がいいのか、ご紹介していきます。

お米のとぎ汁や米ぬかにはカルシウムが含まれています。

このカルシウムがタケノコに含まれるえぐみの原因となる物質に働きかけて

えぐみを感じにくくさせてくれます。

また、タケノコの繊維ってとっても硬いのですが、

この繊維をほぐしてくれるという役割も持っています。

ほかにも含まれる、タケノコのあくの物質は

アルカリ性の水で取り除くことができます。

お米のとぎ汁や米ぬかはアルカリ性なので、

あくの成分を取り除くことができます。

そして、お米のとぎ汁や米ぬかにはたけのこの色を白いままにしてくれる

という働きがあります。

お吸い物やお煮物にタケノコを使うときはどうせなら

キレイな色のものを使いたいですよね。

ちなみに、重曹を水に溶かしたものでもタケノコのあく抜きはできますが、

重曹の分量に注意しないといけません。

重曹が多すぎるとタケノコの色が悪くなってしまうこともあります。

ですので、手軽にきれいに!

という場合はお米のとぎ汁を使うことをお勧めします。

スポンサードリンク

とぎ汁を使ったあく抜きのやり方はこちら!

お米のとぎ汁を使ったあく抜きのやり方をご紹介します!

所要時間はおよそ4時間ほどです。

圧力鍋を使うことができるのであれば1時間は短縮できます!

準備するものは

・タケノコ(皮なし)

・タケノコが入る大きさのお鍋

・タケノコが浸るくらいのお米のとぎ汁(多めに準備しておきましょう)

・落し蓋用のアルミホイルまたはクッキングシート

です。

・お鍋にタケノコとお米のとぎ汁をいれて沸騰させます。

・沸騰させると、あくが出てくるので、取り除きます。

・ある程度あくがとれたら、落し蓋をして弱火で1時間ほど煮ます。

・1時間経ったら、火を止め3時間ほどそのままつけておきます。

このとき、ゆで汁が減っていたら足してください。

浸けているあいだもひたひたにしておきますつけおわったら、

汚れなどを洗い流して、完成です!

圧力鍋を使用する場合は、中火で圧力をかけて、

圧力がかかって10分ほどで火を止めます。

そのままゆで汁につけておきます。

つけておく時間は、ゆで汁が手で触れるくらいになるまでです。

スポンサードリンク

まとめ

タケノコのあく抜きをお米のとぎ汁を使って簡単にする方法をご紹介しました。

米ぬかでも同じ効果がありますが、米ぬかだと後片付けがとっても大変です。

重曹でもあく抜きはできますが、変色してしまうこともあります。

せっかくの春の味覚です。見た目にもきれいなものがいいですよね。

準備も後片付けもラクチンで、タケノコの見た目も守ってくれる

お米のとぎ汁でぜひ簡単にあく抜きしてくださいね!

スポンサードリンク